« 「子宮筋腫摘出手術」・入院一日目 | トップページ | 「子宮筋腫摘出手術」・入院三日目(手術日-其のⅠ) »

「子宮筋腫摘出手術」・入院二日目

朝6時に起床。
のはずなんだけど、6時にならないうちに看護師さんが来て、朝の血圧測定と検温。
昨夜はあまり寝付けず、5時には起きて本を読んでいたので、良いんだけどねぇ。

7時半前、「麻酔科の診察を受けて下さい」と、ベッドにナースコールがかかり、もう朝食なのに~、と、おなかをクークー言わせながら、麻酔科の診察室へ向かう。
20分ほど待たされ、麻酔科のとなりにある救急室の中に呼ばれる。

ここの病院は、救命救急センターもあり、救急室の中には朝方運ばれた患者さんもいた。
私も何故かベッドに寝かされ、麻酔医が来るまで待つ事に。
処置が終わったのか、ようやく担当してくれる麻酔科医が来て、翌日の全身麻酔に関する説明を受ける。

麻酔は点滴から注入する、との事。
脊髄から注射されたりするのかと思っていたので(盲腸の時はそうだった)、麻酔の際、痛みが無い事に一安心。
手術中は呼吸を助けるために喉にチューブを入れるため、差し歯や不安定な歯が無いか、口の中をチェック(外れる事があるらしい)。
麻酔が覚めた後に、覚め具合を確認するために指示を出すので(目を開けて下さい等)、その指示に従って下さいとの事。
チューブが入る事により、術後に声がかすれたり、痛みがあったりする場合がある事。
後は、頭痛や吐き気や微熱と言った症状が出る場合もあるとの事。
一通り説明を聞いて納得し、「麻酔承諾書」にサインをして、診察は終了。

部屋に戻ってようやく朝食。
その後、午前の血圧測定と検温と回診があり、看護師さんよりおへその処置を受ける。
事前におへその掃除をして置いたので、「綺麗ですね」と言われ、確認程度で終了。
翌日の手術に備え、この日は入浴を許可される。

午後、担当医から手術についての説明があるため、その時間に合わせて、ひろも病院へ。
「手術説明書」に沿って、説明を受ける。
正式な術式は、「腹腔鏡下子宮筋腫核手術」と言い、それに伴う合併症についても説明。
血管損傷による出血・臓器の損傷・血腫等。
その合併症や、腹腔内の状況(癒着等)、出血量等により、開腹手術に切り替わる場合もあると、念を押される。
後は、今後の妊娠に影響が無いか、卵巣・卵管・子宮も確認してくれるとの事。

それと、これはお恥ずかしい話ですが・・・。
私のMRI写真を見ると、内臓脂肪がちょっと厚めで、もし万が一内視鏡が入らない場合も、開腹手術に切り替わるかも知れないとの事。
たぶん大丈夫だろう、とは言ってくれたけど。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

先生が「摘出した筋腫、見ますか?」と言った瞬間、ひろは固まる(笑)。
男の人って、こう言うのを見るのは、苦手な人が多いよね。ひろもそう言うタイプ。
私は「是非見たいタイプ」なんだけど、手術中だし、すぐに病理に出すと言うので見られず。
私の希望を叶えるため、カメラで撮って私に見せると言う事で、結局見るハメに(笑)。
一通り説明を聞いて私もひろも納得し、「手術承諾書」にサインをして、説明は終了。

夕食後の夜7時、翌日の手術に備え、下剤(250ml)を飲む。
8時には、眠剤を服用。
眠剤の影響もあり、眠気が来たので消灯時間前に就寝したものの、翌日の朝まで下剤が効く事は無かった・・・。


私は入院から手術まで一日余裕があったのでゆっくり出来たけど、同日・後日に入院して来た方の中には、入院した翌日に手術、と言う方ばかりだったな。
科、術式によっても違うんだろうか。
私のいた病棟のフロアは、婦人科・外科・小児科が一緒になっていて、病室には婦人科と外科の患者が混じっている。
私は「婦人科腹腔鏡下手術」で、事前に貰っていた「入院診療計画表」には「術前日」が設けられていた。
でも、外科の患者さんや「開腹手術」の場合は、「術前日」が設けられていなかったんだろうか?、不要だったんだろうか?、未だ不明。

« 「子宮筋腫摘出手術」・入院一日目 | トップページ | 「子宮筋腫摘出手術」・入院三日目(手術日-其のⅠ) »

婦人科」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「子宮筋腫摘出手術」・入院一日目 | トップページ | 「子宮筋腫摘出手術」・入院三日目(手術日-其のⅠ) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ