フォト

kazuyoのページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アクセスカウンター


« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年6月の記事

薄桜鬼 真改 感想 (ネタバレ注意)

B-20150812B-20160421-1
薄桜鬼 真改

「薄桜鬼 真改」は、「薄桜鬼~新選組奇譚~」の本編+随想録+黎明録を合わせ、メインキャラ6人に新規攻略キャラ6人を加えて、全12人との物語になります。
「風ノ章」が前編、「華ノ章」が後編です。

全編終えての感想を少し・・・。
攻略後に書けば良かったんだけど、早々にネタバレしてしまうのも気が引けていたので。
発売されて半月が過ぎたのでそろそろ良いかと。
ただ半月経ったので、もう忘れかけてる部分もあるんだけども・・・w。
なので「少し」です。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ




※ご注意※ ネタバレあり!




★メインキャラについて
本編をPLAYしていたので、メインキャラの攻略は問題無くクリア。
加筆されてはいたけど、彼らの生き様にブレが無かった事に一安心w。
前編・後編と分かれていたので、華ノ章の後編は何となくあっさりと終わってしまったような感じがするのは、仕方が無いのかもしれない。

一番印象に残ったのは、風間ルート。
あの映画のシーンね!、蝦夷地に着いた時に後ろから抱きしめられるシーン。
映画は(アニメも)土方ルートになってしまうから、その手を振り払われたけど・・・。
今回の風間ルートではその映画の場面が登場し、もちろん彼のルートだから手を振り払われる事も無く、思わず ( ̄▽ ̄)ニヤ。

後は、相変わらず土方さんの生き様は格好良いし、平助&風間の悪友関係も楽しいし、左之さん&不知火の男の友情も良い。
誰のルートだったか忘れちゃったけど、映画であった場面、左之さんが戦死した後に不知火さんが左之さんの槍を持って会津に来た場面がゲームにもあって良かった。

追記→上の場面は「風間ルート」でした。
雪村の里で亡くなっていた薫を埋めてお墓と建てたりと言う場面もあったりして、今回の風間ルートはすごく良かったなと思う。

終章は、せっかくだから随想録の終章も繋げて欲しかったなー。
風間ルートの終章は元々随想録しか無いのでそっちの場面だったけど。
一くんや総司の終章は、随想録の方が好きなんだよね。


★新規攻略キャラについて
風ノ章でみんな羅刹になっちゃったよね・・・。
新八は羅刹になる事は無いと思っていただけに、ちょっと衝撃だった・・・。
思わず「えー!」って言っちゃったほどw。
でも自分から飲んだわけじゃ無い、どうしようも無くなって井上さんが飲ませた・・・。
とは言え同意の上だから、自分で飲んだ事に変わりは無いんだけどね。

新八・山南さん・山崎さんの三人は、SSLでも攻略対象にはなったけど、友達以上恋人未満ぐらいな感じで終わってちょっとモヤモヤしてた部分が有り・・・。
でも今回はちゃんと夫婦になって終章を迎えたから良かった♪。

真改からの新キャラ、伊庭さん・相馬くん・坂本龍馬。
三人共、一線を越えたのがちょっとねぇ・・・、それは左之さんの専売特許ですぞw。

三人の中で良かったのは、相馬ルート。
キャラがって言うより、今まで描かれなかった新選組の部分が見られたから。
一つは、近藤局長が捕縛された時の事。
実際、相馬主計と野村利三郎も一緒に捕縛されてしまうんだよね。
その時の近藤さんの様子や、新政府軍から逃れて土方さんと合流するまでの部分。
(近藤さんが処刑される場面は、黎明録で見られます)
ここでタイトルの「真改」の意味が、近藤さんより伝えられます!。
もう一つは、函館で土方さんが戦死した後の事。
本編(新選組奇譚)では、土方さんが風間さんと対決して終わってるのでね。
相馬主計は「新選組最後の局長」と言われているので、どういう状況でそうなったのか。
「局長」として投降すれば近藤さんの二の舞になる事もあり得るのに、なぜ局長となったのか。
「新選組」の名を歴史に残し幕を閉じると言う意味では、その選択は間違いでは無かったのかも知れないね。

伊庭さんルートは、甘いですな・・・。
八瀬の里に行ったり、鬼の手が出て来たりと、十鬼の絆との繋がりがあったりも。

龍馬ルートは、前編は良かったけど、後編はどうだろうなぁ・・・。
あくまでも個人的な感想だけど、対新選組の攻略相手としては風間ルートだけで良かったようにも思う。
確かに、薩長側の事が分かったのは良かったけどね。
(龍馬ファンの方には申し訳ないです、あくまでも私の感想ですので)


★サブキャラについて
真改からの新サブキャラ、特に武田観柳斎と三木三郎。
伊庭八郎vs武田観柳斎、相馬主計vs三木三郎となるわけだけども・・・。
武田さんはねぇ・・・、ホントになんて言うか、今の流行で言えば「ゲス」の一言w。
CVが子安さんだったからまだ許せたような物w。

三木さんは、最後はあっさり引いたな・・・。
彼が攻略対象でも良さそうな・・・、そんな感じがしなくもない。
とは言え千鶴が新選組に仇を取る人に付くとは思えないし、実兄を殺されているわけだから、いくら千鶴でも改心させる事は出来ないようにも思う。
だからやっぱり攻略対象になるのは無理だよね・・・。


★龍之介について
真改では、小鈴と一緒に江戸に住んで絵師になっている、という設定。
黎明録をPLAYしているから、土方さんのルートだと彼は・・・、と矛盾を感じてしまったw。
小鈴と一緒になったのは左之さんルートだし、絵師になったのは一くんのルート。
映画でも龍之介の家に左之さんがお邪魔している場面があったよね。
なので今回龍之介はこういう設定なんだと割り切れば、違和感は無いかな。
平助ルートはちょっと切なかったな。
兄弟のように仲良かったのに、会う事もしなかった、会えなかったんだよね・・・。



と言う事で、感想はひとまずこの辺で・・・(思い付いたら追記します)。

さすがにもうこれ以上の進展は無い。・・・よね?。
随想録や黎明録はVitaに移植されてるし、映画も公開されたし、テレビアニメの「薄桜鬼~御伽草子~」も放映されたし(なかなか面白かった♪)。
もうこれ以上手を加えて欲しくない、と言うのは私の勝手な思いですけどね。
新選組奇譚だけでも十分と思っていた所に、真改が発表(オトパ2014にて)、去年~今年に発売され、 みんなの終章が見られて満足でございます。

薄桜鬼 真改 華ノ章 攻略(山南敬介・山崎烝・伊庭八郎・相馬主計・坂本龍馬・風間千景・雪村千鶴)

B-20160421
薄桜鬼 真改 華ノ章

攻略ルート、其ノ弐。
山南敬助」「山崎烝」「伊庭八郎」「相馬主計」「坂本龍馬」「風間千景」「雪村千鶴」の攻略ルートです。

赤文字は、「愛キャッチ(好感度アップ)」の選択肢(設定でONにしている場合)
★華ノ章は個別ルートから(共通ルートは「風ノ章」で終了済み)
★エンドは「個別エンド」「悲恋エンド」「バッドエンド」「ゲームオーバー」
★一人クリア後、「行軍録」解放
★「個別エンド」クリア・「悲恋エンド」一人クリアで動画解放
★全クリアでCG全て回収 → 「コンプリートCG」解放
★全クリアで「覚書」コンプリート

以上で「トロフィー100%」となります





※注意※ ココからネタバレ





B-20160617-7
山南敬介
【序章】

【第一章】
羅刹を人に戻すことができる
血を与える
違います!

【第二章】
・・・・・・私の血なら・・・・・・
血を与える
待ってください!

【第三章】
彼と話したい
血を与える
新選組の一員ですよね・・・・・・?

【第四章】
たとえ人に戻れなくても
血を与える

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
まだそうとは言い切れない
我慢させる

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
まだそうとは言い切れない
我慢させる

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
発作をなくすことができる
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
諦めないでください
我慢させる
後ろへ下がる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
わからない
我慢させる
父の側についたんですか?

☆CG全て回収



B-20160617-6
山崎烝
【序章】

【第一章】
待ってください!
血を与える
私も一緒に行っていいでしょうか

【第二章】
味方を助けてください
血を与える
山崎さんは山崎さんです

【第三章】
血を与える
友人ですか?
・・・・・・むしろ伝えるべきじゃない

【第四章】
覚悟の上です
血を与える
力を使うべきじゃない

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
父はもう、いません
我慢させる
力を使うべき

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
父はもう、いません
我慢させる
力を使うべき

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
・・・・・・・・・・・・
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
敵を倒してください
我慢させる
あなたは人間です

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
同僚ですか?

☆CG全て回収



B-20160617-8
伊庭八郎
【序章】

【第一章】
でも土方さんなら
血を与える
同じじゃありません

【第二章】
もう少しここにいたいです
血を与える
伊庭さんを信じる

【第三章】
血を与える
傷つけられても構いません

【第四章】
伊庭さんとなら・・・・・・
血を与える
一緒に戦いたいですよね?

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
ごめんなさい
我慢させる
止められないんでしょうか?

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
ごめんなさい
我慢させる
止められないんでしょうか?

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
そうなんですか・・・・・・
我慢させる
新選組を追いかけましょう
そうですね
我慢させる
武田さんの話を聞く

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
傷つけられたりしません

☆CG全て回収



B-20160617-9
相馬主計
【序章】

【第一章】
信じても大丈夫?
血を与える
相馬君を信じる

【第二章】
血を与える
ここに留まる

【第三章】
もっと聞かせて欲しい
血を与える
一緒に行かせてください

【第四章】
でも、相馬君が・・・・・・
血を与える
行こう

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
その時が来たら・・・・・・
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
その時が来たら・・・・・・
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
無理はしないで
我慢させる
そんなことできない

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
みんなを追う

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
・・・・・・そんなことないよ
我慢させる
二人をよろしくお願いします

☆CG全て回収



B-20160617-10
坂本龍馬
【序章】

【第一章】
確かにそうですけど・・・・・・
血を与える
それでも話してみる

【第二章】
・・・・・・私の家に来ませんか?
血を与える

【第三章】
中岡さんを助けたい
血を与える
彼にも事情があっ

【第四章】
大切な人が教えてくれた
血を与える

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
気持ちはわからなくもない
我慢させる

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
気持ちはわからなくもない
我慢させる

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
そんなことはありません
我慢させる
どんなことをしても

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
行く当てはあるんですか?
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
羅刹を増やしたくない
我慢させる
私も同じです

☆CG全て回収



B-20160617-11
風間千景
【序章】

【第一章】
なぜ新選組と敵対したのか
父に勘付かれます

【第二章】
私も無関係ではありません
頷く

【第三章】
ただ、悲しいと思う
最後まで見届けて欲しい

【第四章】
感謝しているから
最後まで一緒にいてくれますか

【終章】

☆CG全て回収


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
感謝しているから
最後まで一緒にいてくれますか

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
私は無力だから必ず
帰って来ますから



B-20160617-12
雪村千鶴
【序章】

【第一章】
(選択肢無し)

☆CG回収後、コンプリートCG解放


B-20160617-13B-20160617-14
【薄桜鬼 真改 風ノ章】【薄桜鬼 真改 華ノ章】 連動購入特典ダウンロードコンテンツ
★配信期間 2016/6/16(木)~2016/8/15(月)
★「薄桜鬼 真改 風ノ章」「薄桜鬼 真改 華ノ章」両タイトル購入者対象
(両方インストールしなければ見ることは出来ません)

【付録・風ノ章】(「薄桜鬼 真改 風ノ章」にてPLAY))
ミニエピソード 6話(斎藤一・藤堂平助・原田左之助・永倉新八・山崎烝・伊庭八郎)
6人のミニエピソードを見た後、コンプリートCG 1枚解放

【付録・華ノ章】(「薄桜鬼 真改 華ノ章」にてPLAY)
ミニエピソード 6話(土方歳三・沖田総司・山南敬助・相馬主計・坂本龍馬・風間千景)
6人のミニエピソードを見た後、コンプリートCG 1枚解放

薄桜鬼 真改 華ノ章 攻略(土方歳三・沖田総司・斎藤一・藤堂平助・原田左之助・永倉新八)

B-20160421-1
薄桜鬼 真改 華ノ章

攻略ルート、其ノ壱。
土方歳三」「沖田総司」「斎藤一」「藤堂平助」「原田左之助」「永倉新八」の攻略ルートです。

赤文字は、「愛キャッチ(好感度アップ)」の選択肢(設定でONにしている場合)
★華ノ章は個別ルートから(共通ルートは「風ノ章」で終了済み)
★エンドは「個別エンド」「悲恋エンド」「バッドエンド」「ゲームオーバー」
★一人クリア後、「行軍録」解放
★「個別エンド」クリア・「悲恋エンド」一人クリアで動画解放
★全クリアでCG全て回収 → 「コンプリートCG」解放
★全クリアで「覚書」コンプリート

以上で「トロフィー100%」となります




※注意※ ココからネタバレ





B-20160617
土方歳三
【序章】

【第一章】
私にできることはありますか
血を与える
ここに残ります

【第二章】
やめてください
血を与える
土方さんと共に
しっかりしてください

【第三章】
信じているから
血を与える
土方を止める

【第四章】
血を与える
殺しても死にません
お傍にいたいんです
無くても構わないもの

【第五章】
受け取る
血を与える
私にできることは?
任せられても困ります
信じない

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第五章」好感度低・羅刹度低に設定
受け取らない
我慢させる
できる限りのことはします

★バッドエンド
※「行軍録・第五章」好感度低・羅刹度高に設定
受け取らない
我慢させる
できる限りのことはします

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
土方さんこそ休んでください
我慢させる
一緒に行きます

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
休んでください
我慢させる
近藤さんを説得する

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
責任があるから
我慢させる
風間を止める

※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
傍から離れません

☆CG全て回収



B-20160617-1
沖田総司
【序章】

【第一章】
・・・・・・・・・・・・ご迷惑ですか?
血を与える
沖田さんの気持ちもわかる
不思議な感じです
ごめんなさい

【第二章】
血を与える
止めることはできません
沖田さんのお傍にいます

【第三章】
殺さないで
血を与える
沖田さんは幸せ者です

【第四章】
我慢する
時と場合によります

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
我慢する

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
血が欲しい

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
看病の為です
我慢させる
別人みたいですね

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
行ってほしくありません
・・・・・・・・・・・・

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
死なないで
我慢させる

※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる

☆CG全て回収



B-20160617-2
斎藤一
【序章】

【第一章】
斎藤さんを信じる
血を与える

【第二章】
そうかもしれませんね
血を与える
私につかまってください

【第三章】
血を与える
理由はありません
・・・・・・会津へ行きましょう

【第四章】
ここに残る
血を与える
過去のこと

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
ためらう
我慢させる

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
ためらう
我慢させる

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
小太刀を構える
我慢させる

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
そんなことありません
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
長岡邸に戻りませんか?

☆CG全て回収



B-20160617-3
藤堂平助
【序章】

【第一章】
無理しないで
血を与える
平助君と一緒がいい

【第二章】
・・・・・・私の事?
血を与える

【第三章】
血を与える
本気で言ってるの?
手を握る

【第四章】
血を与える
化け物なんかじゃない

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
我慢させる
ちゃんと生きている

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
ちゃんと生きている

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
きっと大丈夫
我慢させる

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
山南さんのこと?
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
冷静になって

☆CG全て回収



B-20160617-4
原田左之助
【序章】

【第一章】
優しくしないで
お願いします
原田さんの夢

【第二章】
とても贅沢な夢です
父を止めてください

【第三章】
わかってください
私も・・・・・・賛成です
原田さんにお任せします

【第四章】
原田さんに別れを告げる
迷い続けています
はい、とても優しいです

【終章】

☆CG全て回収


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
原田さんに別れを告げる
もう慣れましたから

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
このまま旅立つ
もう慣れましたから

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低に設定
すみませんでした
新選組の目的

※「行軍録・第二章」好感度低に設定
まだわかりません・・・・・・
父と話をさせてください

※「行軍録・第三章」好感度低に設定
本気です
信じてもいいと思います



B-20160617-5
永倉新八
【序章】

【第一章】
ごめんなさい
血を与える
すごく似合います

【第二章】
父のことを謝る
血を与える
私はわかっていますから

【第三章】
永倉さんが心配です
血を与える
・・・・・・・・・・・・

【第四章】
私は助けられました
血を与える
私が倒します

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
私は信じていますから
我慢させる
お任せします

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
私は信じていますから
我慢させる
お任せします

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
あれでよかったんですか?
我慢させる
きつくないんですか

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
近藤さんの話題
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
羅刹に頼りすぎです
我慢させる
駄目です

☆CG全て回収

「Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~」DVD&Blu-ray 発売決定!

 B-20160617-21
Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~」DVD&Blu-ray 発売決定!

2016/8/3 発売!
DVD【 Amazon楽天ブックス 】 ・ Blu-ray【 Amazon楽天ブックス
価格 → DVD・Blu-ray共に ¥7,560

2016年1月~3月に開催された全国アリーナツアー、「Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~」待望の映像化! (公式サイトより)


★ツアーファイナル・日本武道館公演の全曲に加え、 日替わり曲6曲を本作のみにボーナス映像として収録
★初回生産分のみ 
・フォトブックレット封入
(enⅢツアーのライブとバックステージの模様を1冊に収めた、未公開写真を含むトータル100ページのフォトブックレット)
・三方背ブックケース仕様



Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~
【収録内容】
01.Saturday
02.oh my love
03.Okay
04.photograph
05.くちびる
06.GO
07.水平線
08.I AM YOUR BABY
09.念書
10.今宵キミト
11.ハズムセカイ
12.Sẽno de Revolution
13.BLEED
14.水路
15.Symphony #9
16.Receive You [Reborn]
17.SAIHATE HOTEL
18.正面衝突
19.Here I am!!
20.羽
21.風船
22.遠くまで
23.愛なき道

【ボーナス映像】
・赤い糸
・Touch
・LOVE LETTER
・不死鳥
・Stay Free
・CHAIN

ホームページ閉鎖

昨日、2000年に開設したホームページを閉鎖した。
最近は更新もほとんどしてなかったけど、16年も良く続いたものだと我ながら感心w。

昨日はたまたま自分のホームページを見て確認したい事が有り、ついでにあちこち見て気になる部分があったので、プロバイダのホームページサービスで設定を変更しようとしたら・・・。
【重要お知らせ】に「2016年11月10日(木) 15時をもちまして、サービスを終了いたします」と書いてあったのに気付いた。
それが告知されたのは、今年の1月だったけどもw。
放置してたし、サービスのページも見ていなかったから、全然知らなかった。

とは言え、今はblogとTwitterがメインで、ホームページは更新する事も無く、このままだとずっと放置状態になるから、いつかは閉鎖することも考えなきゃなー、と思っていた。
サービス終了となれば、今のページは自動的に削除される。
もちろん、後継サービスに移行する事も出来る。
しかし今と違って「有料」、そこまでして続ける気持ちは無い。

「継続利用されない場合は特に作業する必要は無い」と書かれているので、このまま放置でも良かったんだけど・・・。
やっぱり自分の手でコツコツ作り上げてきたものだから、きちんと自分の手で終わらせたいと思い、閉鎖の作業に取りかかった。
バックアップを取り、サーバーにアップしていた物を全て削除。
ホームページの表紙を書き換え、閉鎖の挨拶文を書いて改めてアップ。
それはもうサービス終了まで残しておくつもり。
私のホームページ「kazuyo's Style!」 、今までありがとうございました。


2000年と言えば、結婚する前の年、まだ主人に出会っていない頃。
あの頃は今のようなSNSもほとんど無く、個人ホームページが主流になっていた。
私も作ってみたくてね、初心者でも作れると言う「ホームページビルダー」を購入し、PC雑誌を読みながら独学で作ってみた。

私はエッセイが好きで良く読んでいて、そういう事を書いてみたいと思って、OL経験談のような物を書いていた(会社の表の顔や、裏の顔とか・・・w)。
他にも好きなアーティストの事や好きな化粧品の事、等々。
その好きなアーティストの中の一人、その方のサポートメンバーの中に昔好きで聞いていたアーティストの方がおり、その事も書いていたら、検索して辿り着いたんだろうな、その方から直接メールを頂いた事もある。
すごく嬉しくてねー、そのメールを大事に保管してたんだけど、PCを買い替える度に移行してたら、そのうちデータが破損してしまい・・・。

その後主人と出会って、あちこち出かけた先の写真を撮ってはアップしたり。
結婚後に内地に転勤になってからは、知り合いがいない中、PCが唯一の友達だったw。
その頃、ホームページを開設した人達で、なんて言うのかな、簡単に言えば共通の趣味や自分が置かれている立場、そう言う仲間で作られたコミュニティのような物が流行りだしてね。
いくつか参加していたんだけど、その中でも特に重要視していたのは「○○妻」のコミュニティ、旦那の職業が同じ奥様方が集まったコミュニティ、って事。
そこで何人かの方と親しくなり、それを通じて別方向からも知り合いになったり。
ご近所に住んでいたり、引っ越しされて来たり、引っ越し先だったり、そこそこで実際に会ってランチや飲みに出かけたりと仲良くして頂いて、人との出会いも経験した。

その頃にはmixiのようなSNSが徐々にサービスを開始し、あちこち登録しながらネットでの友人が増えていった。
blogも普及し始め、私も2003年末に開設。
それからは手軽さが良くて、ホームページよりもblogに重点を置くようになった。

初めて作ったblogは、毎日主人に作っているお弁当blog。
今思えば、マンネリ化してるお弁当を恥ずかしくも無くアップしていたものだなぁ、とw。
そのレシピをホームページに載せており、両方見て頂いたのでしょう、ある出版社の編集者の方から「お弁当本のレシピの素としてレシピをお借りすることはできないでしょうか?」と言う問い合わせが来た。
あんな物で良ければと快諾、まさか本当に本になるとは思わず、とは言え全てのレシピが使われたわけでも無く、他のお弁当ブロガーさん達の物と一緒に本は発売された。
そのお弁当blogも、かなり前に休止。
もう更新する事も無いので、昨日ホームページと一緒に閉鎖(削除)した。

私にはもう一つ、プライベートな事を書いているこのblogもある。
なので今まで二つ持っていたんだけど、利用させて頂いているblogサービスでは、一つは無料、二つ以上持つ場合は有料(3つまで450円/月)。
前述のお弁当レシピ本には、確かURLかブログタイトルが書かれていたので、万が一参考にされる方もいるかもと残して置いたんだけど・・・。
もう更新する事も無く、ただ料金が無駄に引かれている状況だったので、今回をきっかけに休止→閉鎖し、ブログプランも無料に変更した。
(無料のプランだと、PC以外で見た場合は広告が表示されます、ご注意下さい)

今はこのblogとTwitterがメイン。
FacebookやInstagramも登録はしているけど、本格的にはやっていない。
あちこち手を出すのもね、どれも中途半端になってしまう(もうすでになっているけどもw)。
そもそもFacebookやInstagramは、好きなアーティストの方々がそれらを利用して情報を発信しているので、それを見るために登録したような物デス。

こう見ると、ホームページやblogやSNS、急速に普及してきたよね。
そこでたくさんの方と出会い、今も親しくさせて頂いてる方もいます♪。
この歳で、外にも出ないから(仕事したり、市のコミュニティ参加したりする事も無い)、なかなか新しい友人も出来ないので、こういう出会いはとても大事(もちろん女性の方です)。
まさか一緒にイベントや旅行に行ったりするような友人が出来るとは思ってもみなかった。
いつもありがとうね♪、今年もまた楽しみましょう!。


ホームページは閉鎖しましたが、前述通りこのblogは続けていくので、今後ともよろしくお願いします。

« 2016年5月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ