« 被災中に東京へ・・・ | トップページ

平成30年北海道胆振東部地震

2018年9月6日(木)3時7分、北海道胆振地方中東部を震源とした最大震度7の地震が発生。

当然、この時間は就寝中。ちなみにダンナは夜勤で不在だったので、家には私一人。
スマホの緊急地震速報が鳴ったようなんだけど、離れた部屋に置いてあったので聞こえず。
いきなり下から突き上げるような地震に、しかもガッチャンガッチャンとものすごい音にもびっくり!。
揺れが収まりかけた頃、ヨロヨロと居間に行って電気とTVを付けて震度を確認。
今まで経験した事の無い震度だった・・・。
ここまで大きい地震は、北海道にとって初めてじゃ無いかな?。
LINE等でダンナ・実家・義妹に連絡をしてみたら、無事との事でまずは安心。
TVで地震のニュースを見ていたら、3時20分頃に停電。
ラジオを出して、ニュースの続きを聞くと、どうやら広範囲で停電が起きてる模様(この時点で「ブラックアウト状態」になってる事はまだ知らない)。
ガスと水道は問題無く使えた。

とりあえず、断水になった時の事を考え、お風呂に水を溜めておく。
縦揺れだったので、家の中は家具が倒れる事は無く、棚等に置いてる小物が散らばった程度で壊れた物は無かった。
今夏キャンプに行ったんだけど、その時に買った「LEDランタン(単三電池式)」が大活躍。
灯りを照らしながら、散らばった物を片付ける。

その間も小さな余震が頻繁に起こっており、片付けた後は何かあった時にいつでも外に出られるよう身支度をして、ラジオとスマホとLEDランタンを持って、再びベッドに入る。
とは言え、なかなか寝られる物では無い。
空が明るくなるまで、横になりながらラジオやスマホで情報を得ていた。
夜が明けた5時頃、外を見て回るも、信号は付いていない、近くのコンビニも電気は付いていない(営業はしてる)、ウチも含めて周りの建物や道路に異常は見られなかった。
6時10分頃に再度緊急地震速報が鳴り、震度4の余震があった。

私は、2011年の東日本大震災を経験していたので、日頃から最低限の備蓄はしてある。
ミネラルウォーター(箱買い)・お茶類(箱買い)・カップ麺・レトルト食品・ゼリー型栄養補助食品・乾電池、等々。
車はダンナが通勤で職場に置いていたけど、ガソリンもちょうど満タンに入れたばかり(半分まで減ったら満タンにするようにしている)。

乾電池式モバイル充電器もあったはず・・・と探したら、旧式のコネクターの物で、変換アダプターも機種交換の時に捨ててしまったらしく、使えず・・・。
モバイルバッテリーも持っているんだけど、いつまで停電が続くか分からないから充電出来ないし、あまり使いたくは無いので、スマホ本体の設定を節電状態にした。
最小限には抑えていた物の、スマホで情報を得ていたので(徐々に電波も弱くなって通信出来るまでに時間がかかり、バッテリーも消費してしまう)、スマホに少しずつ充電。
モバイルバッテリーは、ノートPCから充電出来る事に気が付き、ノートPCの残量ギリギリまで充電しておいた。
乾電池式充電器が売っていないか、近くのコンビニに行って見るも、店内はものすごい人、店員さんは電卓とメモで対応していた。
店員さんも同じ被災者、なのにこうやって売ってくれてる事に感謝だよね。
地震から数時間経ってるから、店内はほぼ売り切れ、当然乾電池式充電器も無し。

家に戻って、備蓄していた物で朝食を摂る。
水道とガスが使えるだけでもありがたかった。
心配なのは冷蔵庫、停電中なので当然冷えない、なので出来るだけ開けないようにしていたけど、アイスが残っていた事を思い出し、それは食べてしまう事にw。
(電気が復旧した時に確認したら、冷凍の物はほとんど解けず、冷蔵の物もまだ冷えていて大丈夫だった。ちなみに停電時間は18時間程)
洗濯も手で洗える物は洗って外に干す(溜めてしまうと後が大変だし、天気が良い日だったのでね)。

10時、いつもならお店が開店する時刻。
とりあえずお店に歩いて行って見るも、スーパーもドラッグストアもかなりの行列が出来ていた。
開店して売ってくれる、って事だけでも助かるよね。
ウチは備蓄品で何とかなるので、並ばずに帰ってきた。
家に戻ってもする事が無く、居間でゴロゴロしながらラジオを聞いていた。

午後2~3時頃だったかな、ミスター(鈴井貴之さん)のTwitterより「電気が付いた」とのつぶやきが!。
砂川の発電所が復旧し、これから徐々に各地の発電所が復旧する予定、と言うラジオからの情報があり、希望が見えてきた。

そんな中、ネットではデマが出回っていた。これには本当に腹立たしく思う。
「断水になる(各地の水道局にて)」「地鳴りがしているので地震の予兆(自衛隊より)」等。
そう言う事が拡散されての事か、市の防災行政無線から「断水はありません」との放送、市のホームページでも掲載、ラジオでも注意喚起していた。
地鳴りの件は、そもそも自衛隊がそんな情報を流す事は無い、しかも管轄外じゃ無い?、予知出来たのであれば管轄の部署から正式に情報が出るだろうし。
震災が起こる度にデマが出回る、少しでも正確な情報が欲しい時に、これは本当に止めて頂きたいし、むやみやたらに拡散させるのも止めて欲しい。
実際、母の所にも回ってきた。母は他に回す事はしなかったけどね。
信憑性の無い物は拡散しない、自分自身でTVやラジオ、自治体の公式ページ等で、必ず確認して下さいね。

ダンナは仕事上帰って来られないと思っていたけど、6時頃だったかな、帰ってきた。
東日本大震災の経験があるから私は大丈夫、と思ってはいたものの、やっぱり気も張って心細かったんだろうな、ダンナが帰ってきてホッとして涙が出ちゃった。
もうその時点でスマホのバッテリーもかなり減っていたので、ダンナの職場で充電して貰う事になり出かける事に(職場は発動発電機が動いている)。
外はもう陽が落ちてうっすら明るいくらい、信号はほとんど消えている(何故か一部付いていた)。
交差点を渡る時はヒヤヒヤ(警察官は大きな交差点にしかいない)、みんな譲り合って運転していた。
職場で充電中、ダンナは職場のシャワーで汗を流す(夜勤で前夜も浴びていないし)。
ある程度充電された所で、再びヒヤヒヤしながら自宅に戻る。

途中、災害対応型給油所には、長い長い車の列。
周りは電気一つ付いてないので真っ暗、地震の前日に台風第21号の被害もあって木が倒れていたり、電線が下がっていたり。
真っ暗の中で見る空には、いつもは良く見えない星がとても綺麗に輝いていた。
いつか見た光景(2011/3/11)、再び見る事になるとは思わなかったよ・・・。

ようやく家に着いて、食事でも摂ろうかとお湯を沸かして待っている時、9時前だったかな、我が家に電気が付いた!。
でも付いたのは市内でも一部分、ウチは駅に近いため・・・なのか分からないけど、義妹の自宅も駅に近くにあり、同じく電気が付いたと言う事なので、そう言う事なのかなと。
駅から離れている実家も義実家は、電気が復旧したのは翌日の夜だったそう。

電気が付いたと言う事は、ボイラーが使えてシャワーも浴びられる!、また停電したら困ると洗濯もしておいた。
TVで一通りニュースを見たけど、ラジオで被災状況は聞いていたものの、想像以上の光景にびっくりしたのと同時に、知っている土地だけあってすごく切なかった。
電気が付いてホッとしたと言う事もあり、急に眠気が襲ってきたので(早朝3時から寝てなかったし)、この日は早々に休む事に。

翌日も余震は続き、夜までは市内でもまだ電気が復旧していないところも有り、スーパーは買い物客で溢れ一気に棚の商品が無くなる。
これもまたいつか見た光景・・・。
一度経験してると(備蓄品もあるし)、余裕も多少あるので焦る事も無く、少しずつ復旧されていくのを待った。

地震から二日後、私は東京へ行かなければならなくて、数日間北海道を離れた(詳細は前記事)。
その間、大きな余震が無いか、常に確認していた。
東京から帰ってからも、スーパーは品不足が続き、余震も回数はだんだん減りつつも続いている。
本震があった後、同じくらいの規模の余震が起きる事があるんだけど、今回は今現在(9/18午後)まで、大きくても震度4があったくらい。
このままおさまってくれれば良いけど、まだまだ油断は出来ないかな・・・。
地震から10日経った今日、近所のスーパーは品揃えがほぼ戻り、交通機関も徐々に復旧。

厚真・安平・鵡川、札幌の清田区や北広島等の大きな被害を受けている地域は、未だ復旧には至っていない。
少しでも早く落ち着いて生活出来るようになれば良いな。
そして、亡くなられた方には、お悔やみ申し上げます・・・。


北海道は震災の影響が、特に観光面で色々出ているようです・・・。
確かにまだ電力不足が完全に解消されたわけでも無く、未だに続く余震も不安でしょうし、交通機関も全て平常通りになったわけでも無い。
「問題有りません」と言う観光地もあります。
北海道は広大です、北海道全部が震源地ではありません。
今時期は紅葉も始まって、気候もちょうど良いし、観光には最適です。
それでも道外の方は不安もある事でしょう・・・。
道外では被災した地域ばかり報道されていましたし、北海道全部がそうなっていると言う印象が強いと思います(東京へ行った時にそう感じました)。
いつの日か・・・、北海道へ行きたいなと思うようになったら、ぜひ遊びにいらして下さいね。

« 被災中に東京へ・・・ | トップページ

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 被災中に東京へ・・・ | トップページ