« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の記事

カサ・デ・プラド~小岩井農場

B-20090930
小岩井農場での昼食は、シチューとステーキのお店「カサ・デ・プラド」にて。
まきば園内にあり、森の中にたたずむ、静かなレストラン。

季節限定のコースメニューもあったんだけど、今回はお店オススメのメニューをセットで注文。
最初に、お水と一緒に小岩井農場で作られた牛乳も出してくれた。
でも私は牛乳を飲むとお腹の調子が悪くなるので(汗)、ひろに飲んで貰った。
美味しかったようだ。

私が注文したのは、「小岩井農場産やわらかビーフシチュー」のセット。
セットにすれば、スープ・サラダ・パンが付いてくる。
一品ずつ持ってくる度に、丁寧に説明してくれた。
B-20090930-1 B-20090930-2
B-20090930-3 B-20090930-4
スープは、じゅんさい入りのコンソメスープ。
あっさりして美味しかったなぁ~。
じゅんさいは好きじゃなかったけど、つるんとコリコリしてて、思ってたより美味しかった。食わず嫌い克服(笑)。

パンは、トマトを練り込んだパンと、小岩井牛乳を使った牛乳パン、小岩井バター付き。
かすかなトマトの味と、牛乳たっぷり使ってます!って感じのパン、フワフワでした♪。

サラダは、地場産の野菜を使った物。
ドレッシングは、小岩井農場のヨーグルトを使ったヨーグルトソース。
野菜はシャキシャキ♪。

メインのビーフシチュー、何時間煮込んだんだろう?or 元々肉質が良いのか、すごく柔らかくて、な~まら美味しかったなぁ♪。
お肉が美味しいと、付け合わせの野菜も美味しく感じるのは何故だろう(笑)。

どれも美味しくて、大満足でした♪。

B-20090930-5 
ちなみにひろが頼んだのは、「サーロインステーキ」のセット。セットの内容は同じ。
これも柔らかくて美味しかったそう。

小岩井農場

先日、連休を利用して岩手へ温泉旅行に出掛けて来ました~♪。

まずは、一度行きたかった「小岩井農場」へ。
「小岩井」と言えば、牛乳・ヨーグルト・チーズ・バター等の乳製品が有名。
日本最大の民間総合農場と言うだけあって、広大な土地に、牛や羊が放牧され、その一角にレストランや売店、動物達と触れ合える「まきば園」がある。
入園料は、大人一人¥500(冬期間は無料)。
ちなみに、園内に入らなくても、まきば園入口の道路沿いに売店があり、そこでも小岩井製品を買う事が出来ます。

B-20090929  B-20090929-1
まきば園入園口。
入ったらすぐ、10月のイベント「ハロウィン」のかぼちゃが飾ってあった。
この日は平日だったので、観光客よりも遠足出来ていた子供達の方が多かった。
園内を散策する前に、先に昼食を取る。それはまた後ほど。

B-20090929-2 B-20090929-3
園内は、乗馬が出来たり、放牧されている羊と触れ合えたり。
羊も人に慣れているのか、全く逃げない。と言うより、草を食べるのに夢中になってたなぁ。
その羊と触れ合える「ふれあい広場」の近くには「羊館」があり、羊について学べたり、ウール工房ではウールを使って色々な物を作ったりと体験が出来る。

その奥には、数種類の羊が飼育されていた。
毛が無くて小さい羊がいたので、「子羊だぁ」と思ったら、毛を刈り取られたばかりの羊だった・・・。
B-20090929-4  B-20090929-5
刈り取られる前→刈り取られた後。羊の毛ってかなり分厚い。

シープ&ドッグショーや、牛の乳搾り体験なんかもやってました。
時間が合わずに、見られず・体験出来ずでしたが・・・。

B-20090929-6 B-20090929-7
記念写真のスポット。
快晴であれば、後ろには日本百名山にもなっている「岩手山」が見えるんだけど、この日は雲がかかっていてほとんど見えず。残念・・・。

B-20090929-8 
ぐるっと一回し、まきば園の一番人気「ソフトクリーム」を食べながら一休み。
絞りたての生乳から作られているというソフトクリームは、濃厚濃厚♪、でもさっぱり感も有り。
美味しかったなぁ~。
その後、売店でおみやげを買い、まきば園を出る。

B-20090929-9
まきば園から道路を挟んで向かい側に、上丸牛舎がある(国登録有形文化財にもなっている)。
入口で、靴の裏を消毒してから入る。ここは無料。
牛舎の中は立ち入り禁止だけど、外から牛の様子は見られ、搾乳用・子牛用・分娩用とそれぞれ分けられていた。

B-20090929-10 B-20090929-11
搾乳用の牛と子牛。
妊娠中の牛は個室に分けられていた。塀も高くて中はよく見えず。
やっぱり出産前と言う事もあって、神経が過敏になっているのか、足音がすると他の牛と比べて妙に反応する。
見学可能とは言え、妊婦さん(と言うのだろうか・・・)に気を使い、早々に離れた。
子牛は可愛かったよ~♪。

まきば園からもう少し奥に入ると、牛乳やバターの製造ラインが見学出来る「乳業工場」があり、見学も出来るんだけど、この日は残念ながら休業して見られませんでした。

春になれば桜が綺麗に見られるそうで(牛舎も桜並木になっている様子)、乳業工場の奥にはNHKの連続テレビ小説にも使われて有名になった、「一本桜」がある。
今回は見てこなかったけど、また桜の時期に遊びに来たいな~。

B'z NEW ALBUM&LIVE-GYM 2010 決定!

B-20090928 
今朝の読売新聞に、デカデカと広告が掲載されていました~♪。

2009/11/18、NEW ALBUM「MAGIC」リリース決定!。
B'z LIVE-GYM 2010 「Ain't No Magic」 開催決定!。
詳しくは、コチラ

今年の「B'z SHOWCASE 2009 -B'z In Your Town-」は、西日本方面が多かったからなのか、来年のツアーのホール公演は、北日本方面のみ。
東北四ヶ所、北海道三ヶ所。
引っ越して来て良かった~。
しかも青森は初日だ!。v(≧∇≦)v イェェイ♪
(ちなみにドームツアーは、福岡・名古屋・大阪・東京の四ヶ所)。

それにしても、チケット料金が高い・・・。
SS席が¥12,000、S席・立見席が¥9,000(ドームは五種類あり)。
前回のツアーから、席ごとに価格を設定している様だけど、¥12,000は高いなぁ。
でもB'zなら、払っても別に構いませんけどねぇ。('-'*)ホホホ

ファンクラブ「B'z PARTY」の優先予約は、10月上旬発送予定の会報で案内があるそうです。
チケット、取れると良いな~。

WAONのぬいぐるみ♪


B-20090922 
WAONのぬいぐるみ、Getです~!。

ジャスコではこの連休(9/19~23)、WAONグッズが当たる抽選会を開催。
「WAONカード」or「イオンカード」で、買った分のレシート、WAONチャージしたレシート、¥5,000ごとに、抽選が一回出来る。

化粧品を買おうと、¥5,000をWAONチャージしたので、一回回したら、二等の玉が出て、景品はWAONの犬のぬいぐるみ(小)でした~。
ぬいぐるみも可愛いけど、「二等が当たった」と言うのが、嬉しい♪。
クジ運の無い私は、抽選と言えばいつも末等ばっかりだし。

ちなみにひろは、このぬいぐるみを見て、「ソフトバンクのお父さん犬?」と言ってました・・・。

nico cakesのモンブラン♪

B-20090921
秋になると、モンブランが食べたくなる私♪(秋と言わなくても、年中食べたいけど。)

二人してダイエットのため、ずーっとケーキを我慢していたんだけど、たまには良いっかと言う事で、ケーキ屋さんへ行ってきました~♪。
お気に入りのお店、「nico cakes」にて。

モンブランの他は、ここのお店の人気商品、ロールケーキを使った「ベリーベリー」と(私の分)、ムースショコラ(ひろの分)。

ここのロールケーキはフワッフワなので、このケーキもフワッフワ♪。
な~まら美味しいんだぁ。(≧∇≦)キャー♪

またしばらくケーキは我慢。ダイエット、頑張ろう。

伯父の旅立ち・・・

先週末から両親は埼玉の某所へ行っている。
この秋の大型連休中に急遽出掛ける事になり、電車の手配やホテルの手配も大変だった。
帰りにウチに寄って、ホテルに一泊する、と言う事だったので、市内のホテルを探すも、どこもいっぱい。
埼玉の某所もそうだしここもそうだけど、小さな町なのに(地元の方には申し訳ないけど、どちらかと言えば田舎よりの町デス)ホテルはどこも満室。
各ホテル予約サイトや、それぞれのホテル公式サイトの予約画面で見た限りではね。

温泉等の観光地だとか、お祭り等の行事があるのなら分かるんだけど、特に何も無いのに、何故に全部のホテルが満室なんだろうか・・・。
でも電話で問い合わせてみたら、シングルなら空いているとか、特殊な部屋であればとか(喫煙・補助ベット使用)、何とかなる様子ではあったけど。


両親が急遽出掛けたのは、母の兄(私にとっては伯父)が、危篤になってしまったから。
伯父は、だいぶ昔に胃ガンを患ったものの、手術は成功し、元気で過ごしていた。
はずなのに・・・。
ガンが再発し、それも骨にガンが転移しているとの事・・・。

当初、余命を告げられていたものの、ここ数日のウチに、と言う事では無かった。
なのでおばさん(伯父の奥さん)からは、本人には転移している事を告げていないため、「見舞いには来ないで欲しい」と言われたんだそう。
とは言え、母にとっては一番仲の良い兄妹(5人兄妹です)。
このまま会わずに、もしもの事があったら心残りになるからと、来月計画していた旅行の時に、「近くまで来たから」と、さりげなく様子を見に行くつもりでいたらしい。
ところが、その事が知らされて数日後、医師からおばさんに「会わせたい人がいるのなら、会わせてあげて欲しい」と言われ、急遽出掛ける事になった。
(他の兄姉の方は、一人は他界、他の二人は諸事情で出掛ける事が出来ず・・・)。

ウチらが埼玉にいた頃、「知り合いは誰もいない」とは言っていたものの、実は伯父一家が県内に住んでいた。
県内に親戚がいると言う事で、両親も安心していた部分があったと思う。
もし万が一何かあった時には、「伯父を頼りなさい」と言われていたし、私自身も頼れる人がいると言う事で、安心していた部分はあった。

とは言え、ちょっと離れていたため、なかなか会いに行けるものでは無かったけどね。
でも、埼玉に引っ越した時と、青森に引っ越す前には、挨拶にひろと二人で伺った。
なので、伯父に最後に会ったのは、ここに来る前なので、去年の三月になる。
その時はまだ元気で、会社はすでに退職していたけど、顧問として家で仕事をしていた。
挨拶に行った時も、途中で仕事相手の方が来て、熱心に話しをしていたのを覚えている。
その伯父の姿が心に残っていたので、突然こんな事になってしまい、私もひろも驚いた。

昨日までは安定していたので、両親はいったん家に帰ると、その前にウチに寄って行く事になって、ホテルも電車も手配済みだったんだけど、今朝になって様態が急変し、全部キャンセル。
今は予断を許さない状況なのでしょう。
万が一の事も考えて、しばらく埼玉にいる事になりそうで、その間は伯父の家に滞在する事に。
子供達はみんな独立しているので、家にはおばさん一人だし、支えになってあげられれば良いんだけど。

伯父には三人の子供がいる。いとこはみんな、私とほとんど歳は変わらない。
私自身、父親を亡くすなんて事、今は考えられない。
でもいとこたちは・・・。
みんなどんな思いで伯父の側にいるのだろう。
仲睦まじく共に過ごしてきたおばさんといとこ達、一番仲の良かった妹である母、そしてみんなを見守っている父・・・。

これを書いている間に母からメールが届き、明日までは持たないそう・・・。
たくさんの人と楽しく過ごすのが好きだった伯父さん、みんなに見守られながら旅立つのなら、きっと寂しくないよね・・・。

そして今日の夕方、伯父さんは旅立ちました。
ご冥福をお祈りします・・・。

シルバーウィーク

明後日から、秋の5連休(シルバーウィーク)。
行楽地は、ゴールデンウィークと変わらないような混雑が見込まれているそうで。

我が家は、連休中に休日出勤が割り当たっているので、残念ながら5連休にはならず。
でもその分の代休は貰えるので、何処かの土日前後に代休をあてて3連休にし、それを利用して温泉に行く事になった。

とは言え、ついこの前、湯の川温泉に行ったばかりなんだけどね。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
まぁその時は、フェリーの時間に合わせて行動しなきゃならなかったから、時間に追われて何となく慌ただしかったし。
今回は、ゆっくりのんびり楽しんでこよう♪。

両親が急遽、この週末に関東に出掛ける事になり、ネットで探してホテルを手配してくれと頼まれたものの、出先の地には空きが無い。
電車もほぼ満席。
でも明日はまだ十分に空きがあったし、行くのは明日でも良いと言うので、そうして貰う事にした。

やっぱりみんなお出掛けするんだねぇ。
楽しい連休をお過ごし下さい♪。

帰省~北海道のお土産

帰省の記事もこれで最後。
もう帰省してから一ヶ月近く経つというのに、相変わらずのんびりとちんたら書いている自分に、呆れるわ・・・。

お土産はいつも新千歳空港まで買い出しに出掛ける。
空港なら、北海道銘菓はほとんど揃うしね。
出掛けた時は、もうお盆も過ぎ、道内の学校は始まっていた頃なので、空港は通常の混雑よりも少し人が多かったくらい。

空港で一番の人気店、「花畑牧場」の直営店。
去年行った時は、お盆休み真っ只中と言うこともあり、長ーい行列が出来ていたけど、今回は10人ちょいくらいしか並んでいなかった。
この状況ならすぐに買えそうだと、並んでみる。
一度に10人ずつお店に誘導されるので、ウチらは二組目。5分も待たないうちに誘導されショップに入る。

今、生キャラメルは色んな味が出てるのね。
ひろは「チョコ」と「コーヒー」、私は「いちご」と「宮崎マンゴー」、「プレーン」も数個購入。

他に、「カチョカヴァロ」と言うチーズも購入。
この前食べてみたけど、正直「・・・( ̄  ̄;) うーん」と言う感じ。
切って、熱したフライパンで強火で焼くんだけど、焦げ目がつく前にどろ~んと溶けちゃって。
本来は、焦げた部分がカリカリ、中はトロ~リ、となるらしいんだけどね。
全部とろけてしまいました。
あと半分残っているので、スライスして、ピザトーストにでも使おうかと。

それと、もう一つ人気なのが、「じゃがポックル」。
これも入荷と同時に即完売という状況だったけど、今回は山のように積まれていたなぁ。
とは言え、きっと繁盛期には完売状態だったでしょう、たぶん・・・。

今回、目に止まって買ってきた物が、大当たりだったお菓子がある。
それがコチラ。
B-20090914
札幌カリーせんべい カリカリまだある?」。 一箱8コ入り。

カレーが好きなので、とりあえず一箱買ってきたんだけど、これがなまら美味い!。
一口食べたら、それこそ、やめられない止まらない~♪。
カリカリで、カレーのスパイスが効いていてちょっとピリッとして、おやつにはもちろん、お酒のつまみにも良いんだわ~。( ̄▽ ̄)ニヤ
もう何箱か買ってくれば良かった。
これはオススメですぞ。

帰省~青森へ

津軽海峡を渡って青森へ帰るため、函館のフェリー埠頭へ向かう。
今回乗るフェリーは、「津軽海峡フェリー」。
期間限定で、高速船の「ナッチャンWorld」が運航していたんだけど(9/30まで運航してます)、一度乗ってみたかったんだけど、時間帯が合わなかったので、今回は断念。

ここのフェリーターミナルは、手続きがとても簡単。
事前に予約して支払いが済んでいる場合、QRコードorバーコードが発行される。
それを「スマートチェックインゲート(無人ドライブスルー発券)」の自動発券機にかざすと、乗船券がその場で発行され、手続きが終了。
楽で良いわ~。
乗船待機所の各ゲートに、行き先と出港時間が書いているので、そこで乗船まで待機。
ウチらが乗船するレーンには誰も来ておらず、一番乗りだった。

レーンに車を停め、乗船案内があるまで、フェリーターミナル内で待つ事に。
綺麗なターミナルだったなぁ。
レストランに売店にお土産屋さん、充実してました。
八戸港とは大違い・・・。
まぁここは、北海道と本州を結ぶ、海の玄関口だものね。
便数も多いし、利用者も多いだろうし、スマートチェックインゲートも導入しているし、これだけの設備は必要なんだろうな。

B-20090913 B-20090913-1
函館港ターミナルビル。
裏のウッドデッキには、ハートのモニュメントが。ちょうど函館山が見えてロマンティック~♪。

乗船案内の放送が流れたので、車に戻る。ここでは、同乗者も一緒に車で乗船。
ウチらの後には、20台ほどの乗用車が並んでいた。ちなみに大型車は、別の待機場。
係員の方に誘導され、船の乗船口前まで移動する。
先に乗り込むのは、バイク・自転車、次に大型車、最後に乗用車。
大型車は、乗船後にロープで車体を固定するため、時間がかかる。
なので、ウチら乗用車が乗船したのは、出港の10~20分前。

ようやく乗船し、客室へ。
函館-青森間は約4時間なので、個室は不要と考え「2等和室」を取っていた。
最小限の荷物を持って部屋に上がり、場所を確保。
そんなに混んではいなかったけどね。
横になれるスペースは取った方が良いし。

B-20090913-3 B-20090913-2
やれやれとした頃には、もうすでに船は出港。
天気が良くて、駒ヶ岳もくっきり。函館山もだんだんと小さく遠ざかっていった・・・。

船室に戻り、寝っ転がりながら、ゲームで時間を潰す。
そのうちウトウトし、いつの間にか寝てしまった。
2時間くらい寝ただろうか、甲板に出てみると、もうすでに青森県の中、津軽半島と下北半島の間を進んでいた。

B-20090913-4 B-20090913-5
だんだんと青森が、アスパムや青森ベイブリッジがはっきりと見えてきた。
ようやく青森港に到着。
着岸作業をしている間に、下船準備をして車に乗り込む。
先に乗り込んだバイクや大型車が下船、つづいて乗用車が下船。

その後は、また自宅までドライブ。
だんだん日も暮れて、すっかり夜に。
しかも国道から県道に入ると山道になるので、街灯も全く無く、後ろから来る車も、対向車もほとんど無く、真っ暗で恐かった~。熊でも出そうな感じ・・・。
何とか真っ暗闇の道を抜け、ようやく自宅に到着。
その後、また一騒動があったけど(コチラ)。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
何はともあれ、無事に帰って来ました。

つづく・・・(ってまだ?)。

帰省~函館市内観光

帰省最終日。
この日は、帰省期間中、一番良い天気だった。
前日の雨の影響で、フェーン現象もあったせいか、暑い一日だった。

まずは、「五稜郭タワー」へ。
五稜郭へは、2001年に一度行っているんだけど、2006年に新タワーに建て替えられたので、再度行ってみたかったのよね。
それに、これも有名だし。「函館滅亡!? イカール星人襲来」(YouTubeより)。

 B-20090912-2 B-20090912-3
新五稜郭タワーと、展望室から見た五稜郭。


その後、函館駅前へ。
駐車場に車を停め、函館朝市を通り、金森赤レンガ倉庫街へ向かう。

B-20090912-4 
こんなに良い天気になるんだったら、函館山に登りたかったなぁ。
少し買い物をして、昼食を食べに函館朝市へ戻る。


函館朝市内にある「どんぶり横丁市場」へ。
すごく綺麗に明るい感じに変わってたなぁ。その中の一軒、「たびじ」さんに入る。

B-20090912-5
私が注文したのは、三食丼(カニ+いくら+エビ)。
いくらはプチプチ、エビはプリプリで、美味しかったです~。
ここでは、活イカも食べられます。
生け簀で泳いでいるイカをすぐ捌くので、げそ部分がウヨウヨと踊ってるの(他のお客さんが注文してました)。

これで、函館観光はおしまい。
もっとゆっくり見たかったんだけどねぇ。また来よう。

最後は、フェリーで津軽海峡を渡ります。
つづく・・・。

帰省~湯の川プリンスホテル渚亭

函館での今回の宿泊先は、「湯の川プリンスホテル渚亭」。
湯の川温泉には、これまでにも何度も訪れているけど、ほとんどここに泊まっている。
それだけ、お気に入り♪。
何が良いかと言えば、日本最多数の「客室天望露天風呂」があるホテルだから。
もちろん大浴場もあるけど、部屋に露天風呂が付いていれば、いつでも&すぐに入れるしね。

到着予定より30分ほど遅れ、ホテルに到着。
フロント前にあるテーブルに案内され、ウエルカムドリンクが出される。
今までこういうサービスは無かったのに、変わったのねぇ。
少ししてからフロント係の方がパソコンを持って現れ、チェックインの手続き。
普通、手続きはフロントで住所や名前などを記入しなければならない。
ところが今回は、パソコンにデータが入っていたようで、用紙に名前をサインをするだけの、簡単な手続きで終了。
今回申し込んだのは、いつも利用している「じゃらんnet」では無く、ホテルのサイトから直接予約を入れた(ホテルの方が、同じプランでも安かったので)。
だからなのかなぁ?。それともそう言うシステムになったのかなぁ?。
どちらにしても、手続きが簡単で良かった。他のホテルもこういう風にしてくれればいいのに。

部屋に案内される。
もちろん、客室天望露天風呂のあるお部屋。ただし、「街側」。
「海側」はちょっと高いのよね。
しかも夜は海で真っ暗だから(漁火は見えるけど)、夜景の見える街側の方がウチらには良い。

B-20090912 B-20090912-1
この日は霧雨で雲がかかって、函館山もほとんど見えず。
でも夜には、五稜郭タワーがくっきりと浮かび上がってました。

今回の宿泊プランのお食事は、「豪華ビュッフェプラン(夕食)」。
ビュッフェスタイルの食事で、メニューも豊富。
オープンキッチンも有り、お寿司・お刺身・ステーキ・天ぷら・海鮮焼き・麺類もその場で作ってくれる。つまり、握りたて・焼きたて・揚げたて・茹でたて!。
女性には嬉しい、デザート(果物・ケーキ類)も種類がたくさんで、目移りするほど。
どれも新鮮で、豪華で、ホントに美味しかった!。
もっと食べたかったけど、さすがにお腹いっぱいで・・・。

翌日の朝食も、バイキング。和食と和洋食の2種類があり、和洋食を選んだ。
朝のバイキングも、これまた種類が豊富で、どれを食べようか迷うほど。
美味しくて、またまたお腹いっぱい食べちゃった。

チェックアウトは11時(以前は確か10時だったはず)と、朝ゆっくり出来るんだけど、フェリーの時間もあるし、ちょっと市内観光もしたかったので、9時過ぎにはチェックアウト。

以前来た時よりも、サービスが良くなっており、料理の質も良くなった感じでした。
是非また函館に来たら宿泊したいですなぁ。

つづく・・・。

帰省~カニ飯&大沼だんご

予想通り、函館に向かう道路は空いていて、順調に南下。
伊達の道の駅を出てから約一時間後、長万部に到着。

長万部と言えば、「カニ」でございます。ここでお昼。
駅弁でも有名、「かにめし本舗かなや (ドライブインかなや)」へ入る。
いつも長万部に来たら、他のお店に行っていたんだけど(かなやさんのかに飯は、駅弁で何度か食べていたので)、今回は電車で来なかったため、駅弁は食べられなかったし、お店では食べた事が無かったので、ここにした。

B-20090909-3 
駅弁と全く同じトッピング。お店ではお味噌汁付き♪。 

お腹もいっぱいになって、さらに南下。
八雲を過ぎ、イカめしで有名な森町を過ぎて、お待ちかねの「大沼公園」に到着。
ここに来たら、絶対に欠かせないのが「大沼だんご」!。
去年電車で帰省した時、行きの電車では売り切れで買えず、帰りの電車では積み込まれなかったため、食べられず・・・。
やっと今年、食べられました~。

B-20090909-4
沼の家さんの「大沼だんご」は、胡麻+正油、あんこ+正油の2種類。
私はあんこの方が好きなので、「あんこ+正油」を購入。

天気が良ければ、大沼公園で景色を見ながら食べたかったんだけど、雨でそれも叶わず。
とりあえず、持ち帰る事に。
後ほど頂きましたが、何年経っても変わらぬ味、柔らかい一口サイズの団子、正油もあんこも絶妙な味で、飽きずに何個でも食べられそうなほど、美味しいです♪。

車はいよいよ函館へ。

つづく・・・。

帰省~伊達の道の駅

約一週間ほど実家に滞在し、いよいよ帰宅の途に就く事に。
途中、函館の湯の川温泉に一泊。
予定では、途中の八雲まで、高速道路を利用するつもりだったんだけど・・・。
久々に道内をドライブするので、山の中ばかり走る高速道路よりも、景色がたくさん見られる国道の方が良いのではないかと、下を通ってのんびり向かう事にした。
それに、この頃の北海道の学校は夏休みも終わっており、道路も混んではいないだろうと言う判断で。

この日の天気も、朝から曇り&霧雨。
途中通った室蘭には、「白鳥大橋」があり、ちょっと遠回りして渡りたかったんだけど、あいにく霧に包まれていたので、渡ったとしても景色は真っ白だろうと、断念。

通り沿いにいくつかある道の駅に立ち寄り、中でも印象に残ったは、伊達市にある「だて歴史の杜」。
道の駅の建物よりも、お隣に建っていた「びっくりドンキー」に目が行ってしまった(汗)。

B-20090909 B-20090909-1  B-20090909-2 
「歴史の町」と言うだけあって、びっくりドンキーの建物も、それに合わせての外観。
窓からは、牛が顔を覗かせ、屋根の上にもしゃちほこでは無く、牛。
凝ってるなぁ、と思わず関心。

車は、さらに南下して行きます。

つづく・・・。

帰省~雪印パーラー

昔から、札幌に行くと必ずと言って良いほど立ち寄るお店がある。
札幌駅南口から、大通り方面に向かった所にある、「雪印パーラー」。
ここのアイスクリームは、美味しいんですよぉ♪。

B-20090908
中でも、一番のオススメは、コレ。 「スノーロイヤルスペシャル」
「宮内庁御用達」とでも言うんでしょうか、天皇・皇后両陛下のために特別に作られたバニラアイスクリーム。
なまら美味しい♪。必ずコレを食べます。

今回、変わったメニューもあった。
ここはパフェも各種(普通サイズ~ジャンボサイズ)あるんだけど、コレは・・・。
B-20090908-1
今はもう終わってしまったけど、この時はまだ24時間テレビの前だったので、その企画で作ったようで(24時間テレビに募金させて頂きます、と書いてあったし)。
ホント、よく走ったよねぇ。ゴールが生中継されなかったのは残念だったけど。

つづく・・・。

帰省~札幌にてすれ違い通信(DQⅨ)

実家に滞在中、一日だけ札幌へ出掛けて来た。
ひろは、駅前のヨドバシカメラでお買い物。
今回私は特に欲しい物は無かったので、待っている間、店内をウロウロ。

せっかく大型電器店に行くんだからと、この日はDSを持参していた。
そこで、ドラゴンクエストⅨのすれ違い通信をしようと、ゲーム売り場へ行ってみる事に。
青森でも時々持って歩いてやっていたんだけど、ほとんどすれ違わないんだよねぇ。
この日まで、10人とすれ違うのがやっとだもん。

ところが、ヨドバシで「呼び込み」のセットをした途端、数秒もしないうちに3人入り(一度に3人までしか入らない)、再びセットしてまた数秒、また3人入ってきた。
そんな事を繰り返して、1時間も経たないうちに、すでに50人以上とすれ違い、「リッカの宿屋」も完成系に。
運良く、有名な二つの宝の地図もGet!。
結構みんな、持ち歩いているのねぇ。

わざわざ札幌に来てまでする事も無かろうに、とも思うんだけど、地元ではなかなか進まないのでね。
この日は雨が降ったり止んだりで、歩いてみて回る事もままならなかったし、ひろの買い物を待っている間(ヤツの買い物は長い・・・)、暇つぶしにちょうど良かったんだもん~♪。

つづく・・・。

CUEの日

明後日、2009/9/9は「CUEの日」。
9(CUE)が三つ並ぶからだそうで。そう言う日は、100年に一度しかないらしい。
今では全国的に人気になった、北海道のローカルタレント:大泉洋ちゃんが所属する芸能事務所、「CREATIVE OFFICE CUE」のイベントがあります。
詳しくはこちら→ OFFICE CUE THANK YOU PROJECT 09

9/9は、色々なイベントがあり、本やCDも発売されます。

B-20090907
ダメ人間 ~溜め息ばかりの青春記
ミスター水曜どうでしょう&CUEの社長である、鈴井貴之さんのエッセイ集。

B-20090907-1
OFFICE CUE THANK YOU BEST
ベスト盤を出すほど歌があったの?、と失礼ながら思ったんだけど、結構あるんだよね。
ドラバラ関係が多いんだけど、未発表曲・新曲も入ってます。

本はすぐに予約したんだけど、CDは迷ってました。
帰省中、車で移動している時に、ラジオから重ちゃん(戸次重幸さん)が、イベントの宣伝と「BEST盤が出るのでよろしくお願いしま~す」と言っていたのを聞いて、「あ、そう?、やっぱり買っておこ」と、結局帰ってから予約しちゃいました(笑)。

当日は、全国行脚キャンペーンや、鈴井さんのサイン会(9/7~9/9)が有るんだけど、ちょっと離れてて行けない。しかもすでに整理券の配布も終了。
ホントに、どうしてこういう時に地元にいないんだろうなぁ。(━┳━∇━┳━)およよ・・・
イベントに参加される方、楽しんで下さいね~。
私はCDを聞きながら、本を読んでCUEの日を過ごそう。
そして、ドラゴンクエストⅨ(9)でも遊ぼう(←面白くないシャレです)。

帰省~久々の実家

義実家への挨拶を済ませた後、私の実家へ。
母とは4月の手術の時に会っているけど、父とは約一年ぶり。
相変わらず二人とも元気そうで何より何より♪。

持ってきたおみやげを渡し、他に持ってきた荷物をあれこれ広げ、ようやく一息。
やっぱり実家が一番落ち着くなぁ。義実家と違って、綺麗だし(笑)。
先日買い替えたと言うテレビ、42型のビエラが、どどーんと置かれていた。
いいなぁ、私もコレ欲しいんだよねぇ。
冬のボーナスで、もう一台のテレビをコレに買い替えようとは思っているんだけど、どうしましょうか・・・。

一息付いてから、実家のパソコンのメンテ。
母がパソコン教室に通っており、メールやネットもやっている。
メンテは、デフラグ程度はやって貰っているけど、Windowsの更新やソフトの更新は、いつも帰った時にまとめてやっているので、かなり時間がかかる。
不具合のソフトもあったので、それも全部直して置いた。
機械オンチの母がねぇ、パソコンをやるとは思っても見ませんでしたわよ。
今じゃ、携帯電話も使いこなしているし。
父はもっぱらゲームばかりらしいけど(笑)。

私が家を出てから、二人でパソコンやら携帯電話やら、パークゴルフによく出掛けたりしている。
「パークゴルフ」は、北海道の幕別町と言う所が発祥の地で、道内では盛んなスポーツ。
二人してあちこちのパークゴルフ場へ出掛けて練習をしたり、大会に出たり。
町内会や地域での大会では、二人とも良い成績を出しているようで、その景品が部屋の押し入れ等にびっしりと置いてあった。
家庭用品が多いので、いくつかお裾分けして頂いてきました(笑)。

父も母も(義父母も)それなりに歳を重ねているけど、それに伴って病院に通ったり、薬を飲んだりしているけど、基本的には元気なので、ウチらは離れていても安心して暮らせてる。
逆に私の方が心配させている感じ(笑)。
両親は、この秋に旅行に来る事になっているので、また会えるから楽しみ♪。

つづく・・・。

帰省~義妹夫婦と甥っ子♪

苫小牧に上陸し、通りすがりに見つけたファミレスで朝食を取った後、義実家へ向かう。
ちょうど義妹夫婦も来ており、一年ぶりの再会。

義妹には二人息子がおり、長男坊はもうすぐ四歳になるのかな、次男坊は十ヶ月くらい。
去年帰省した時、次男坊は義妹のお腹の中にいたので、会うのは初めて。
人見知りがちょっと激しいと言っていたんだけど、最初警戒していたものの、やっぱりママのお兄ちゃんだからなのか、ウチらには泣く事も無くニコニコ♪。
と言うより、持って行ったお土産に夢中だったような気もするけど(笑)。

長男坊は去年も会っているけど、まだ小さいから記憶は無かったみたい。
去年はミニカーが大好きで、ブーブー言いながら遊んでいたけど、今は仮面ライダーに夢中なんだそうで、フィギュアやらカードゲームやらベルトやら、色々転がってたなぁ。
一年も経てば、こうも変わる物なのねぇ。

義妹親子は、一ヶ月近く実家にいたようで(旦那様は後日合流)、ウチらが行った翌日に帰宅(道内に住んでいるけど、実家から離れている)。
その日は、ジンギスカンをするからとお呼ばれして、義実家に遊びに行ったんだけど・・・。

食後、義妹は帰る準備で荷物をまとめて車に積んだりと、休み無く動いていた。
旦那様はと見ると、ソファーで横になって、お菓子を食べながらウチらと一緒にテレビを観ていて、手伝う様子は全く無い。
思わず「手伝わなくて良いの?」と言いそうになったけど、ひろや義母が言わない事を、私が言うのもどうかと、黙っていた。
全て荷物を積み終わって出発の準備が出来た時、ようやく腰を上げ、帰って行った。

後でひろに聞いてみたら、いつもそうらしい。
義妹の旦那様の実家はちょっと変わっているようでね、その影響もあるのではないかと。
義妹もかなり不満はあるようだけど、今さら言っても直るような事では無いので、諦めているみたい。
あれでは義妹は大変だわ・・・。
温厚で子供好きで、感じの良い人なんだけどねぇ。
もし、ひろがそうだったら、私はぶち切れて一発二発食らわす所だわ(笑)。
そう言う人じゃなくて良かった~♪。

義妹夫婦が帰った後は、まるで嵐が去ったような静けさ。
義母も、やれやれと言った感じ(笑)。
義母のお兄さんも来ていたので、家まで送りに行くからと、そこに畑もあるから一緒に行こうと誘われ、ひろと四人で行ってきた。
これまた広い畑。昔は農業をやっていたそうでね。
今は趣味でやっていて、とうきびやトマトや茄子やじゃがいも等、色々作っていた。
趣味とは言え、元は農家だから本格的、味だってお店に出しても良いくらい美味しい。
ごっそりと野菜を貰って、義母兄の家を後に。

途中、タカ&トシが北海道ローカルでやっているTV番組、「どぉーだ!Presents タカトシ牧場」があり、観光名所になっていた。
ちなみに、そのもう少し先にあるソフトクリーム屋さんで、義母がソフトクリームを買ってくれたんだけど、絶品でした~♪。
こぢんまりしたログハウスで、メニューはバニラのみだけど、これがなまら美味いっ!。
有名なようで、路肩に車がかなり停まっていて、行列が出来てました。
うろ覚えだけど、たぶんココ
この辺りは牧場が多く、それぞれの牧場直営でソフトクリームを売っているので、食べ比べしてみるのも良いかも。

つづく・・・。

帰省~苫小牧港着

朝5時過ぎに起床。
7時には苫小牧に到着するので、早々に起きて仕度をし、出発の準備をしておかないと行けないのでね。
シャワーを浴びて、身支度。

B-20090902 
船室の窓から見た景色。うっすらと北海道が見えてました。

仕度を終え、荷物もまとめ、いつでも降りられる状態にして、甲板に出てみる事に。
この日も天気が良く、波は穏やか。
すると、見覚えのある山、樽前山が見えていた。帰ってきた~、って感じ♪。
B-20090902-1
朝靄がかかっていて見にくいけど、樽前山です。
今は火山活動があるらしく、登山に関しては立ち入り禁止の区域が多いようだけど、昔はたくさんの人が登山に訪れるほど、人気の山でした。
割となだらかな山で、子供でも登りやすい。私も子供の頃、両親と何度か行きました。

ふと海を見ると、何かウヨウヨと動く物が。
なんとぉ!、イルカでした。
小さめのイルカで、群れになってあちこち泳いでました。
 B-20090902-2 B-20090902-3
なかなか上手い具合にシャッターが切れなくて。
船についてきたり、親子だったり、可愛かったなぁ~♪。

B-20090902-4 B-20090902-5
苫小牧の街並みがはっきりと見えてきて、もうすぐ9時間の船旅も終わり。
到着30分ほど前に、車両区域への立ち入りが許可されたので、荷物を運んでおいた。
苫小牧港に到着し、接岸する様子を見て、二人で車に乗り込む。下船は同乗者も一緒。

ようやく北海道に上陸、苫小牧港から実家へと向かう。
苫小牧は、北海道を出てから初めて走るので、8年ぶり。
実家までの道中、新しい建物が出来ていたり、街並みが変わっていたり、懐かしさ&感慨深げに車窓を眺めてました。
車で帰ると自由が利くから良いよね。
船旅も良かったし、今後の帰省はフェリーになりそうだなぁ。

つづく・・・。

政権交代

選挙も終わり、結果は民主党の圧勝。
民主党がかなり有利ではないかとは私も思っていたけど、ここまで圧勝するとは・・・。

かなり不満なマニフェストもありますが、国民が選んだ結果。
民主党さんがこれからどのようにしてマニフェストを一つ一つクリアしていくのか、それによって私達の生活がどのように変わっていくのか、良くなるのか悪くなるのか、見ていくしかありません。

それにしても、本当にマニフェストは実行出来るんでしょうかね?。
子ども手当、公立高校の無料化、ガソリン税等暫定税率の廃止、高速道路無料化、等々。
「支給」や「無料」とうたっているけど、本当に財源はあるのかしら?。
こういう言葉がありますよねぇ、「ただより高い物はない」。
財源が無くなって、結局私達が負担しなければならない、と言う事にならなければ良いんですけど。

これから四年間(途中解散が無い限り)、民主党の政治的手腕を見せて頂きましょう。
その結果が問われるのは、四年後の次の選挙の結果に表れるでしょうね。
「民主党で良かった」となるか、「やっぱり自民党でなければ」となるか。
それを私達は、きちんと見極めていかなければなりません。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ