フォト

kazuyoのページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アクセスカウンター


« Wお祝い | トップページ | 優良運転者表彰 »

特定健診

先日喉を痛めて病院に行き、薬を飲んでいるにもかかわらず、さらにハスキーなヴォイス、と言うより、完全に声が潰れてしまった私デス。
電話がかかってきても出るに出られず、スーパーへ買い物に行くと、こう言う時に限って、通りすがりに色んな人から道を聞かれたり・・・。
まぁ、時間が経てば元に戻る・・・・、と良いけどなぁ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

先日、ひろの仕事先の健康保険組合から、「平成21年度 特定健診・特定保健指導のご案内」と言うのが届いた。
言えば、「被扶養者対象の健康診断」。
専業主婦は無職だから、健康診断を受ける機会が無く、自分で病院や自治体に申し込んで、受けなきゃならないのよね。
なので、こういうのはありがたい。しかも費用は健康保険組合が全額負担だし♪。

でも、結婚して何年も経ってるのに、これが来たのは初めて。
冊子の中を見てみると、「40歳以上~75歳未満の被扶養者が対象」と書いてあった。
「まだ40歳になっていないのに何で???」と思ったら・・・。
「平成21年度」だから、今年の4/1~来年の3/31までに、その年齢に該当する人が対象なんだとさ。
もう40歳扱いかぁ・・・。(━┳━∇━┳━)およよ・・・。

冊子には、特定健診が受けられる病院や検診センターがズラッと書かれていて、市内の病院を希望して申し込みをしたんだけど・・・。
昨日だったかな、その病院は特定健診の取り扱いを止めたそうで、他の病院に変えて欲しいと、受付センターから連絡が来た。
市内ではそこ一軒だけだったので、仕方なく隣町の検診センターに変更して貰った。
全くもぅ~、検診一つも受けられないとは、ここの市はどうなってるやら。

« Wお祝い | トップページ | 優良運転者表彰 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、お邪魔致しますhappy01
筋腫核手術経験者です、といっても10年前で
開腹でしたが…そして、2週間入院でした。

今は筋腫治療の技術が進み、腹腔下がメインで出来るようになったんですよね。

ココに辿りつく要因は、核手術をし10年経過し
最近、また生理が重く感じるようになり
婦人科受診した所、摂りきれなかった筋腫が巨大化しており治療を始めることになりました。

以前はスプレキュアという脳下垂体に作用する薬で生理を止め、筋腫を小さくし核手術をしました。

今回は生理3日目に注射で生理を止め
3ヶ月後に開腹にて全摘の予定です

粘膜下筋腫が受精卵の着床を妨げていたようで
術後1年で妊娠が発覚、帝王切開の予定でしたが
自然分娩で出産し、その子も9歳になりました

育児に追われ、検診を怠っていましたが
その後、第2子も授かりその時も自然分娩でした。

ご存知だと思いますが、小さな筋腫が残っていると
大きくなる可能性があります。
定期的に検診に行き、大事になさって下さいね。

それと、「親愛なる子供達へ~」私も読みました
介護の仕事をしている関係もありますが
仕事が行き詰った時に
読み返して心を穏やかにしてます。

明るく前向きな姿が素敵だな~と
お邪魔させて頂きました。

初めまして。コメントありがとうございます。
私の場合、腹腔鏡下手術を受けましたが、筋腫の大きさが腹腔鏡下で行える範囲であった事、筋腫が出来た場所が子宮の真上に出来ていた事、技術力のあるお医者様に出会えた事。
その幸運が重なって、全て取り除いて頂く事が出来ました。

再発する事があるかどうかは分かりませんが、今後も定期的に検診を受けるようにしていくつもりです。
私の場合、全くと言っていいほど自覚症状は無かったので(生理が重い・不正出血等)、検診に行かなければ見つけて貰えなかったと思います。
やはり検診は大事ですよね。
momo&taiさんは現在、手術に向けて治療しているんですね。
くれぐれもお体を大事に、手術が成功する事をお祈りしております。

「手紙」の詩は、特に介護のお仕事をされている方には、かなりの反響があったそうです。
いずれ私にもそう言う日が来た時、この詩を思い出して、そんな風に看てあげられたらいいなと、思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Wお祝い | トップページ | 優良運転者表彰 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ