« 「B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」 劇場版 | トップページ | オトメイトパーティー2018 レポ »

B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI- in 札幌ドーム セットリスト

B-20180825
B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-

30周年の「Pleasureツアー」、北海道公演が札幌ドームにて開催。
札幌ドームでの公演は、「Pleasure 2013-ENDLESS SUMMER-」以来、5年ぶり。
今回のライブ時間は約2時間半程。
「B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」は現在開催中ですので、ネタバレにご注意下さい。





※ココからネタバレ※




B'z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-
2018/8/22(水) 札幌ドーム セットリスト

オープニング映像(歴代ライブ映像ダイジェスト)
01.ultra soul
02.BLOWIN’

【B'zのLIVE-GYMにようこそ!】

03.ミエナイチカラ~INVISIBLE ONE~
04.裸足の女神
05.Wonderful Opportunity
06.光芒
07.月光
08.恋心(KOI-GOKORO)
09.OH! GIRL
10.イチブトゼンブ
11.ねがい
12.星に願いを 【TAK ソロ】
13.ALONE
14.LOVE PHANTOM → HINOTORI → LOVE PHANTOM
15.Spirit LOOSEツアームービー → Real Thing Shakes
16.juice → NATIVE DANCE・太陽のKomachi Angel → juice
17.BAD COMMUNICATION
18.Pleasure2018-人生の快楽- (←ココで銀テープ)

★アンコール
19.Brotherhood (←後方のサブステージにて)
20.ギリギリchop (←演出エキストラの皆様参戦)
21.RUN

★エンディングSE
ひとりじゃないから -Theme of LIVE-GYM- → いつかまたここで



ここから先は、LIVE-GYMの感想など・・・。

★物販
会場が札幌ドームと言う事で、約5万人の方が観にいらっしゃるし、「グッズだけ購入」という方もいらっしゃると思うので、それ以上の人数になる。
私はグッズ販売開始予定時間よりも2時間ほど遅れて行きましたが、かなりの長蛇の列が出来ていました。
ただB'zでは「バーミリオンカード専用売場」があるのです(バーミリオンカード=B'z PARTY会員限定のクレジットカード)。
私はこのカードを持っているので、混む事を想定してカードを持参し、専用売り場で購入する事に。
その時間に専用売り場で並んでいたのは20人ほどだったので、すぐに買う事が出来ました。

その後は、向かい側にあるガチャガチャへ。
ここ最近のLIVE-GYMでは、グッズよりもガチャガチャの方が出費が多いですw。
どうしても欲しいのが、「会場限定チャーム」。
日付と会場名が刻印されているので記念になるのです。
今回は「会場限定リストバンド」も有り、どっちかで良いからと思っていたら、どっちも当たりました♪。

(ちなみに、500円x12回も回した・・・w)


★座席
今回も運良く「SS席」が取れまして、席はかなりの前方、松本さんのほぼ真ん前♪。
アリーナなのでパイプ椅子で横は狭かったんだけど、前の席との間隔は二人立てる分くらいの間が空いていたので、観ている時も余裕あり。
私の列の半分はお一人様の方が多く、隣は体格の良い男性。
LIVE-GYMが始まってからは大声で叫ぶし、1曲目が「ultra soul」だったので、初っぱなから「ultra soul!ultra soul!」と大声で歌い始めたから「困ったなー」と思ったら、稲葉さんが歌い始めてからは歌わずに聞いてくれていたので、助かった・・・。
以前どこかの会場で、隣にいた男性が全部歌っていて「貴方の歌を聞きに来たわけじゃ無いんですけどっ!」って言いたくなるほどだったのでね・・・。
聞くところは聞く、一緒に歌うところは歌う、そうでありたいし、そうあって欲しいです。



※さらにココからネタバレ、ご注意下さい※


★ステージ演出
ステージはドーム会場だったので、大きなセットが組まれていました(アリーナはどう言うセットだったのかは不明、でもいつものきたえーるよりは大きいと感じた)。
まさに「HINOTORI」、火の鳥をイメージしたセット、ライティングも素晴らしかったし、モニターも過去のLIVE-GYM映像を流していて懐かしく思ったり、同じ曲を今と過去の曲とリンクさせたりしてすごく良かった!。
お二人を目視出来る距離ではあったんだけど、モニターに目が行ってしまって、最初の登場シーンを見逃してしまったw。

今までのLIVE-GYMでの演出が所々で再現されたりも。
「B'zのLIVE-GYMにようこそ!」は紙コップ編。
「恋心(KOI-GOKORO)~OH! GIRL」は彼らの風船(?)の人形が出て来たり。
「恋心(KOI-GOKORO)」の振り付け指導もあり、曲の最後にはサポ面の方々も一緒に踊り、松本さんのぎこちない踊りも見てて微笑ましかったw。
「ALONE」は、稲葉さんがピアノを弾いてびっくり!、今まで弾いてくれた事あったかな?、とにかく感動しました!。
「LOVE PHANTOM」ではあのダイブ!。
「HINOTORI」=火の鳥なので火がポンポン上がって、ステージに近かったからちょっと熱かったw。
「juice」ではjuice缶の風船がいくつも会場内を飛び回っていたんだけど、何故か前方にだけ偏ってしまい、稲葉さんが「juiceの缶を回して下さいねー、そこでクルクル回すのでは無く、あちこちに~」みたいな事を言ってて、なんだか可愛らしかったw。

アンコールの「Brotherhood」は、後方のサブステージから、特に松本さんが北海道での思い出を語ってくれました。
B'zの初めての札幌公演が「道新ホール」だった事、「love me,I love you」「juice」のPVを札幌市内で撮った事、「GOLD」も札幌ドームで撮った事、稲葉さんは新曲のキャンペーンで札幌に訪れた時に初めて飛行機に乗った事、等々。
ドーム(スタジアム)公演前に募集した「演出エキストラ」、アンコールの二曲目の「ギリギリchop」の時にステージの後方でタオル回しながらの参加。
サポートメンバーに近くて、お二人も近くまで行って、参加された方は良い思い出になったでしょうね♪(羨ましい)。
他にもいっぱい有るんだけど・・・、とにかく見応えのあるステージでした!。


★セットリスト
私は先にセットリストを知って予習しておきたいので、ネタバレはOKなんです。
LIVE-GYM前には色んなサイトで情報を見てたんだけど、セットリストに不満を持つ方が多くいらっしゃったのは残念(そもそも全ての人が満足出来る事なんて、この世にはあり得ないから)。
Pleasureツアーは、定番曲や昔の曲を披露される事は、ファンの方だと承知の事だと思うんですけどね。
それでも「あの曲が聴きたい」と言う気持ちも、分からないわけでも無いですけど・・・w。
でも私は、北海道に来てくれるだけで、見に行けるだけでも十分なので、何を歌って頂いても大歓迎です。

今回のセットリストは、私的には大満足です。
「ステージ演出」の所で曲の感想も書いているので、それ以外では・・・。
アンコールの「Brotherhood」は・・・、もう泣けちゃいました。
東日本大震災の後、ミュージックステーションでも歌われた曲で、私自身も当時青森県にいてこの地震に遭い、TVを観てすごく感動したのよね。
歌詞も「こっちだって毎日クタクタになってる」→「誰もが毎日クタクタになってる」と歌詞を変えて歌ってくれて。
このLIVE-GYMでも「誰もが」と歌ってくれて、当時を思い出して涙が溢れてきちゃって・・・。
本当に今回のLIVE-GYMは最高でした!、素敵な時間をありがとうございました♪。



★余談ですが・・・
2001/7/7に行われた「B'z LIVE-GYM 2001 ”ELEVEN”」
このツアーでの北海道公演が、札幌ドームでの音楽イベント初開催(こけら落とし公演)となり、それを記念して札幌ドーム内にある「メモリアルコーナー」に、お二人の手形が展示されています。
手形があるのは知っていたんだけど、この日まで見た事が無く、物販への通り道に置いてくれていたので撮させて貰いました♪。
B-20180825-2


最後に・・・。
30周年おめでとうございます!。益々の活躍をお祈りしております。
次のLIVE-GYMでお目にかかれる事を楽しみに、今日からまたB'zの曲を聴きながら、一日一日を大事に過ごしていきます♪。

« 「B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」 劇場版 | トップページ | オトメイトパーティー2018 レポ »

B’z」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「B'z 30th Year Exhibition “SCENES” 1988-2018」 劇場版 | トップページ | オトメイトパーティー2018 レポ »