フォト

kazuyoのページ

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

アクセスカウンター


« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月の記事

特定健診

先日喉を痛めて病院に行き、薬を飲んでいるにもかかわらず、さらにハスキーなヴォイス、と言うより、完全に声が潰れてしまった私デス。
電話がかかってきても出るに出られず、スーパーへ買い物に行くと、こう言う時に限って、通りすがりに色んな人から道を聞かれたり・・・。
まぁ、時間が経てば元に戻る・・・・、と良いけどなぁ。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

先日、ひろの仕事先の健康保険組合から、「平成21年度 特定健診・特定保健指導のご案内」と言うのが届いた。
言えば、「被扶養者対象の健康診断」。
専業主婦は無職だから、健康診断を受ける機会が無く、自分で病院や自治体に申し込んで、受けなきゃならないのよね。
なので、こういうのはありがたい。しかも費用は健康保険組合が全額負担だし♪。

でも、結婚して何年も経ってるのに、これが来たのは初めて。
冊子の中を見てみると、「40歳以上~75歳未満の被扶養者が対象」と書いてあった。
「まだ40歳になっていないのに何で???」と思ったら・・・。
「平成21年度」だから、今年の4/1~来年の3/31までに、その年齢に該当する人が対象なんだとさ。
もう40歳扱いかぁ・・・。(━┳━∇━┳━)およよ・・・。

冊子には、特定健診が受けられる病院や検診センターがズラッと書かれていて、市内の病院を希望して申し込みをしたんだけど・・・。
昨日だったかな、その病院は特定健診の取り扱いを止めたそうで、他の病院に変えて欲しいと、受付センターから連絡が来た。
市内ではそこ一軒だけだったので、仕方なく隣町の検診センターに変更して貰った。
全くもぅ~、検診一つも受けられないとは、ここの市はどうなってるやら。

Wお祝い

昨夜はお友達、敬愛するお姉サマと、お祝いの飲み会。
お姉サマは5月が誕生日でそのお祝い+私は子宮筋腫手術の快気祝い。
で、ダブルのお祝いと言う事で、乾杯♪。

ひろ以外の人と飲みに行くのは久しぶり。忘年会以来かな。
ひろはほぼ下戸なので、相手にならない(笑)。
二人は結構飲むので、飲んででも楽しい♪。

居酒屋に行き、カラオケに行き、ショットバーに行き、飲むわ飲むわ・・・。
美味しいカクテルのお店に連れて行って貰ったりして。
楽しいひとときでしたぁ♪。
一つ残念だったのは、一昨日から喉を痛め、久しぶりのカラオケで色々歌いたかったんだけど、声が思うように出なくて・・・。

今朝は、さらにハスキーなヴォイス(笑)。
時間が経つにつれて咳も出てきたので、念のためと近くのクリニックに行ったら、「ちょっと喉が腫れてます」と言われ、薬を処方してくれた。
ここ数日、口開けて寝てたようだから、部屋も乾燥気味だったし、てっきりそれで喉を痛めたのかと思っていたんだけど。
ちなみに、新型インフルエンザではありません。熱も無いので。

咳が少し出るから、マスク買いに行ったんだけど、どこも売って無いのよねぇ。
ネットでもほとんどが在庫切れ。
前に見た時、やっぱり買っておくべきだったなぁ。
家にあったガーゼのマスクをして、しばし家でおとなしくしてます・・・。

「子宮筋腫摘出手術」 入院・手術給付金

生命保険会社から、入院・手術給付金が支給されました~。
生命保険に関しては、加入している保険会社・契約内容によって違いがあります。
今回私が給付を受けた内訳を載せておきます。

ちなみに、私が加入している入院保険の内容は・・・。
入院医療特約→日額¥10,000で、5日以上継続入院の時、5日目から支払い』。

★入院給付金
5泊6日の入院で退院日も適用されるため、全部で6日間の入院。
5日目からの支給なので、2日分。
¥10,000x2日=¥20,000」 となる。

★手術給付金
手術給付金は、入院給付日額に、その手術の種類に応じて給付倍率が設定されており、それを掛けた金額が支給されます。
給付倍率は、保険会社によって多少違いは有るかも知れません。
参考までに、コチラを。

今回私が受けた手術は、「腹腔鏡下子宮筋腫核手術」。
手術の種類は「その他の子宮手術」に分類されるようで、給付倍率は「20」。
入院給付日額¥10,000x20倍=¥200,000」となる。 

と言う事で、『入院給付金¥20,000+手術給付金¥200,000=\220,000』の支給となりました。

やはり保険には入っておくべきですねぇ~♪。
一つ失敗したのは、「短期入院特約(入院1日目から支給)」に入っていなかった事。
以前ひろが入院して、短期と長期の入院保険、両方に入っていた事を知った時、私も再度確認して置くべきだったなぁ。
なんて今言っても仕方のない事ですが・・・。

もう40歳間近と言う事で、今よりも病気にかかるリスクがだんだん高くなってくるし、いつまた何があるか分からないので、「短期入院特約」にも加入する事にした。
今払っている保険料よりも¥600程度上がるだけなので、それくらいなら良いかと。
病院にお世話になる事無く、健康でいられる事が一番なんだけど、万が一の為にね。

定額給付金頂きました~

定額給付金が、ようやく口座に入金。
何に使おうかなぁ~、旅行にでも行こうかなぁ~、なんて思っていたけど、いざ口座に入ると、生活費と混ざっちゃって、知らないうちに使ってしまいそうな感じ(笑)。
だったら、下ろして封筒にでも入れて、しまっておけば良いんだろうけどさぁ。

色々な法案が成立して、定額給付金・エコポイント・車のエコ減税・高速道路¥1,000等、興味を惹かれる部分ではあるけど・・・。

定額給付金を貰ったから、旅行にでも行こう。
エコポイントが貰えるから、冷蔵庫買い替えよう。
車のエコ減税だから、車買い替えよう。
高速道路¥1,000だから、お休みの日は出掛けよう。

ってな具合に、踊らされている様な・・・。
しかも期間限定の物もあるから、購入予定があるなら適用されている間に・・・、なんて、せかされている様な気がしないでもない。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
目先の事にとらわれ過ぎないよう、ちゃんと計画的にやって行かなくては。

とりあえず、どっかゆっくり温泉にでも行きたいなぁ。

押し花帆布携帯電話ケース

今回新しい携帯電話を買ったので、ポケットに入れたりとガサツに扱わないよう(笑)、ちゃんとケースに入れて大事にしようと、あれこれケースを探してみた。
ネットで検索すると、気に入った物が見つかったので、サイズもちょうど良かったし、注文して、今日届きました~♪。

B-20090516  
本物志向、生花をとじこめた 押し花帆布携帯電話ケース(クローバー)

楽天市場の、携帯ストラップ・携帯グッズ専門店ストラップヤ!さんにて購入。
名前の通り、お店には、携帯ケースを始め、ストラップなど、携帯グッズがたくさん。
シンプルな物から実用的な物、デザインに凝っている物等、たくさんあって、見ているだけでも楽しい♪。

この花(クローバー)は造花では無く、本物。押し花にして、シートの間に挟まれている。
他にも、「バラ」「さくら」「ノースポール」「あじさい」「ビオラ」が有ります。

どれも綺麗で迷ったんだけど、クローバーはシンプルで、季節感無く使えるかなと。
それぞれ花言葉もあって、クローバーの場合は、「名声・富・満ち足りた愛・素晴らしい健康・真実の愛」。
花言葉までは気にしてないけど、「素晴らしい健康」と言うのは良い言葉かな。

B-20090516-1
細長なので、今回買った携帯電話のサイズにぴったりで、ベルトの部分はフックだから、簡単には外れない。
ボタンやホックだと、知らない間に取れている事もありそうだし、その辺も安心。
可愛くてオシャレで、すっかりお気に入り♪。
思っていた以上に良かったので、他のお花の物も欲しくなっちゃったな~。

手紙 ~親愛なる子供たちへ~

B-20090514
手紙 ~親愛なる子供たちへ~  (CD)
手紙 ~親愛なる子供たちへ~  (書籍)

現在、高齢化社会である日本で、老後の生活や介護の問題に直面してきている中・・・。
この「手紙~親愛なる子供たちへ~」と言う曲が、話題になっている。

それを歌っているのは、「水曜どうでしょう」でおなじみ、番組のテーマ曲でもある「1/6の夢旅人2002」を歌っている、樋口了一さん。

私の感想を書くよりも、実際に歌詞を見て頂いて、感じてくれた方が良いでしょう。

手紙~親愛なる子供たちへ~
歌詞全文は、コチラで。

ラジオでもおなじみ、大沢悠里さんが朗読されているページも公開されています。
樋口了一さんからのメッセージもあります。コチラから。

YouTubeでは、PVも一部公開されてます。コチラから。

いつか、親がそうなった時、私はそう思う事が出来るだろうか・・・。

iida G9 by.au

B-20090513
iida G9 (詳しくは、コチラ
携帯電話、買い替えちゃいました~♪。

今まで持っていたのは、もう傷だらけで塗装も剥げて、契約の二年も経ったし、そろそろ買い替えたいなぁ、とは思っていたんだ~。
したっけ、auで新しいブランドの携帯電話が、先月発売されて、電器店へ何度も見に行ってたんだけど、やっぱりデザインが良くて気に入ったので、今日買い替えちゃった♪。

いつもはauショップで買っていたんだけど、今回は家電量販店にて。
料金は、今はauショップも家電店でも同じだと言うし、新規オープンのお店だったのでオープンセール値引と、貯まっていたポイントで、ちょっと安く買えました♪。
だから、今日買ったと言う事もあったんだけどね。(^ー^* )フフ♪

色は三種類。
解説のページによると、カラーごとにチタンフレームが異なっているそう。
ピンクは、「mirror+pink」と言う事で、ミラー仕上げ。
グリーンは、「black+green」と言う事で、フレームに光沢入り。
シルバーは、「titanium+silver」と言う事で、マットな仕上げ。
私が買ったのは「ピンク」。
その辺は、あまりこだわらなかった、と言うよりも、気付かなかったと言うか、ただ単にピンクの色が良かっただけで・・・(笑)。
ちなみにそこのお店の売れ筋は、シルバー、ピンク、グリーン、の順だそうです。

スライド式なのは良いんだけど、ボタンがちょっと押しづらいのが難点かな。
慣れれば問題無いと思うけど。
あと、電池の減りも早いような・・・。
まだ操作も覚えていないので、四苦八苦してますが、基本的な機能はだいたい同じ。
今回はワンセグが付いているので、TVも見られるようになった♪。

私は神経質な性格なんだけど、携帯電話に関しては、ポッケにそのまま入れたり、じゃらじゃらとストラップを付けたり(携帯電話よりも重かったりも)、ちょっとガサツな扱い。
その点ひろは、同じ日に買ったとは思えないほど、二年以上経った今でも、ほとんど傷もなく新品みたい。
ちゃんと携帯ケースに入れて、丁寧に扱っているんだよね。
この前会った母も、ちゃんと携帯ケースに入れて大事にしていたし。

二人の物と比べると、私の携帯電話はガサツに扱われて、なんて可哀相なんだろう・・・。
今回は、ストラップも一つにして、そのうち気に入った携帯ケースを探して、丁寧に大事に扱おう。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

auの料金プランも変わったのね。
シンプルコースと、フルサポートコースの二種類。
シンプルコースは、本体の値段は高いけど、基本使用料は安く、買い替えも自由。
本体の分割払いもOK(途中で買い替えたら、残りも払う)。
私はコチラのプランにして、一括で払ってきましたが。('-'*)ホホホ。

ちなみにフルサポートコースは、本体の値段は安いけど、基本使用料はそのまま、二年間は継続利用が条件で、途中解約は料金がかかる。ポイントは、多く付くようだけど。
詳しくは、HPやお店でご確認を。

スタイリッシュな感じで、とても良いよぉ♪。

★追記★
液晶フィルムがまだ店頭で発売になっていないので、モバイルフィルムさんで購入。
「iida G9専用 AR液晶保護フィルム」は、こちらから。
「iida G9専用 プライバシーフィルター」は、こちらから。
枚数が少ないと、メール便¥100で送ってくれます。
すぐに対応して送ってもらえますが、メール便のため、届くのに少し時間がかかります。
3~4日かかった気がします。
早めに欲しい方、速達希望なら、+¥100(¥200)で送ってくれますよ~。

診断書出来上がり~♪

昨日病院から、生命保険会社に提出する「診断書」が出来上がった、と連絡が来たので、さっそく今日、ひろに車を借りて取りに行って来た。

婦人科の外来窓口にて診察券を出し、診断書と精算書を受け取る。
診断書は保険適用外だから、全額実費で、¥5,250でした。

これでホントに、病院とはお別れ。
もう通院しなくて良かったような、寂しいような・・・(笑)。

で、いくらくらい保険が下りるのかしらん~。( ̄m ̄* )ムフッ♪
ウチの生命保険は、結婚した時に、私の分は一度見直して再契約し、ひろは新規で契約。
その時は気付かなかったんだけど、私の場合、「短期入院特約(入院一日目より給付)」に入っていなかったのよねぇ。
ひろはちゃんと入っているんだけど。

私はずっと昔から入っていて(母に任せっきりだったけど)、その当時は「短期入院特約」というような物は無かったと思うんだ。あったらきっと入っていただろうし。
出来たのも知らずに、更新しちゃったんだろうな。
ひろが契約した時にも、もちろんそう言うのは無いと思ってたから、気にしていなかったんだけど、以前ひろが入院した時、入院一日目から入院費が出ていたので、びっくり。
保険証書をよく見たら、「短期入院特約」とちゃんと書いてあった。
ずーっとお世話になっている保険の担当の方に、全部お任せで頼んだんだけど、ちゃんと付けてくれてたんだなぁ。
何故に私にも付けてくれなかったのぉ~。くすん・・・。

今回の入院分には間に合わないけど、今後また何があるか分からないし、見積して貰ったら、今の保険料に¥600程度増えるだけだと言うので、「短期入院特約」を付けてもらう事にした。

なので、今回の入院費は、四日目以降の分しか出ない・・・。
一日一万円で、五泊六日だったから、三万円か?。退院の日も適用?。
どっちにしても、入院費は数万かぁ・・・。
あと手術費が、どれくらい出るのかなぁ。 ̄m ̄ ふふ

子宮筋腫のレポ(HP用)、もうすぐ完成

今日からまた普通通り。
通院も終わって、ホッと一安心したところ・・・。

今日は一日中、ホームページビルダーとにらめっこ。
子宮筋腫のレポを早々に仕上げてしまおうと、朝から取りかかってる。
外は一日中雨だし、ウォーキングにも出掛けられない・・・、出掛ける気が無いので、ひろが帰宅するまで、缶詰になってやっております。

そのおかげで、だいぶ目途が付き、明日には全部アップ出来そうな状況かなぁ。
blogとほとんど同じだけど、もう少し細かく、食事のメニューなんかも載せたりしてます。
今後、同じ手術を受ける方に参考になればいいなと、後は自分が体験した記録を残しておきたかったので、作ってます。

その途中、病院から、退院時に提出した「診断書」が出来上がった、と連絡が来た。
2~3ヶ月かかると言われていたんだけど、あまりにも早く出来たのでびっくり。
明日にでも取りに行って、早々に保険会社に提出して、給付を貰おう♪。

さっさとレポを仕上げないと、忘れてしまうと言う事もあるんだけど、大好きなゲーム、遊べないのです(笑)。
遊べないと言うより、遊んじゃうとレポが後回しになり、いつ仕上がるか分からないので、出来上がるまでお預けにしているワケです。
(先日買ったPSPが、「遊ぼ~」と言っているような気がする~)。
傷の痛みが無くなったら、またWiiのシェイプボクシングも始めなきゃ。

昨日、Wii Fitとマットをゲームショップで買い取って貰った。
全くやらなくなり、ずっと箱にしまったまま。ここに来てから使ったかなぁ?、ってくらい。
多機能な体重計も買ったのでWii Fitで体重管理する必要は無くなったし、それよりも出してセットするのが面倒で面倒で。
マット敷いて、ボードセットして、TV付けて、Wiiの電源を入れて、ソフト入れて・・・。
・・・( ̄  ̄;) うーん、面倒だ。
さすがにWiiまでは、ビエラリンクしてないし(笑)。
Wii Fitのゲームもいまいち、と言うか飽きてきたし、効果も全然出なかったし。
シェイプボクシングの方が断然効果が出ていたので、それ一本に絞ろうと。
たぶんもうやらないWii Fitは、売っちゃった。
今また欲しい物が出てきたので、その資金源に。 ̄m ̄ ふふ

あとちょっとで仕上がるから、もう少しの我慢。

「子宮筋腫摘出手術」・退院後初めての診察

子宮筋腫摘出手術を受け、退院して約二週間後の今日、診察の予約をしていたので、朝っぱらから病院へ行って来た。
術後、麻酔で意識が朦朧とした中で、主治医の先生の声を聞いただけなので、先生会ってお話しするのは、術前説明以来。

診察室に呼ばれて、現在の体調を聞き、内診室に移り、エコーで診察。
お腹の傷の具合も見て、再び診察室に戻る。
エコーには、異常無し。
痛みもほとんど無いので、もう大丈夫でしょうと。

ひろや母からは手術の結果を聞いてはいたけど、改めて先生に聞いてみた。
私の筋腫は、子宮の上に6cm程の大きさの物が出来ており(漿膜下筋腫)、お腹の中で子宮と筋腫を切り離し、繋がっていた子宮の上の部分を縫い、取った筋腫は細かく切って、鉗子で摘出。
その後確認した卵巣や子宮は、全く問題無く綺麗でした、との事。
妊娠については、やはり半年は期間を置いた方が良いそうで、来年には解禁(笑)。
今後は、一年に一度、筋腫が再発していないか診てもらったり、ガン検診を受けたりと、定期的に検診を受けて下さい、との事。

これで、今回の子宮筋腫に関する診察は、今日で全て終了で~す♪。
今年の一月から三軒も病院を移り、二ヶ月待ちで手術を受け、五泊六日の入院生活。
術後は思っていた以上に回復が早く、退院後は定期的に診察があるのかと思っていたけど、今日一回でおしまい。
ただ、生命保険会社に提出する診断書を預けているので、引き取りにもう一回は病院に行かなきゃならないけど。って、それは診察とは関係無いし。

今回は、良い病院に、良い先生に巡り会えて、本当に良かった!。
綺麗に筋腫を切除して貰えて、卵巣等もチェックして貰えて異常が無い事がはっきり分かったし、術後早々に退院出来たし、経過も順調だしね。
全て先生のおかげ♪。
深々と頭を下げてお礼を言って、診察室を後にしてきました。

全快と言う事で、今日からお風呂も解禁!。ずっとシャワーだけで寒かった・・・。
温泉にも行けるぞ~♪。
「全快祝い♪」と、帰りにケーキを買っちゃった(単に食べたかっただけだけど)。

B-20090511
お気に入りのお店、nico cakes にて。

これにて、子宮筋腫手術のレポ(blog編)は終了。HPの方も、早々に仕上げておきます。

ドライブへ ~うみねこライン~

今日は良い天気でドライブ日和♪。
いつものごとく八戸へ向かったんだけど、あまりにも天気が良いので、どこか行きたくなり、道路地図を開く。
海沿いの方へ行ってみようと、途中からフェリー乗り場方向へ向かい、そこから八太郎大橋と八戸大橋を渡り、築港街を抜け県道1号線へ。

最初に立ち寄ったのは、「蕪島」と言う、ウミネコの繁殖地へ。国の天然記念物にも指定されている。
「繁殖地」と言うだけあって、なまらすごいです!、ウミネコの数と地面一面の糞・・・。
B-20090509  B-20090509-1
鳥居の上は、蕪島神社。
黄色く見える菜の花の中にも、神社にも、無数のウミネコが・・・。
右の写真の白く見える点々は、全部ウミネコ。これはまだほんの一部。
人に慣れているのか、近づいても逃げる様子は無い。
神社に続く石段も、神社も、駐車場も、ウミネコの糞だらけ。
臭いもすごいし、ミャーミャーと言う鳴き声もすごい・・・。
いつ、おみまいされるか(糞をかけられるか)分からないので、早々に退散(笑)。

再び一号線、「うみねこライン」を南下すると、広い砂浜が見えてきた。
B-20090509-2 
それが、白浜海岸。
海水浴場にもなっており、当然まだ営業はしていないけど、外人さんがテントを張ってキャンプをしていた。
すごく広くて綺麗な砂浜で、海水浴時期にはかなり賑わっているんだろうな。
ずっと向こうの方ではサーフィンをしている人たちも。
しばし砂浜を散策。
ちょっと風が強かったけど、今日は半袖でもちょうど良い感じ。気持ち良かったなぁ。

再び、「うみねこライン」を南下し、種差海岸へ。
B-20090509-3
海辺には珍しく芝地。海岸は岩でゴツゴツ。
お弁当持って、ピクニックに来たい場所だわ~♪。

再び、「うみねこライン」を南下し、大蛇付近へ。
ちょうど干潮で、潮干狩りをしている人たちがいたので、車をちょっと脇に停めさせてもらって、見に行ってみた。
何を採ってるのかは分からなかったけど、色んな貝が潮だまりの中にあったなぁ。

県道1号線の終点は、国道45号線に繋がっているので、そこから八戸へ戻る。
途中、「道の駅 はしかみ」で休憩。
ちょうどお昼だったので、レストランにて名物のラーメンを頂く。

B-20090509-4 B-20090509-5
左は、私が注文した「海鮮ラーメン」。
海鮮エキスたっぷりの塩スープに、イカ・ツブ・ムール貝・ホタテ・エビ・ウニ・いくら・海藻が入ってました♪。
右は、ひろが注文した「いちご煮ラーメン」。
スープは同じく塩味で、ウニ・ホタテ・アワビが入っており、麺がちょっと緑色をしていたので、海藻が練り込んであるのかな、贅沢なラーメン。

「いちご煮」と言うのは、「苺」を煮たものでは無く、ウニとアワビをお吸い物にした、ここの地方の特産物。
青森に引っ越して来て初めて聞いた時は、「苺」だとばかり思ってました(笑)。

道路地図で、このライン・海岸があるのは知っていたんだけど、今日まで行った事は無かったし、実際に行ってみてすごく良かったので、また天気が良い時にドライブに行きたいな。
あっ、蕪島はもういいですけどねぇ・・・(笑)。

弘前公園桜祭り

GW後半初日の5/2、ETCの休日特別割引(¥1,000)を利用して、弘前まで出掛けて来た。
この休みはどこにも行けず終い、と思っていたんだけど、体調も良いし、弘前までなら高速道路もそんなに混まないだろうと、行ってみる事にした。
ETCも付いている事だしね、利用出来る物は利用せねば(笑)。

ホントは盛岡辺りまで、小岩井農場や近くの温泉で一泊したかったんだけど、自宅のお風呂もまだ入浴許可が出ていないのに、温泉は余計にダメだろうと、泣く泣く断念。
でも弘前なら、GW期間は桜祭りをやっているし、青森にいる間に一度は行っておきたかったし、行くなら桜の咲いている今時期がちょうど良いだろうと言う事で。

高速道路は、関東周辺のように混まないとは思いつつ、一応早めに出発。7時半には自宅を出て、高速に乗る。
八戸自動車道を通り、安代JCTで東北自動車道の青森方面へ。青森を周回する感じ。
途中に寄った、花輪SAで食べた「八幡平ポークフランク」がなまら美味しかったな~。
帰りにも寄って、また買って食べたほど♪。

「黒石IC」で下車。
高速道路は全く混んでいなかった。都会の渋滞がウソのよう・・・。
弘前に行くなら「大鰐弘前」で下りるのが妥当なんだろうけど、地図を見ると高速道を路下りた後、青森に通じる国道7号線に乗るため、もしかしたら混んでいるかもと・・・。
なら、黒石ICまで乗って(どこまで乗っても¥1,000だし)、102号線のバイパスを通った方が良いのではないかと判断して、黒石で下りる。
ウチの車には、ナビが付いていないので、私が道路地図を見て、ラジオの道路情報を聞きながら、通る道を決める。地図を見るのは得意なんです~♪。

バイパスも混んでなく、弘前公園近くまでは順調に来たけど、さすがに公園周辺は混雑していた。みんな駐車場を探すのに、ぐるぐると回っていた様子。
臨時の駐車場があちこちに出来ていて、一日¥1,000の所、しかも自宅前を駐車場にしていた一軒のお宅に停めさせて貰った。
敷地の広いお宅では、「臨時駐車場」なんて看板建てて、線を引いて駐車場にして・・・、って所が結構あった。ちょっとしたお小遣い稼ぎになるわねぇ。( ̄ー ̄)ニヤリッ

弘前公園に来るのは何年ぶりだろう。中学の修学旅行以来だから、えーっと・・・(苦笑)。
残念ながら、桜はほとんど散っていて葉桜に変わりつつある状態。
しだれ桜がいくつか残っていたのと、遅咲きの桜が咲き始める状態だった。
一週間早ければ、一番の見頃だったんだろうけどなぁ・・・。

弘前城(本丸)まで行ってみようと思ったら、そこは有料区域なのね。
入ろうかどうしようか、とりあえず周りを歩いてみたら、お城が見えたので、それで十分だと写真を一枚。
B-20090507  B-20090507-1
みんな同じ事を考えていたようで、外堀から写真を取っている人が多かった(笑)。

色んな出店も出ていて、私は小さいタコが丸ごと入ったたこ焼きを、ひろはアジの塩焼きを買って一休み。

その後は、弘前公園の外にある洋風建築物を見て回る。
B-20090507-3 B-20090507-2
左が「青森銀行記念館(旧第五十九銀行)」、右が「旧弘前市立図書館」。
青森銀行記念館の中の見学も有料なんだけど、この日は無料開放日だったので、中に入ってみる事に(なんかケチくさいウチら・・・)。
中は銀行と言うだけあってお金に関する資料館のようで、昔のお金・小判や小銭、ウチらには懐かしい500円札とか、いろいろ展示されていた。
近代的な街並みの中に、こういう洋館があるのは、何となく函館に似てる。

その後、同じルートを通って帰宅。
帰りも全く混んではいなかった。ICの出口で表示された金額は、往復共に¥1,000。
安いと高速道路を利用するには助かるよね。

でもこれってETC搭載車だけでしょう?。しかも土日祝日のみ。
ETCを利用していない車や、まだ予約中で取り付けられていない車。
それにサービス業の方は、土日祝日は仕事で、休みは平日。
こういう方達は、このサービスを受けられない。これって不公平だよね。
¥1,000とまでは行かなくても、半額とか、割引サービスがあっても良いと思うんだけどな。
みんながみんなETCを付けているワケじゃないし、土日祝日が休みなワケじゃないし。
なんだかなぁ。・・・・( ̄  ̄;) うーん

始動!

暦の上では、今日が連休最終日。
でも我が家は、今日からお仕事開始です。
今回私の件で、上司の方から色々配慮して頂いて、他の方よりも早く&多く休みを頂き、職場の方にはご迷惑を掛けた事でしょう。
なのでその分、ひろには働いて貰わねば・・・。
私も今日からお弁当作り開始。陰ながらバックアップしていきます。

この休みの間、体重が少し増えてしまいました・・・。
入院を機に痩せようと思っていたんだけど、病院食はカロリー制限しているとは言え、術日以外は三食必ず出ていたので、ちゃんと食べていたし・・・。
母がお見舞いに来た時は、おやつ持参だったので、一緒になって食べていたし・・・(笑)。
退院後も、外食が多かったり・・・。
運動が出来れば、カロリーも消費されるけど、軽いウォーキング程度しかまだ出来ないので、全く効果は無く・・・。

なので今日からダイエットも開始。
動けない分、食べ物で制限するしかないもんね。
病院食では、野菜(根菜類)や豆腐類を使った煮物や魚料理が多かった。
それを参考に、食事のメニューを考えていこう。
後は間食(お菓子)も控えねば・・・。

今日からまた頑張ります~♪。

「子宮筋腫摘出手術」を終えて・・・

退院して一週間。
経過は順調で、退院後数日は出血があったものの、今はありません。
痛みはまだあるため、重たい物を持ったり、無理な姿勢をとったりする事はまだ出来ず、鎮痛剤も服用中。
でも普段生活する分には、問題は無し。

手術の傷口は、お腹に4ヶ所。
おへその部分に一ヶ所、右側(下)に一ヶ所、左側(上下)に二ヶ所。
いつの間にかシールが剥がれ、傷口はかさぶたになっており、剥がしたい衝動に駆られております(笑)。うずうず・・・。

入浴も、次の診察があるまではシャワーだけ。
運動もまだ無理は出来ないので、軽いウォーキング程度。
「長時間の車の運転や旅行も避ける事」とは言われたものの、このGW中に日帰りでちょっと遠出してきたけど(運転はひろ)、大丈夫でした。

一つ気付いた事は、トイレに行く間隔が長くなった事。
筋腫が大きくなると、膀胱が圧迫されて頻尿症状が出る場合があるんだけど、私も多分そうだったのではないかと。
気分的な事なのかもしれないので、もう少し様子を見てみないと、はっきりとは言えず。
でももし本当にそうだったら、心療内科とも縁が切れるかも知れない!。
とりあえず、これはしばし様子見。


今回お世話になった病院は、青森県八戸市にある「八戸市立市民病院」です。
青森県内では、唯一ドクターヘリを完備しており、高度医療機関に指定されています。
外来看護師さんも病棟看護師さんも優しくて親切で、本当にお世話になりました。
主治医の先生にも、とても感謝しております。
ありがとうございました。

入院・手術についてのレポは、これにて終了。
さらに詳しいレポについては、このblogを元に、HPにまとめていきます。
今後、定期的に診察を受けますが、それはその都度書いて行きます。

「子宮筋腫摘出手術」・退院(術後三日目)

起床後、いつも通り血圧測定と検温。
朝食を食べた後、先生の診察を受けるよう、ナースコールがかかる。

病棟にある診察室に行き、婦人科の内診。
てっきり主治医の先生が見てくれるかと思いきや、別の先生だった。
術後、部屋に戻って「もう大丈夫ですよ~」と言う声を聞いた後、主治医の先生には会っていない。外来や手術で忙しいのでしょう。
内診の結果、問題無しと判断を受け、退院が決まる。

診察後、お腹に貼っていたシールが剥がされ、別のシールが貼られる。
シャワーの最中に擦らないように、自然に剥がれたらそれで構わない、との事。

部屋に戻ると、看護師さんが地元の市立病院から借りていた「MRI写真」を持って来て、市立病院に返却して下さいと、頼まれる。
帰る支度をするため、シャワーを許可を貰う。
シャワー後、髪を乾かし、化粧をし、私服に着替える。
荷物も片付けたい所だけど、鞄を車に積んでいたため、ひろが来ないと片付けられない。

ひろを待っている時、慌てて看護師さんがやってくる。
退院前に血液検査をしなければならない事を、忘れていたらしい(笑)。
新人看護師さんかな、ベテラン看護師さんに指導を受けながら、採血。
ちょっと力が入っちゃった(笑)。
でも、その血液検査の結果が出るまでは、退院出来ず。

その後、ひろがやってきた。荷物を鞄に詰め、先に車に積んで貰う。
血液検査の結果がなかなか来ないので、ナースステーションまで確認しに行くと、すでに出ていた。おいおい・・・。
結果は、問題無し。
余分に痛み止めも処方して貰い、後は請求書待ち。

入院患者さんの入れ替わりが激しいため、早めにベッドを空けようと、請求書が出来るまでデイルームで待つ事に。
早く空けた方が、次の人も早く入れるかと思って。
私が入院した時も、まだベットの準備が出来ていなくて待たされたしね。

しばらくして、請求書が届く。
請求額は、自己負担分を合わせて、約¥87,000。
健康保険限度額適用認定証(高額療養費)は、入院時に提出済みのため、これだけで済んだ。
ナースステーションに寄ってお世話になった看護師さんに挨拶をし、病棟を出る。

会計窓口で支払いを済ませ、婦人科外来の窓口で、加入している生命保険の「給付金請求書(診断書)」を提出。
婦人科は混んでいるため、出来上がるまでに2~3ヶ月かかるそう。
こればっかりは仕方が無い。連絡が来るまで待つ事に。

そして病院を後に・・・。

「子宮筋腫摘出手術」・入院五日目(術後二日目)

入院して初めてぐっすり眠ったこの日の朝、体調も気分も良し!。
朝の検温では、熱も下がり、平常の体温に戻る。
食欲もあり、朝食は全て頂いた。
でも痛みはあるため、鎮痛剤は服用。

この日は、4月下旬にもかかわらず、季節外れの雪。
ひろは風邪を引いていたようだし、タイヤ交換はすでに済ませていたので、その状態で運転は危ないからと、今日は家で休むように伝えた。
でも母は元気にやって来た(笑)。
お昼は、母は売店からおにぎりやお総菜を買い込み、私はお昼ご飯を持って、デイルームで一緒に頂く。

この日、術後初めて便が出て、ガスも出る(笑)。
腸も順調に動いているようだ。

夕方、看護師さんから退院後の説明を受ける。
入院時に貰った「入院診療計画表」通り、術後三日で退院出来そうだ。
でも、明日の先生の診察の結果次第だけど・・・。

注意事項としては・・・。
・診察で問題なければ、約二週間で日常生活に戻れる。
・入浴は不可、シャワーで短時間に済ませる事。
・お腹に傷をふさいでいるシールが貼ってあるので、擦ったり掻いたりしない事。
・お腹に力を加えるような動作は避ける事。
・性生活はしばらく避ける事。
・長時間の車の運転や旅行も避ける事。
他には、退院後、発熱・出血の量が多い・悪臭のあるおりもの・膀胱炎のような症状・強い腹痛や腰痛がある場合は、すぐに受診する事。
次の診察までは、この注意事項を守るようにとの指示。

この日の夜は、何故かなかなか寝付けず。理由は不明・・・。

「子宮筋腫摘出手術」・入院四日目(術後一日目)

昨夜からずっと朝の起床時間まで、術後管理のため、看護師さんは定期的に私の様子を見に来て、チェックをしてくれていた。
それに加えて今朝は、血液検査のための採血、尿検査(尿は管から取って袋に入れられているため、そこから採取したようだ)。
血液検査の結果で貧血等の結果が出たら、事前に採取して置いた自己血を輸血しなければならなかったんだけど、異常は無かった様子。
ちなみに手術中も、出血は多くなかったため、輸血はしなかったそうだ。

麻酔がまだ効いていたのか、朝まで休み無く動いていた両足の空気式圧迫装置と、定期的に動いていた電動血圧計が気になって寝るに寝られず、寝不足だったのか、朝の体調はあまり良くなかった。
体温も37度を超え、微熱もあり。
とりあえず、空気式圧迫装置と電動血圧計は外された。

そんな状態で、術後初めての食事、朝食が配られる。朝はお粥(全粥)。
看護師さんが電動ベッドのスイッチを入れてゆっくり起こしてくれたんだけど、朝食のお粥とおかずを一口ずつ食べただけで、吐き気と頭痛がし始め、出されていた痛み止めを飲み、ベッドを元に戻し、再び横になる。
しばらく横になっていると、薬が効いてきたのか、だいぶ楽になった。

試しにと起き上がってみると、何とかベッドに座れ、めまいもしなかったので、歩けるのも時間の問題と、昨夜から付けられていた尿の管が外された。
点滴は今日一日しなければならず、終わるまではそのまま。
看護師さんが蒸しタオルで体を拭いてくれ、術着からパジャマに着替えさせてくれた。
パンツはまだ手術用の三方開きショーツを履いたまま。

しばらくして尿意をもよおす・・・。
「最初にトイレに行く時(立ち上がる時)は、ナースコールをして下さい」、と言われていたので、看護師さんを呼ぶ。
替えのショーツと、出血があるためナプキンを持って、支えて貰いながら恐る恐る立ち上がり、点滴スタンド(って言うのかな?)につかまりながらトイレへ向かう。
お腹に痛みがあるので屈みながらだったけど、めまいもせず歩け、何とかトイレにも行け、着替えも出来た。

昼食からは、普通食。でも全部食べる事は出来ず、半分残してしまった。
この日は母が午前中の早いうちから来てくれて、ひろもお昼前に来て、その頃にはもう点滴スタンドを引っ張りながら、歩けるようになっていた(リハビリのため、出来るだけ起きて歩くようにも言われていた)。
さすがに直立は出来ず、屈んではいたけど。

デイルームで三人で色々おしゃべり。
ひろは風邪気味だと言うので、先に帰宅させ、母と二人で夕方まで過ごす。
この日は、この時期にしては気温が低く、翌日は雪の予報も出ていたほど。
夕食は7割ほど食べ、少し残してしまった。

麻酔科医の往診。
昨夜と今朝の吐き気や頭痛は、麻酔による、いわゆる後遺症だったんだそう。
麻酔が完全に切れた午後からは、体調も良かったので、大丈夫と。

まだ微熱と出血は続いていたので、これは様子見。
夜には点滴も外れ、ようやく自由に。
昨夜は色々とあって寝不足だったせいか、この日の夜は消灯前に眠気に襲われ、翌日の朝の検温時間までぐっすりと眠った。

「子宮筋腫摘出手術」・入院三日目(手術日-そのⅢ・番外編)

手術が終わり、病室へ戻る途中にデイルームの前を通った時、「○○さん(←ひろ)、手術終わりましたよ~」と看護師さんの声が聞こえ、ひろが返事をしたのも聞こえた。
病室に着き、看護師さんが慌ただしく医療器具を取り付けている最中、まだ完全に麻酔が覚めていない中、目に入ったのはひろでは無く、なんと母親だった!。
しかも一人で来たと言うじゃないの!(ちなみに実家は北海道デス)。

ウチの母は、一人で旅行をした事が無い(はず)。
父やお友達、必ずと言って良いほど、誰かと一緒(札幌なら一人でも行けるけどね)。
道内ならまだしも、内地まで一人で来たのは、初めてなんじゃないかな。
以前居た埼玉だったら来られなかっただろう。
青森県だから、電車の乗り換えは函館で一回だけなので、簡単と言えば簡単。
去年ウチに来た時も、「ここだったら一人で来られるかも」とは言っていたけど、まさかホントに来るとは思ってもいなかった。
方向音痴だし、世間知らずだし・・・。
って、ちょっとオーバーだけど、何でもかんでも父や私がやって、母は何もせずに黙って座って待っている人だったので、自販機や水飲み機の使い方も知らなかったほどだもの。
今回滞在先のホテルでも、四苦八苦した事があったようだ(笑)。

今回入院・手術する事は伝えていたけど、「大丈夫だから、わざわざ来て貰わなくても良いよ」、と言っていたんだけどね。
でもやっぱり親としては、心配だったんでしょうなぁ。
術日が決まった事を聞いてすぐ、父に電車の切符とホテルを予約して貰ったんだそうだ。
これこそ、「初めてのおつかい」。(* ̄m ̄)プッ
びっくりして思わず「どうしたの?、なんでいるの?」っと、朦朧としながら言ったような覚えもあるけど、やっぱり嬉しかったな。

術後一日目と二日目、お見舞いに来てくれた。
一日目は、初めての一人旅での疲れ(肉体的&精神的)と、私の心配もあったんだろうな、病院に来るまでのバスに酔ったらしくて、しばしロビーの椅子で横になっていたらしい。
病室に来た時は、私よりも具合の悪そうな顔をしていた・・・。
翌日は、「今日は元気~♪」って、病室に来たっけ。
デイルームでお菓子をあれこれ広げながら、色んな話をして、楽しく過ごした。

でも一番心配だったのは、父だったんじゃないだろうか(笑)。
私の事はもちろん、一人で出掛けて行った母の事も心配だっただろうに。
一緒に来たかったようなんだけど、ご近所さんのお世話が色々とあったようで・・・。


ひろはと言うと・・・。
手術中、デイルームで待っていると、私の母が来たのでひろもびっくりしたそう。
でも娘の手術なんだから、「来るんじゃないかor来ないのかな」とは思っていたらしい。

二人で手術が終わるのを待っていた時、途中で先生に呼ばれる。
例の、摘出した筋腫を、シャーレって言うの?、それに入れて持って来たんだそう。
ひろの想像では、血まみれになった物が入っているんじゃないかと思っていたらしい。
だから最初は、見るのはちょっと・・・、と思っていたようなんだけどね。

実際に見せられた腫瘍は、母に言わせれば「ホルモンみたい」と言うように、白い物体。
量は、そのシャーレに溢れんばかりに入っていたそう。
腫瘍が大きいため、「腹腔鏡下手術」だから鉗子を入れる穴が小さいので、腫瘍を小さく切り崩しながら少しずつ摘出。
で、私に見せるため、ひろは写真を撮って、腫瘍は病理検査へ。
後でその写真を見せて貰ったけど、確かにホルモンみたいだった(笑)。
所々黒い部分があり、それが「変性部分」なんだそう。

★子宮筋腫の「変性」とは・・・
子宮筋腫の細胞の中に起こる「変性」、その原因は「血行障害」。
筋腫が大きくなると、筋腫の中心部の細胞にだんだん血液が行かなくなり、細胞に栄養が行き渡らなくなって死滅する。
その結果、筋腫の細胞が固いコラーゲン線維に変わったり、中に水が溜まって嚢胞状に変わったり、石灰沈着が起こる。
筋腫の変性は、大きくなると(4~5cm以上)しばしば見られ、筋腫が変性すると、腹痛の原因や、感染を起こす事がある。
子宮筋腫 これで安心 手術する?しない? あなたに最適な治療法ガイド」より抜粋。


その後、ひろと母に、先生からのお話があったようで・・・(私はまだ手術中)。
・腫瘍は全部取り切った、との事。
・卵巣・卵管・子宮も確認し、全く異常無し、との事。
・今後の妊娠については、半年~一年は避けて欲しい、との事。

それを聞いて、私も一安心。
30代での妊娠が無理になってしまったのは残念だけど、今は晩婚化が進んで、初産の年齢も上がってきてるし、40代で産む人も多くなってるしね。
卵巣・卵管・子宮に全く異常が無いと言われ、「私は不妊症では無かった」と言う事が確認されただけも、良かったです♪。
勘違いしている風な、お義母さんや義妹の前でも、堂々としていられるわ~。
なので今年一年は、今まで通り二人で旅行に行ったりと、楽しく過ごす事にしよう。

「子宮筋腫摘出手術」・入院三日目(手術日-其のⅡ)

いよいよ手術。
手術室へ入室し、乗って来た病室のベッドが手術台に横付けされる。
オペ看護師さんが、「ベットの高さと手術台の高さが合わない」と言う。
ベッドは電動で一番上まで上がっていたけど、手術台の方が若干高かった。
思わず「私が重たいせいですかねぇ」と言い、笑いを誘ってしまった。←余裕(笑)。
ちなみに手術室内には、J-POPの音楽がかかっていた。

タオルケットを掛けられ、その下で術着のホックが外され、三方開きショーツ一枚になる。
とは言え、タオルケットが掛けられているので、周りから私の裸体は見えず。
女性だからか、気を配ってくれているようだ。
オペ看護師さんがタオルケットを押さえてくれて、手術台へ自分で移動。

タオルケットを掛けられたまま、心電図のワッペンを胸に付けられ、腕には血圧計を巻かれ、血液中の酸素量を調べるためのクリップが指に付けられる。
両足には、いわゆる「エコノミークラス症候群」予防のため、空気式圧迫装置が付けられた。事前に履いていた「手術用ストッキング(弾性ストッキング)」もその予防のため。
手術の予定時間は2~3時間、その後もベッドで寝たきり、翌日の朝まで起きられないので、長時間同じ姿勢でいるから、血栓(?)が出来ないようにするためだそうだ。
私の口元には酸素マスクが当てられ、手術の準備は終了。

13時の手術開始まで、まだ時間が少しあったようで・・・。
麻酔科の助手さんなのかな、若い男の先生とオペ看護師さんが、「準備出来たから先生を呼んで来ても良いんじゃない?」とか、「時間前に呼んだら怒るかな?」とか、「先生はご飯食べてるかも」とか、何やら話していた。おいおい・・・。

結局、麻酔科医を呼んできたようで、いよいよ手術が始まる。
先生は点滴に何やら薬を入れ、その後麻酔薬が投与される。
その際、「点滴の針を刺した部分が少し痛みます」と言われ、ジンジンと痛み始めたものの、数秒で私の意識は無くなった・・・。

気が付いた時には、手術台から自分のベッドに移動しており、術着も着せられ、布団が掛けられていた。
まだ病室には戻っておらず、事前の説明通り「回復室」にいたようだ。
そこで麻酔の覚め具合を確認。
「目を開けて下さい」と言われ、うっすら目を開ける。
「痛い所は?」って聞かれたんだったかな、おなかを指で差すと、「声出してみて」と言われ、声を出そうにも人工呼吸の管が入っていたせいか、喉が少し痛くて声がかすれていた。
大丈夫と判断されたんでしょう、病室へ戻る事に。
ひろによると、手術時間は2~2.5時間くらいだったそうだ。

病室に戻ると、看護師さんが慌ただしくあれこれ医療器具を取り付ける。
左手にはそのまま点滴が付けられ、右腕には電動の血圧計が巻かれ、両足には空気式圧迫装置が付けられたまま、口元には酸素マスク。
それと、寝たきりでトイレに行けないため、尿道に管が入っている。

翌朝まで、私のベッドの天井にある豆電気が付いていた。
術後管理のため、血圧計や体温計を見たり、おなかを見たりするためでしょう。
時計が無かったので、どのくらいの時間の間隔を置いていたのか分からないけど、度々看護師さんは私の様子を見に来てくれていた。
熱を計り、点滴や血圧を確認し、おなかに聴診器を当てたり、出血が無いか確認したり。
仕事とは言え、大変だよね。患者側としては、有りがたく、感謝しきれないほど。
ただ、休み無く繰り返し動く両足の空気式圧迫装置と、右腕に付けられた電動の血圧計が定期的に動き出し、気になって寝るに寝られず。

看護師さんが、ずっと仰向けで寝ていると腰が痛くなるから、横向いて寝た方が良いと言うので横を向くと、急に吐き気がし始めた。
少し我慢していたんだけど、なかなか治まらないのでナースコールをし、吐き気止めを点滴に入れて貰った。
しばらくして楽になり、再び眠りにつき、朝を迎える・・・。

病室に戻って来た時、ボーっとしながらも驚いた事が一つ、腫瘍を見たひろの様子や(笑)、手術の結果は、其のⅢへつづく。

「スッキリ!!」 テリーヤキバーガー

入院・手術の記事は、ちょっと一休み・・・。

日テレの朝の情報番組「スッキリ!!」と「モスバーガー」がコラボした「テリーヤキバーガー」を食べに、朝からお出かけ(朝食のつもりで)。

昨日の午後、お昼ご飯にと出掛けて行ったんだけど、行ったお店ではすでに売り切れ。
一日限定40コだそうで(数量や販売時間は、お店にも寄って違うかも)。
それだもの、お昼に行っても有るわきゃ無いよねぇ。
じゃまたいつかそのうち・・・、と思っても、期間限定販売。ちなみに5/10まで。

今朝たまたま早く目が覚め、洗濯も仕度も8時半過ぎには終わったので、今から行けば9時開店に間に合うだろうと、モスバーガーへ行ってみる事に(と言っても隣町にある)。
9:10頃に到着。すでにお店には10人以上、出来上がりを待っていた。
整理券が配られており、貰った整理券番号は30番台だった。
と言う事は、残りあと10コ弱。
ウチらの後に何人か来て注文し、9:20頃に今日の分は完売。
いやぁ~、ギリギリでした。

B-20090501  B-20090501-2
ひろは「スッキリ!!」激辛テリーヤキバーガーを、私は「スッキリ!!」辛テリーヤキバーガーを食べてみた。
激辛の方には、右の写真のようにテリーさんのシールが2枚貼られている(辛は1枚)。

味は、辛さのベースは「柚子胡椒」で、何種類かスパイスが入っていた様子。
すぐに「辛いっ!」とは感じず、後から来る辛さ、って言うのかなぁ。
でも照り焼きソースの甘さと、マヨネーズやレタスで中和されて、ほどよい辛さだったな。
なかなか美味しかったです~♪。

とまぁ、家で養生する事無く、チョロチョロと歩いている私であります。
それだけ順調に回復、元気と言う事です。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ