« 「うさまるカフェ」に行ってきました! | トップページ | 糖尿病 通院記録(2017年~腎生検前まで) »

初期ですが「糖尿病」でした・・・、通院記録(~2016年まで)

二年前の健康診断の再検査で、「糖尿病」が発覚しました。
「初期とは言え、糖尿病は糖尿病です」と先生に言われてしまい、現在定期検査通院中です。
その健康診断を受ける前の私の経歴・受診状況を書いておきます。

2001年に結婚
2002年夏~2008年春まで埼玉県に居住
2008年春~2015年春まで青森県に居住
2015年春、地元・北海道に戻る

2001年に結婚する前までは、職場の健康診断を受診
2007年に初めて人間ドッグを受ける(自主的に受診)
2010年に40歳になり、この年から毎年健康診断を受けている(40歳以上の被扶養者は、配偶者の職場から健診の案内が届きます)



2015/11/18
地元に戻ってから初めての健康診断を受ける。
結果は二項目で再検査。
「血糖値(113)」と「尿潜血(2+)」で、再検査を受ける事を勧められる。
ちなみに血糖値(空腹時)は「70-109mg/dl」の範囲内、尿潜血は「(-)」、であれば異常は無し。

これまでも血糖値の数値が基準より多少高かった事があったけど、再検査を指示されるほどでは無かった。
尿潜血でも(+)になったのは、今回が初めて。


2015/12/11
再検査の為、循環器科(血糖値)と泌尿器科(尿潜血)へ。
健康診断を受けた病院が市内の総合病院だったので、もし他にも何かあった時に同じ病院だと違う科で対応出来ると言う事も考えて、その病院で再検査を受ける事にした。

検査は、「血液検査」と「尿検査」。
空腹時の血糖値を測るため、検査の日は朝食は抜いていた。
検査結果は、循環器科「血糖値(117)」、泌尿器科「尿潜血(3+)」。
両方とも前より増えてる(汗)。
もう一つ、「HbA1c(ヘモグロビンA1c)」(4.6~6.1%)の数値も大事だと言う事で、そちらの数値も調べた結果、「5.9」だった。
ちなみに、「血糖値」は血液検査をした時点での血糖状態、 「HbA1c」は過去1~2か月の血糖状態の事。

泌尿器科の「尿潜血(+3)」の原因は不明。
血糖値が関係しているのか、膀胱や腎臓等の器官に異常があるのか、この時点では何とも言えないと言う事で、しばらく様子を見る事になった。

血糖値に関してはもう少し詳しく検査をしましょうと、「ブドウ糖負荷試験」を数日後にする事になった。
ブドウ糖負荷試験」とは・・・。
一定量のブドウ糖水を飲み、その後の血糖値がどのように推移するかを診て、糖尿病かどうかの診断をするもの。
詳しくは次にて。


2015/12/15
「ブドウ糖負荷試験」のため、循環器科へ。
最初に空腹時の血糖値を測るため、採血する。
「ブドウ糖水」を一気に飲む(甘いですw)。
30分おきに採血をして、血糖値と血液中のインスリン濃度を測る(30分後・60分後・90分後・120分後の4回)。

結果は、「初期の糖尿病ですが、糖尿病は糖尿病です」と・・・。(´;ω;`)
負荷試験でも一定時間後の血糖値が少し高めと言う事と、空腹時血糖値も標準値を超えているのでね。
ただ、「HbA1c(5.9)」と正常値ではあるので、今すぐ薬等での治療は必要無く、日々の食事の見直し(食事療法)と適度な運動(運動療法)で、定期的に検査しながら様子見となった。
帰り際、栄養士さんから食事療法の指導を受ける・・・。


2015/12/25
最初の再検査から半月後、「血液検査」と「尿検査」を受ける。
循環器科・「血糖値(111)」「HbA1c(5.9)」
泌尿器科・「尿潜血(3+)」

合併症の事も考えて、「尿蛋白」を見ると「(-)」で正常。
あとは眼科で「眼底検査」を一年に一回受診するように指示される。
総合病院の眼科は混んでいるので、市内の眼科クリニックを受診、異常無しでした。
泌尿器科の「尿潜血(3+)」の原因は未だ不明で、今回も様子見となる。

循環器科から「糖尿病連携手帳」が渡される。(T▽T;)がぁぁ~ん!
この手帳を貰ったらイヤでも自覚させられる、初期とは言え自分が糖尿病になるとは思わなかった・・・。
確かに、内地に行っている間は色々ストレスを抱え、それを解消するのに少々過食気味になり、結果的に体重が増えてしまった。
一度増えたらなかなか減らない、我慢すれば余計にストレスが溜まって食べてしまう・・・の悪循環。
運動を始めても、無理をして怪我して休まざるを得なくなったり・・・。
それでもなんとか数値は少しでも減らしていかなきゃ、と決意。
今後は特に異常が無い限り、定期的(三ヶ月おき)に検査を受ける事になった。


2016/3/11
前回の検査から三ヶ月後、「血液検査」と「尿検査」を受ける。
循環器科・「血糖値(115)」「HbA1c(6.1)」「尿蛋白(-)」
泌尿器科・「尿潜血(3+)」

食事療法を少し頑張って体重を落としたんだけど、数値はあまり変わらず・・・。
泌尿器科では、膀胱から直接尿を取る事になり、導尿を受けるも結果は同じ。
原因はやっぱり不明で、今回も様子見となる。


2016/6/10
前回の検査から三ヶ月後、「血液検査」と「尿検査」を受ける。
循環器科・「血糖値(108)」「HbA1c(5.8)」「尿蛋白(+)」
泌尿器科・「尿潜血(3+)」

血糖値がなんとか基準内に治まったものの、今度は「尿蛋白(+)」になってしまった。
腎臓を診て貰った方が良いと、腎臓内科を紹介される。(総合病院はこういう時に都合が良い)
腎臓内科の場合、朝一番の採尿がベストと言う事で、この日は採尿カップと提出容器を渡され、一週間後に検査する事に。
念のため、腎臓のエコー検査も受けたが、異常は無し。

泌尿器科では、膀胱のレントゲンとエコーで検査する事に。
膀胱に尿が溜まっていないと上手く映らないと言う事で、限界まで我慢w。
なんとかぎりぎりでエコー検査を終えて、トイレにダッシュw。
エコーとレントゲンの結果を見ても異常は見られず、今回も様子見となる。


2016/6/16
この日は腎臓内科のみ。
朝一番で採尿したものを持ち込んで検査。
結果、「尿蛋白(+)」、「尿潜血(3+)」

腎臓に関する血液検査をした結果、「慢性糸球体腎炎(IgA腎症)」の疑いがあるとの事。
ただ血圧(も関係あるらしい)が正常値と言う事もあって、しばらく様子見する事になった。
この日からもう一冊の手帳「血圧手帳」が渡され、毎朝測る事に。
次回の三ヶ月後の検査は、循環器科と泌尿器科と腎臓内科の三つになった・・・。


2016/9/23
前回の検査から三ヶ月後、「血液検査」と「尿検査」を受ける。
循環器科・「血糖値(108)」「HbA1c(6.0)」
泌尿器科・「尿潜血(2+)」
腎臓内科・「尿蛋白(-)」、血圧手帳の推移も正常値内

ただ、今度は「LDLコレステロール」(70~139)が、「141」と正常値を超えてしまった。
LDLコレステロールは、よく知られているように「悪玉コレステロール」。
量が増えると動脈硬化が進行し、さらに増えると血管をふさいでしまって血流が流れなくなり、心筋梗塞や脳梗塞が発症する原因となる。
今までは正常値だったんだけど、急に増えたんだよね、たぶん食生活が原因だとは思う。
検査前は夏休みがあってBBQ等食べる機会も多く、それでもなんとか体重は増やさずに現状維持。
ただ「中性脂肪」は基準値内だったので様子見となったが、次回は動脈硬化が出ていないか首の動脈のエコー検査をする事に。

腎臓内科は「尿蛋白(-)」で血圧も安定しているので、今回は様子見。
泌尿器科は「尿潜血(2+)」と減ったものの原因は不明、今回も様子見。


2016/11/30
年に一度の健康診断を受ける。
健康診断の血液検査は、一般的な部分しか検査しないので細かい部分までは分からない。
「血糖値(116)」「HbA1c(6.2)」「尿蛋白(±)」「尿潜血(3+)」と、正常値超え・・・。
「LDLコレステロール(115)」で、前回の検査より下がって正常値に戻っていた。
これらは「再検査」となって通知が来る所だけど、現在通院中と事前に話していたので、これも・これ以外も再検査の通知が来る事は無かった。


2016/12/5
年一回の「眼底検査」を受診するため、市内の眼科クリニックを受診。
異常無しでした。


2016/12/16
前回の検査から三ヶ月後、「血液検査」と「尿検査」を受ける。
循環器科・「血糖値(112)」「HbA1c(6.0)」「LDLコレステロール(125)」
泌尿器科・「尿潜血(3+)」
腎臓内科・「尿蛋白(±)」、血圧手帳の推移は正常値内

血糖値よりもLDLコレステロールが気になるという事で、動脈硬化があるか確認の為、首の動脈のエコー検査をする。
一ヶ所に動脈硬化が見つかった・・・。(´;ω;`)
まだそれほど進んでいるわけでは無いけど、血糖値がなかなか下がらない事も考えて(食事療法を怠っている・・・)、薬が処方される事になった。
処方されたのは「リピトール錠 10mg」、まずは一ヶ月服用してみる事に。
その薬が合うか・副作用が出ないか確認をする為、一ヶ月後診察となる。

泌尿器科は相変わらず原因は不明、今回も様子見。

腎臓内科は「尿蛋白(±)」だったけど、血圧手帳の推移は正常値内で、それ以外の血液検査結果を見ても、「慢性糸球体腎炎(IgA腎症)」かどうかの判断は付かない。
「腎生検」を受ければはっきりするけど、今の状態ではそこまで必要では無さそう・・・。
それに「腎生検」をする場合、一週間ほど入院・麻酔をして針を刺して細胞を採取するので体に負担がかかるため、どうしても必要で無い限りはあまり勧めたくは無い様子だった。
と言う事で、腎臓内科の診察は一旦終了(他の科での検査で数値に異常があった場合、また受診する事になる)。

« 「うさまるカフェ」に行ってきました! | トップページ | 糖尿病 通院記録(2017年~腎生検前まで) »

糖尿病・腎臓病関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「うさまるカフェ」に行ってきました! | トップページ | 糖尿病 通院記録(2017年~腎生検前まで) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ