ドラゴンクエストミュージアムへ行ってきました!

東京三日目。
渋谷ヒカリエで開催中の「ドラゴンクエストミュージアム」へ行ってきました。
2016/7/24~2016/9/12まで、渋谷ヒカリエにて開催。
2016/10/9~2017/1/9まで、大阪・ひらかたパークにて開催も決定。

今年はドラゴンクエスト30周年、記念イベントの一つがこのミュージアム。
「ドラゴンクエスト ライブスペクタクルツアー」も観たかったけど、北海道には来て貰えず・・・。
それでもミュージアムに行けただけでも良かったです。

ドラゴンクエスト誕生30周年記念ポータルサイト


会場に入ると、まずはオープニングシアターへ。
おなじみの序曲が流れ、オープニングムービーを見た後、冒険の扉が開かれます。
扉の向こうには、「伝説のロトの装備」が!(ロトの装備は撮影禁止)。
(でもⅠ~Ⅲは未PLAYなので、ロトにはあまり関心が薄かったりも・・・)
ロトの画廊等を回って(Ⅰ~Ⅲ)、天空城と天空のジオラマギャラリーへ(Ⅳ~Ⅵ)。
Ⅶの石板パズルのアトラクションがあったり、Ⅷの冒険の記録、Ⅸのお祈りの世界樹に願いをかけ、Ⅹのアストルティアへ。
後はバトルシアターがあったり、フードコートも有り、オリジナルグッズの販売もあり。

私はⅣ~ⅩまでPLAYしており、中でもやっぱりⅤが好きなので、ジオラマがすごく印象的で良かったなぁ。 

8月いっぱいの期間限定で「ドラゴンクエストIII」の開発資料が追加展示となりそれも見る事が出来ました!(こちらも撮影禁止)。
・堀井雄二氏による ゲーム開発資料原本
・鳥山明氏によるキャラクターデザイン原画
・すぎやまこういち氏の楽譜原本
・歴代パッケージイラスト原画


【チケットについて】
チケットは、朝チケットがオススメ(枚数限定です)。
10:00~11:00の完全予約の優先入場チケット。
一般は11:00からの入場なので、それまでの1時間はゆっくり会場内を見て回れます。
1時間で私は全部見れたし、撮影可能なジオラマも撮影出来ました。
フードコートでもゆったり食事が出来たし、グッズの購入も余裕で出来ました。

B-20160823-6
朝チケットで貰える「うでぴたスライム」。
帰りはキャリーバッグに入れて持って帰ってきたけど、飛行機内の気圧で破裂しないか着くまで気が気じゃ無かった(爆発物か?と思われたら、と言う意味もありw)。
無事に連れて帰って来ましたよw。

8/6から18時以降の入場がお得になる「夜チケット」も発売開始。
18:00以降の入場で空いているそうなので、仕事がある方はこちらもオススメ(最終入場は21:30)。
公式Twitterで入場状況が随時書き込まれてるので、そちらを参考にすると良いです。


【グッズ】
グッズは、グッズ一覧表を入場時に貰えるので、それに数量を書き込んでレジに渡して商品を出して貰うというシステム。
すでに欠品が出ている物もありますが、注文は可能で後日発送されます(送料無料)。

B-20160823
↑自分用
カナヘイさんの「モンスタークリアファイル」「モンスターシール」「アクリルキーホルダーx5」
「モンスタートートバッグ(フードコートでのみの販売)」
LINEスタンプ等でおなじみのイラストレーター・カナヘイさんが書いたモンスターたちが可愛いのよねー♪。

他には、ダンナの注文で、クリアフィルセット2種。
自分達用にマグカップ2種。品切れでしたが発送で注文(一ヶ月くらいかかる様子)。
甥っ子達が最近ドラクエをPLAY中だと聞いていたので、彼らにクッキーをお土産。


【フードコート】
行く前はあれこれ食べたいなと思っていたんだけど、注文したパンケーキが思ったよりも大きくてそれでお腹いっぱいになってしまった。

B-20160823-1
ホイミスライムのパンケーキ+烏龍茶
飲み物を頼むと、コースターがランダムで付いてきます(ばくだんいわでした)。
カナヘイさん描き下ろしのイラストストーリーが描かれたトレイシートも貰えます。
コレがまた可愛い!(公式サイトのフードメニューからも見られます)。

スライム色をしたスライムのプチカレーを食べていたお子さんがいて、口の周りが真っ青になってたっけw。


【ジオラマ写真集】
私が撮ったジオラマの写真を何枚か。
B-20160823-2 B-20160823-3

B-20160823-4 B-20160823-5
Ⅴが好きなので、そればっかりですが・・・w。
ちなみにビアンカ派です。
Ⅳ~Ⅵまでゲームの名シーンが再現されて、ホントに良く出来ていて感動しました♪。

急遽決めたドラクエミュージアムの訪問でしたが、行って良かったです♪。

乙女二人旅・其ノ七

今年も、8/13~8/14に開催された「オトメイトパーティー2016」へ、友人と一緒に参加して来ました!(そのレポはコチラ


去年から私は飛行機で東京へ行ってるんだけど、前日に羽田空港で荷物トラブルがあり、当日は大丈夫かと心配したけど、問題無く東京に到着。私はね・・・。
飛行機に搭乗してすぐに、仙台から新幹線で上京する友人に連絡を入れると、なんと停電で新幹線が止まっているという・・・。
その後どうなったのか心配だったけど、飛行機のドアが閉まり通信は不可。
羽田に着いて連絡したら、停電があったのは仙台駅の手前で、予約していた新幹線では無く、急遽仙台発の新幹線に乗って東京へ向かってるとの事。
待ち合わせの東京駅に着いたのは私の方が先だったけど、それでも数分後には合流!。

いつものホテルに荷物を預けて、最初の目的地に出発。
前日まで猛暑だった東京も、この日は暑い事は暑かったけど、思ったほどでは無かった。
トラブルがあっても時間内に合流出来て、天気にも恵まれて、なんだかんだでツイてるウチら二人なのです♪。


まずは、オトメイトカフェ へ。

B-20160822
チケット代に入っているドリンク1杯(無料分)は「シンのメロンソーダ(AMNESIA)」
いつも来る度に飲もうと思ってて、けど違う物頼んでしまい、この日まで飲めずにいたw。

B-20160822-1
メインは「トーマのからあげ丼(AMNESIA)」
思ってたよりもボリューミー!。
唐揚げも大きくて、本格的な丼。美味しかった♪。
マンゴーソースはお好みで・・・、だけど私は不要だったデス・・・。

B-20160822-3 
友人が一緒に食べようと頼んでくれた「斎藤・永倉の高野豆腐と長芋の唐揚げ(薄桜鬼)」
一人で来る時は良く頼むんだけど、長芋を唐揚げにすると美味しいって思ったのはココで食べたのが初めて。
ダシ入りの大根おろしを添えて食べるとホントに美味しい。
家でも作ろうと思いつつも、未だ作ってはいない・・・w。

B-20160822-2
デザートは「エル・アールのジェミニデザートプレート(MARGINAL #4)」
暑い日にはピッタリ、ゼリーやジェラート・マンゴータルトのデザート。

もう一品行けそうかと思ってたけど、丼が結構なボリュームだったのでお腹いっぱい。
コンセプトカフェだけど、味は本格的でどれも美味しいのです♪。


その後は新宿へ。
コレも毎年恒例、「オトメイト夏の市2016」へ。
最近は、オトパのグッズよりも、夏の市のグッズの方が可愛い物がある。
とはいえ、新作のアイテムの方が多く、PLAYしていない=買わないので、出費も減w。

同時開催の、「OTOMATE PLAYING GAME」にも挑戦。
(以下、公式サイトより転載)

OTOMATE PLAYING GAMEとは
参加者がオトメイト作品の主人公となり、紙に書かれた問題を解いて進める、 機械を使用しないリアル体験型謎解きゲームです。
エンディングを迎えるためには問題用紙の表面に書かれた物語を読み進め、 制限時間内にイベント会場内で問題を探し、全ての謎を解かなければなりません。
迎えたエンディングによって、それぞれプレゼント(特典)をお渡しいたします。
今回ピックアップするタイトルは「AMNESIA」
「目を覚ますと、記憶喪失に!?」
参加者がAMNESIAの主人公となって“冥土の羊”で謎を解き、記憶を取り戻していきます。

と言うもの。

『ゲーム中に実際に解いた謎や問題、ヒントやそれに関わる情報はネタバレにつながりますので、ブログ、Twitter、FacebookなどのSNSへの投稿や、写真のアップロードはご遠慮ください』
との注意もあるので、ココで詳細は載せません。

載せられる情報として・・・。
制限時間は30分、共通問題と個別問題(シン&トーマ・イッキ&ケント・ウキョウの三つから選択)あり。
エンドは、時間切れ・答えが間違いの場合は「バッドエンド」、正解だと「ノーマルエンド」、シークレットの「トゥルーエンド」の三つ。
ウチらは時間切れの「バッドエンド」でした・・・。

何となく答えは分かっていたけど、どうしてそうなるのかが分からず。
友人が帰ってお子さんにやって貰ったら、すぐ分かったそうで・・・w。
こういうのもなかなか面白いなーと、来年もこういうイベントがあれば参加してみたいなー。

その後は一旦ホテルに戻って、オトパへ(別記載に付き省略)。

終演後は、打ち上げへ。
いつもとは違うお店に今回は行ってみた。
地鶏のお店で、鶏料理がすごく美味しかったー!。
ホテルに戻って就寝。

就寝の前に気になるニュースを見かけたけど、疲れてそのまま寝ちゃって、起きたらびっくり。
SMAPが解散・・・。
友人が好きでね、ニュースを聞いて大丈夫かなと思ったけど、意外にも落ち着いてた。
心中は穏やかでは無かったかもだけど・・・。

友人はこの日の昼公演のみ参加、夜には帰るので駅のロッカーに荷物を預けてから朝食を食べに八重洲へ。
八重洲はモーニングのお店がいっぱい有るので、素泊まりでも助かる。
モーニングを食べつつ、珈琲をゆっくり飲みながら、昼の部の時間までのんびり。

昼の部終演後、ランチを食べに再び八重洲へ。
その後カフェへ移動、友人はこの後スマ友さんと会う約束を急遽したようで、その時間まで一緒に過ごした。
なんでこんな時にこのニュースが、と思ったけど、東京に出て来てる時だったからこそ、スマ友さんと会うきっかけが出来たから、そう言った意味では良かったのかも知れないね。
私も今まで好きなアーティストさんが解散した経験が何度もあるから(バンド系が多かった物で・・・)、切ない気持ちは良く分かる。
今後彼らがどうなるか分からないけど、個々の活動で頑張って欲しいな。

っと、話を戻して・・・。
友人と別れて今年の乙女旅は終了。
その後私は、一旦ホテルに戻って夜の部へ。


乙女旅も、もう七回目。
初めて出かけたのが、2012年のGSイベント。
それから毎年のように各イベントに参加。
ここ数年はオトパだけだけど、年に2~3回出かけてる年もあったなー。
友人とはネットで知り合って、実際に会ってイベントに出かけるようになってまだ4年だけど、それ以上に長い付き合いのように思う。
一緒に居ても、良い意味で気を使わなくて良いし、楽しく過ごせる。
この歳で良い友人が出来るとは思わなかったから、会えるのが毎年楽しみでもある。
また来年も一緒にオトパに参加出来ると良いなー。
万が一チケットが取れなくても、東京へは行きますけどね♪。

オトメイトパーティー2016 レポ

オトメイトパーティー2016」の全公演に参加してきました。 

B-20160816
オトメイトパーティー2016 (DVD・Blu-ray)
2017/3/24 発売予定
DVDAmazon楽天ブックス 】 ・ Blu-rayAmazon楽天ブックス

アニメイト限定版(Blu-ray)には、「朗読劇レプリカ台本集」「スタッフパス風ICカードケース」の特典付き


☆発表された新情報☆
オトメイト公式サイトの「新作ラインナップ特設サイト」にて、新作タイトルが発表されていますので、そちらを参照下さい。


以下レポ(私が参加した公演・まとめて簡潔に書きます。詳しくはDVDをご覧下さいませ)。



8/13(土)夜公演
AMNESIA(柿原徹也さん・日野聡さん・宮田幸季さん)
CLOCK ZERO~終焉の一秒~ExTime(浪川大輔さん・前野智昭さん・鳥海浩輔さん・杉山紀彰さん・須藤翔さん)
レンドフルール(興津和幸さん・浪川大輔さん・近藤隆さん・KENNさん)
緋色の欠片(岡野浩介さん・浪川大輔さん・平川大輔さん)

8/14(日)昼公演
ワンド オブ フォーチュン2(高橋広樹さん・柿原徹也さん・鈴村健一さん・立花慎之介さん)
NORN9 ノルン+ノネット(梶裕貴さん・佐藤拓也さん・遊佐浩二さん・杉山紀彰さん)
DIABOLIK LOVERS DARK FATE(緑川光さん・梶裕貴さん・平川大輔さん・鳥海浩輔さん・森久保祥太郎さん)
ピリオドキューブ~鳥籠のアマデウス~(岡本信彦さん・前野智昭さん・平川大輔さん・鳥海浩輔さん)

8/14(日)夜公演
薄桜鬼(森久保祥太郎さん・鳥海浩輔さん・遊佐浩二さん)
Code:Realize~創世の姫君~(前野智昭さん・諏訪部順一さん・柿原徹也さん・森久保祥太郎さん・平川大輔さん)
忍び、恋うつつ-雪月花恋絵巻-(小野友樹さん・鳥海浩輔さん・石川界人さん・梶裕貴さん)
ニル・アドミラリの天秤 帝都幻惑綺譚(梶裕貴さん・岡本信彦さん・鈴村健一さん)




★入場について
今年のオトメイトパーティーでは、入場時にチケットと身分証の照合をするようになった。
(ランダムで、と書いてはあったけど、私は全公演確認された)
前日の公式Twitterで身分証明書の事をツイートしていたけど、それで初めて知ったという方が多くいた様子。
でも公式サイトにはきちんと書かれていましたからね、しかも赤字で、しかも一番上に。
読んでいなかった方もいらっしゃったんでしょうね。
B-20160816-1 
(今までの公演も注意事項には「入場時に手荷物及び身分証の確認をさせて頂く場合がございます」と書かれている、実施はしてなかったように思うけど)

チケット完売だったはずなのに、空席がいくつか見られたのは、身分証の不携帯等で入れなかった方達の席だったのかもしれないね。
ちらっとTwitterで、身分証無くて入場出来ず、暴言を書いている方を見ましたが、ちょっと見苦しいです、きちんとサイトに書かれているのだから確認不足としか言いようが無い。

最近はライブ等でも、身分証チェックする事が多くなってる。
転売が増えた事も理由の一つでしょう、某チケット売買サイトでの購入分も不可、と言う所も出てきているそうで。
こうなると、今後チケット獲得のお手伝いは安易に出来なくなっちゃうし、自分が行けなくなった時には簡単にお譲りも出来なくなるよね・・・。

そもそも普段、身分証明書は持ち歩かないのかな?。
私は常に運転免許証と健康保険証は持ち歩いてる。
車の免許を持てない学生さんは、学生証はあるでしょう?。
いつどこで何があるか分からないのだから、自分の身分を示す物は必要だと思うし、常に携帯しておくべきだと思いますよ。


★座席
今回は、お友達がチケットをGetしてくれたの。ありがとう♪。
8/13(夜)はオトパの為にオトメイトクラブに入会した分、8/14(昼)はビズログで当選しプレミアムチケット!。
1階席の前方だったので見やすかった。キャストさんの顔もよく見えたし。

8/14(夜)は私一人だったので、なんとか自分でGet。
S席は難しいだろうとA席で申し込み、当選。
2階席の前方で、さすがにキャストさんの表情は肉眼ではちょっと見えなかったけど、それでも思っていたより良い席でした。
しかも角の端っこ♪。何かがあるかもとワクワクw(それはまた後ほど)。


★朗読劇
イベント用の朗読劇なので、割と楽しい感じの話になる。
ただPLAYしていないタイトルが今回多かったので、ゲームの世界観やキャラとの関係性があまり分からなくて「???」と言う部分も多かったのも正直な所・・・。
今回特に良かったのは、「CLOCK ZERO」だったなー。
楽しい部分が有りつつも、Storyに引き込まれて行って、全体的にすごく良い話になってた。
いつもの如く、メンバーが一人足りないんだけどもw。いつか全員揃うと良いなぁ。

キャストさんが、演じるキャラと同じような衣装を着ていた方もいらっしゃってね。
それが平川大輔さん。三公演ともすごく素敵でしたー♪。
Code:Realizeの前野智昭さんも格好良かったなー。
同じCode:Realize、キャラは洋装だけど、あえて和装な諏訪部順一さんも素敵でした。


★バラエティコーナー
このコーナーは、キャストさんが客席に降りてくるのが一番のメインw。
8/13(土)夜公演は、サンドアート伝言ゲーム。
客席に降りてきたのは、一階が平川大輔さん、二階が興津和幸さん。
VTR出演は、緋色の欠片から杉田智和さん・下和田ヒロキさん・野宮一範さん。

8/14(日)昼公演は、ポーズでポーカーゲーム。(と言うタイトルだったかな?)
客席に降りてきたのは、一階が高橋広樹さん、二階が緑川光さん。
VTR出演は、DIABOLIK LOVERS DARK FATEから岸尾だいすけさん。

8/14(日)夜公演も、ポーズでポーカーゲーム。(上に同じw)
客席に降りてきたのは、一階が小野友樹さん、二階が石川界人さん。
VTR出演は、忍び、恋うつつ-雪月花恋絵巻-から鈴木達央さん。

サンドアートもポーズでポーカーもすごく楽しかった。
サンドアートは時間がかかるからなのか、1ゲームだけ。
今年のオトパのテーマが「Resort」だったので、砂だったのかもしれない。
それぞれ個性的な絵を見せて頂きましたw。

ポーズでポーカーは、一人一人個室に入って出たお題のポーズをし、同じポーズをしている人数でポーカーをする、と言うようなゲーム。
これはねー、個性というか、「癖」がでててすごく面白かった!。

14日の夜、キャストさんが客席に来るわけだけど、私は二階の某所の角の端っこの席。
この時二階に来てくれたのが、石川界人さん。
くじを引いた席は私の席から奥の後ろの方だったんだけど、帰りはねー、私が座ってる席のところを通って行ったんだよねー!。
「界人くん!」って呼んだらこっち振り向いてくれた♪。可愛かったなー♪。
他の二公演は、残念ながら近くで拝見する事は出来なかったけども。
もう少しこう・・・、帰る時は来た道そのままでは無く、ぐるっと回ってくれれば良いのになぁ。

負けたチームは「メロキュンワード」を披露するんだけど、平川さんは「ハットトリックでした」と、つまり三公演とも負けちゃったわけですね。 
ファンにとっては嬉しい限り。
ゲームには勝って欲しいけど、勝つとメロキュンワードが聞けない、矛盾を感じる所だけども、やっぱり聞きたいよねー。



とりあえず、レポはこんな感じで・・・、簡素で申し訳ないです。
色々面白い事がたくさんありすぎて書ききれないし、正直思い出せない部分も有りw。
是非是非DVDで見て頂きたい。

来年は「オトメイトパーティー10周年」なんだそうです。
記念すべき10周年公演、来年も参加出来ると良いなー。

薄桜鬼 真改 感想 (ネタバレ注意)

B-20150812B-20160421-1
薄桜鬼 真改

「薄桜鬼 真改」は、「薄桜鬼~新選組奇譚~」の本編+随想録+黎明録を合わせ、メインキャラ6人に新規攻略キャラ6人を加えて、全12人との物語になります。
「風ノ章」が前編、「華ノ章」が後編です。

全編終えての感想を少し・・・。
攻略後に書けば良かったんだけど、早々にネタバレしてしまうのも気が引けていたので。
発売されて半月が過ぎたのでそろそろ良いかと。
ただ半月経ったので、もう忘れかけてる部分もあるんだけども・・・w。
なので「少し」です。( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ




※ご注意※ ネタバレあり!




★メインキャラについて
本編をPLAYしていたので、メインキャラの攻略は問題無くクリア。
加筆されてはいたけど、彼らの生き様にブレが無かった事に一安心w。
前編・後編と分かれていたので、華ノ章の後編は何となくあっさりと終わってしまったような感じがするのは、仕方が無いのかもしれない。

一番印象に残ったのは、風間ルート。
あの映画のシーンね!、蝦夷地に着いた時に後ろから抱きしめられるシーン。
映画は(アニメも)土方ルートになってしまうから、その手を振り払われたけど・・・。
今回の風間ルートではその映画の場面が登場し、もちろん彼のルートだから手を振り払われる事も無く、思わず ( ̄▽ ̄)ニヤ。

後は、相変わらず土方さんの生き様は格好良いし、平助&風間の悪友関係も楽しいし、左之さん&不知火の男の友情も良い。
誰のルートだったか忘れちゃったけど、映画であった場面、左之さんが戦死した後に不知火さんが左之さんの槍を持って会津に来た場面がゲームにもあって良かった。

追記→上の場面は「風間ルート」でした。
雪村の里で亡くなっていた薫を埋めてお墓と建てたりと言う場面もあったりして、今回の風間ルートはすごく良かったなと思う。

終章は、せっかくだから随想録の終章も繋げて欲しかったなー。
風間ルートの終章は元々随想録しか無いのでそっちの場面だったけど。
一くんや総司の終章は、随想録の方が好きなんだよね。


★新規攻略キャラについて
風ノ章でみんな羅刹になっちゃったよね・・・。
新八は羅刹になる事は無いと思っていただけに、ちょっと衝撃だった・・・。
思わず「えー!」って言っちゃったほどw。
でも自分から飲んだわけじゃ無い、どうしようも無くなって井上さんが飲ませた・・・。
とは言え同意の上だから、自分で飲んだ事に変わりは無いんだけどね。

新八・山南さん・山崎さんの三人は、SSLでも攻略対象にはなったけど、友達以上恋人未満ぐらいな感じで終わってちょっとモヤモヤしてた部分が有り・・・。
でも今回はちゃんと夫婦になって終章を迎えたから良かった♪。

真改からの新キャラ、伊庭さん・相馬くん・坂本龍馬。
三人共、一線を越えたのがちょっとねぇ・・・、それは左之さんの専売特許ですぞw。

三人の中で良かったのは、相馬ルート。
キャラがって言うより、今まで描かれなかった新選組の部分が見られたから。
一つは、近藤局長が捕縛された時の事。
実際、相馬主計と野村利三郎も一緒に捕縛されてしまうんだよね。
その時の近藤さんの様子や、新政府軍から逃れて土方さんと合流するまでの部分。
(近藤さんが処刑される場面は、黎明録で見られます)
ここでタイトルの「真改」の意味が、近藤さんより伝えられます!。
もう一つは、函館で土方さんが戦死した後の事。
本編(新選組奇譚)では、土方さんが風間さんと対決して終わってるのでね。
相馬主計は「新選組最後の局長」と言われているので、どういう状況でそうなったのか。
「局長」として投降すれば近藤さんの二の舞になる事もあり得るのに、なぜ局長となったのか。
「新選組」の名を歴史に残し幕を閉じると言う意味では、その選択は間違いでは無かったのかも知れないね。

伊庭さんルートは、甘いですな・・・。
八瀬の里に行ったり、鬼の手が出て来たりと、十鬼の絆との繋がりがあったりも。

龍馬ルートは、前編は良かったけど、後編はどうだろうなぁ・・・。
あくまでも個人的な感想だけど、対新選組の攻略相手としては風間ルートだけで良かったようにも思う。
確かに、薩長側の事が分かったのは良かったけどね。
(龍馬ファンの方には申し訳ないです、あくまでも私の感想ですので)


★サブキャラについて
真改からの新サブキャラ、特に武田観柳斎と三木三郎。
伊庭八郎vs武田観柳斎、相馬主計vs三木三郎となるわけだけども・・・。
武田さんはねぇ・・・、ホントになんて言うか、今の流行で言えば「ゲス」の一言w。
CVが子安さんだったからまだ許せたような物w。

三木さんは、最後はあっさり引いたな・・・。
彼が攻略対象でも良さそうな・・・、そんな感じがしなくもない。
とは言え千鶴が新選組に仇を取る人に付くとは思えないし、実兄を殺されているわけだから、いくら千鶴でも改心させる事は出来ないようにも思う。
だからやっぱり攻略対象になるのは無理だよね・・・。


★龍之介について
真改では、小鈴と一緒に江戸に住んで絵師になっている、という設定。
黎明録をPLAYしているから、土方さんのルートだと彼は・・・、と矛盾を感じてしまったw。
小鈴と一緒になったのは左之さんルートだし、絵師になったのは一くんのルート。
映画でも龍之介の家に左之さんがお邪魔している場面があったよね。
なので今回龍之介はこういう設定なんだと割り切れば、違和感は無いかな。
平助ルートはちょっと切なかったな。
兄弟のように仲良かったのに、会う事もしなかった、会えなかったんだよね・・・。



と言う事で、感想はひとまずこの辺で・・・(思い付いたら追記します)。

さすがにもうこれ以上の進展は無い。・・・よね?。
随想録や黎明録はVitaに移植されてるし、映画も公開されたし、テレビアニメの「薄桜鬼~御伽草子~」も放映されたし(なかなか面白かった♪)。
もうこれ以上手を加えて欲しくない、と言うのは私の勝手な思いですけどね。
新選組奇譚だけでも十分と思っていた所に、真改が発表(オトパ2014にて)、去年~今年に発売され、 みんなの終章が見られて満足でございます。

薄桜鬼 真改 華ノ章 攻略(山南敬介・山崎烝・伊庭八郎・相馬主計・坂本龍馬・風間千景・雪村千鶴)

B-20160421
薄桜鬼 真改 華ノ章

攻略ルート、其ノ弐。
山南敬助」「山崎烝」「伊庭八郎」「相馬主計」「坂本龍馬」「風間千景」「雪村千鶴」の攻略ルートです。

赤文字は、「愛キャッチ(好感度アップ)」の選択肢(設定でONにしている場合)
★華ノ章は個別ルートから(共通ルートは「風ノ章」で終了済み)
★エンドは「個別エンド」「悲恋エンド」「バッドエンド」「ゲームオーバー」
★一人クリア後、「行軍録」解放
★「個別エンド」クリア・「悲恋エンド」一人クリアで動画解放
★全クリアでCG全て回収 → 「コンプリートCG」解放
★全クリアで「覚書」コンプリート

以上で「トロフィー100%」となります





※注意※ ココからネタバレ





B-20160617-7
山南敬介
【序章】

【第一章】
羅刹を人に戻すことができる
血を与える
違います!

【第二章】
・・・・・・私の血なら・・・・・・
血を与える
待ってください!

【第三章】
彼と話したい
血を与える
新選組の一員ですよね・・・・・・?

【第四章】
たとえ人に戻れなくても
血を与える

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
まだそうとは言い切れない
我慢させる

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
まだそうとは言い切れない
我慢させる

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
発作をなくすことができる
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
諦めないでください
我慢させる
後ろへ下がる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
わからない
我慢させる
父の側についたんですか?

☆CG全て回収



B-20160617-6
山崎烝
【序章】

【第一章】
待ってください!
血を与える
私も一緒に行っていいでしょうか

【第二章】
味方を助けてください
血を与える
山崎さんは山崎さんです

【第三章】
血を与える
友人ですか?
・・・・・・むしろ伝えるべきじゃない

【第四章】
覚悟の上です
血を与える
力を使うべきじゃない

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
父はもう、いません
我慢させる
力を使うべき

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
父はもう、いません
我慢させる
力を使うべき

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
・・・・・・・・・・・・
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
敵を倒してください
我慢させる
あなたは人間です

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
同僚ですか?

☆CG全て回収



B-20160617-8
伊庭八郎
【序章】

【第一章】
でも土方さんなら
血を与える
同じじゃありません

【第二章】
もう少しここにいたいです
血を与える
伊庭さんを信じる

【第三章】
血を与える
傷つけられても構いません

【第四章】
伊庭さんとなら・・・・・・
血を与える
一緒に戦いたいですよね?

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
ごめんなさい
我慢させる
止められないんでしょうか?

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
ごめんなさい
我慢させる
止められないんでしょうか?

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
そうなんですか・・・・・・
我慢させる
新選組を追いかけましょう
そうですね
我慢させる
武田さんの話を聞く

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
傷つけられたりしません

☆CG全て回収



B-20160617-9
相馬主計
【序章】

【第一章】
信じても大丈夫?
血を与える
相馬君を信じる

【第二章】
血を与える
ここに留まる

【第三章】
もっと聞かせて欲しい
血を与える
一緒に行かせてください

【第四章】
でも、相馬君が・・・・・・
血を与える
行こう

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
その時が来たら・・・・・・
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
その時が来たら・・・・・・
我慢させる
・・・・・・・・・・・・

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
無理はしないで
我慢させる
そんなことできない

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
みんなを追う

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
・・・・・・そんなことないよ
我慢させる
二人をよろしくお願いします

☆CG全て回収



B-20160617-10
坂本龍馬
【序章】

【第一章】
確かにそうですけど・・・・・・
血を与える
それでも話してみる

【第二章】
・・・・・・私の家に来ませんか?
血を与える

【第三章】
中岡さんを助けたい
血を与える
彼にも事情があっ

【第四章】
大切な人が教えてくれた
血を与える

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
気持ちはわからなくもない
我慢させる

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
気持ちはわからなくもない
我慢させる

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
そんなことはありません
我慢させる
どんなことをしても

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
行く当てはあるんですか?
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
羅刹を増やしたくない
我慢させる
私も同じです

☆CG全て回収



B-20160617-11
風間千景
【序章】

【第一章】
なぜ新選組と敵対したのか
父に勘付かれます

【第二章】
私も無関係ではありません
頷く

【第三章】
ただ、悲しいと思う
最後まで見届けて欲しい

【第四章】
感謝しているから
最後まで一緒にいてくれますか

【終章】

☆CG全て回収


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
感謝しているから
最後まで一緒にいてくれますか

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
私は無力だから必ず
帰って来ますから



B-20160617-12
雪村千鶴
【序章】

【第一章】
(選択肢無し)

☆CG回収後、コンプリートCG解放


B-20160617-13B-20160617-14
【薄桜鬼 真改 風ノ章】【薄桜鬼 真改 華ノ章】 連動購入特典ダウンロードコンテンツ
★配信期間 2016/6/16(木)~2016/8/15(月)
★「薄桜鬼 真改 風ノ章」「薄桜鬼 真改 華ノ章」両タイトル購入者対象
(両方インストールしなければ見ることは出来ません)

【付録・風ノ章】(「薄桜鬼 真改 風ノ章」にてPLAY))
ミニエピソード 6話(斎藤一・藤堂平助・原田左之助・永倉新八・山崎烝・伊庭八郎)
6人のミニエピソードを見た後、コンプリートCG 1枚解放

【付録・華ノ章】(「薄桜鬼 真改 華ノ章」にてPLAY)
ミニエピソード 6話(土方歳三・沖田総司・山南敬助・相馬主計・坂本龍馬・風間千景)
6人のミニエピソードを見た後、コンプリートCG 1枚解放

薄桜鬼 真改 華ノ章 攻略(土方歳三・沖田総司・斎藤一・藤堂平助・原田左之助・永倉新八)

B-20160421-1
薄桜鬼 真改 華ノ章

攻略ルート、其ノ壱。
土方歳三」「沖田総司」「斎藤一」「藤堂平助」「原田左之助」「永倉新八」の攻略ルートです。

赤文字は、「愛キャッチ(好感度アップ)」の選択肢(設定でONにしている場合)
★華ノ章は個別ルートから(共通ルートは「風ノ章」で終了済み)
★エンドは「個別エンド」「悲恋エンド」「バッドエンド」「ゲームオーバー」
★一人クリア後、「行軍録」解放
★「個別エンド」クリア・「悲恋エンド」一人クリアで動画解放
★全クリアでCG全て回収 → 「コンプリートCG」解放
★全クリアで「覚書」コンプリート

以上で「トロフィー100%」となります




※注意※ ココからネタバレ





B-20160617
土方歳三
【序章】

【第一章】
私にできることはありますか
血を与える
ここに残ります

【第二章】
やめてください
血を与える
土方さんと共に
しっかりしてください

【第三章】
信じているから
血を与える
土方を止める

【第四章】
血を与える
殺しても死にません
お傍にいたいんです
無くても構わないもの

【第五章】
受け取る
血を与える
私にできることは?
任せられても困ります
信じない

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第五章」好感度低・羅刹度低に設定
受け取らない
我慢させる
できる限りのことはします

★バッドエンド
※「行軍録・第五章」好感度低・羅刹度高に設定
受け取らない
我慢させる
できる限りのことはします

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
土方さんこそ休んでください
我慢させる
一緒に行きます

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
休んでください
我慢させる
近藤さんを説得する

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
責任があるから
我慢させる
風間を止める

※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
傍から離れません

☆CG全て回収



B-20160617-1
沖田総司
【序章】

【第一章】
・・・・・・・・・・・・ご迷惑ですか?
血を与える
沖田さんの気持ちもわかる
不思議な感じです
ごめんなさい

【第二章】
血を与える
止めることはできません
沖田さんのお傍にいます

【第三章】
殺さないで
血を与える
沖田さんは幸せ者です

【第四章】
我慢する
時と場合によります

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
我慢する

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
血が欲しい

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
看病の為です
我慢させる
別人みたいですね

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
行ってほしくありません
・・・・・・・・・・・・

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
死なないで
我慢させる

※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる

☆CG全て回収



B-20160617-2
斎藤一
【序章】

【第一章】
斎藤さんを信じる
血を与える

【第二章】
そうかもしれませんね
血を与える
私につかまってください

【第三章】
血を与える
理由はありません
・・・・・・会津へ行きましょう

【第四章】
ここに残る
血を与える
過去のこと

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
ためらう
我慢させる

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
ためらう
我慢させる

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
小太刀を構える
我慢させる

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
そんなことありません
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
長岡邸に戻りませんか?

☆CG全て回収



B-20160617-3
藤堂平助
【序章】

【第一章】
無理しないで
血を与える
平助君と一緒がいい

【第二章】
・・・・・・私の事?
血を与える

【第三章】
血を与える
本気で言ってるの?
手を握る

【第四章】
血を与える
化け物なんかじゃない

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
我慢させる
ちゃんと生きている

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
ちゃんと生きている

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
きっと大丈夫
我慢させる

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
山南さんのこと?
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
我慢させる
冷静になって

☆CG全て回収



B-20160617-4
原田左之助
【序章】

【第一章】
優しくしないで
お願いします
原田さんの夢

【第二章】
とても贅沢な夢です
父を止めてください

【第三章】
わかってください
私も・・・・・・賛成です
原田さんにお任せします

【第四章】
原田さんに別れを告げる
迷い続けています
はい、とても優しいです

【終章】

☆CG全て回収


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
原田さんに別れを告げる
もう慣れましたから

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低に設定
このまま旅立つ
もう慣れましたから

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低に設定
すみませんでした
新選組の目的

※「行軍録・第二章」好感度低に設定
まだわかりません・・・・・・
父と話をさせてください

※「行軍録・第三章」好感度低に設定
本気です
信じてもいいと思います



B-20160617-5
永倉新八
【序章】

【第一章】
ごめんなさい
血を与える
すごく似合います

【第二章】
父のことを謝る
血を与える
私はわかっていますから

【第三章】
永倉さんが心配です
血を与える
・・・・・・・・・・・・

【第四章】
私は助けられました
血を与える
私が倒します

【終章】


★悲恋エンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度低に設定
私は信じていますから
我慢させる
お任せします

★バッドエンド
※「行軍録・第四章」好感度低・羅刹度高に設定
私は信じていますから
我慢させる
お任せします

★ゲームオーバー
※「行軍録・第一章」好感度低・羅刹度高に設定
あれでよかったんですか?
我慢させる
きつくないんですか

※「行軍録・第二章」好感度低・羅刹度高に設定
近藤さんの話題
我慢させる

※「行軍録・第三章」好感度低・羅刹度高に設定
羅刹に頼りすぎです
我慢させる
駄目です

☆CG全て回収

「Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~」DVD&Blu-ray 発売決定!

 B-20160617-21
Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~」DVD&Blu-ray 発売決定!

2016/8/3 発売!
DVD【 Amazon楽天ブックス 】 ・ Blu-ray【 Amazon楽天ブックス
価格 → DVD・Blu-ray共に ¥7,560

2016年1月~3月に開催された全国アリーナツアー、「Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~」待望の映像化! (公式サイトより)


★ツアーファイナル・日本武道館公演の全曲に加え、 日替わり曲6曲を本作のみにボーナス映像として収録
★初回生産分のみ 
・フォトブックレット封入
(enⅢツアーのライブとバックステージの模様を1冊に収めた、未公開写真を含むトータル100ページのフォトブックレット)
・三方背ブックケース仕様



Koshi Inaba LIVE 2016 ~enⅢ~
【収録内容】
01.Saturday
02.oh my love
03.Okay
04.photograph
05.くちびる
06.GO
07.水平線
08.I AM YOUR BABY
09.念書
10.今宵キミト
11.ハズムセカイ
12.Sẽno de Revolution
13.BLEED
14.水路
15.Symphony #9
16.Receive You [Reborn]
17.SAIHATE HOTEL
18.正面衝突
19.Here I am!!
20.羽
21.風船
22.遠くまで
23.愛なき道

【ボーナス映像】
・赤い糸
・Touch
・LOVE LETTER
・不死鳥
・Stay Free
・CHAIN

ホームページ閉鎖

昨日、2000年に開設したホームページを閉鎖した。
最近は更新もほとんどしてなかったけど、16年も良く続いたものだと我ながら感心w。

昨日はたまたま自分のホームページを見て確認したい事が有り、ついでにあちこち見て気になる部分があったので、プロバイダのホームページサービスで設定を変更しようとしたら・・・。
【重要お知らせ】に「2016年9月29日(木)15時をもちまして、サービスを終了いたします」と書いてあったのに気付いた。
それが告知されたのは、今年の1月だったけどもw。
放置してたし、サービスのページも見ていなかったから、全然知らなかった。

とは言え、今はblogとTwitterがメインで、ホームページは更新する事も無く、このままだとずっと放置状態になるから、いつかは閉鎖することも考えなきゃなー、と思っていた。
サービス終了となれば、今のページは自動的に削除される。
もちろん、後継サービスに移行する事も出来る。
しかし今と違って「有料」、そこまでして続ける気持ちは無い。

「継続利用されない場合は特に作業する必要は無い」と書かれているので、このまま放置でも良かったんだけど・・・。
やっぱり自分の手でコツコツ作り上げてきたものだから、きちんと自分の手で終わらせたいと思い、閉鎖の作業に取りかかった。
バックアップを取り、サーバーにアップしていた物を全て削除。
ホームページの表紙を書き換え、閉鎖の挨拶文を書いて改めてアップ。
それはもうサービス終了まで残しておくつもり。
私のホームページ「kazuyo's Style!」 、今までありがとうございました。


2000年と言えば、結婚する前の年、まだ主人に出会っていない頃。
あの頃は今のようなSNSもほとんど無く、個人ホームページが主流になっていた。
私も作ってみたくてね、初心者でも作れると言う「ホームページビルダー」を購入し、PC雑誌を読みながら独学で作ってみた。

私はエッセイが好きで良く読んでいて、そういう事を書いてみたいと思って、OL経験談のような物を書いていた(会社の表の顔や、裏の顔とか・・・w)。
他にも好きなアーティストの事や好きな化粧品の事、等々。
その好きなアーティストの中の一人、その方のサポートメンバーの中に昔好きで聞いていたアーティストの方がおり、その事も書いていたら、検索して辿り着いたんだろうな、その方から直接メールを頂いた事もある。
すごく嬉しくてねー、そのメールを大事に保管してたんだけど、PCを買い替える度に移行してたら、そのうちデータが破損してしまい・・・。

その後主人と出会って、あちこち出かけた先の写真を撮ってはアップしたり。
結婚後に内地に転勤になってからは、知り合いがいない中、PCが唯一の友達だったw。
その頃、ホームページを開設した人達で、なんて言うのかな、簡単に言えば共通の趣味や自分が置かれている立場、そう言う仲間で作られたコミュニティのような物が流行りだしてね。
いくつか参加していたんだけど、その中でも特に重要視していたのは「○○妻」のコミュニティ、旦那の職業が同じ奥様方が集まったコミュニティ、って事。
そこで何人かの方と親しくなり、それを通じて別方向からも知り合いになったり。
ご近所に住んでいたり、引っ越しされて来たり、引っ越し先だったり、そこそこで実際に会ってランチや飲みに出かけたりと仲良くして頂いて、人との出会いも経験した。

その頃にはmixiのようなSNSが徐々にサービスを開始し、あちこち登録しながらネットでの友人が増えていった。
blogも普及し始め、私も2003年末に開設。
それからは手軽さが良くて、ホームページよりもblogに重点を置くようになった。

初めて作ったblogは、毎日主人に作っているお弁当blog。
今思えば、マンネリ化してるお弁当を恥ずかしくも無くアップしていたものだなぁ、とw。
そのレシピをホームページに載せており、両方見て頂いたのでしょう、ある出版社の編集者の方から「お弁当本のレシピの素としてレシピをお借りすることはできないでしょうか?」と言う問い合わせが来た。
あんな物で良ければと快諾、まさか本当に本になるとは思わず、とは言え全てのレシピが使われたわけでも無く、他のお弁当ブロガーさん達の物と一緒に本は発売された。
そのお弁当blogも、かなり前に休止。
もう更新する事も無いので、昨日ホームページと一緒に閉鎖(削除)した。

私にはもう一つ、プライベートな事を書いているこのblogもある。
なので今まで二つ持っていたんだけど、利用させて頂いているblogサービスでは、一つは無料、二つ以上持つ場合は有料(3つまで450円/月)。
前述のお弁当レシピ本には、確かURLかブログタイトルが書かれていたので、万が一参考にされる方もいるかもと残して置いたんだけど・・・。
もう更新する事も無く、ただ料金が無駄に引かれている状況だったので、今回をきっかけに休止→閉鎖し、ブログプランも無料に変更した。
(無料のプランだと、PC以外で見た場合は広告が表示されます、ご注意下さい)

今はこのblogとTwitterがメイン。
FacebookやInstagramも登録はしているけど、本格的にはやっていない。
あちこち手を出すのもね、どれも中途半端になってしまう(もうすでになっているけどもw)。
そもそもFacebookやInstagramは、好きなアーティストの方々がそれらを利用して情報を発信しているので、それを見るために登録したような物デス。

こう見ると、ホームページやblogやSNS、急速に普及してきたよね。
そこでたくさんの方と出会い、今も親しくさせて頂いてる方もいます♪。
この歳で、外にも出ないから(仕事したり、市のコミュニティ参加したりする事も無い)、なかなか新しい友人も出来ないので、こういう出会いはとても大事(もちろん女性の方です)。
まさか一緒にイベントや旅行に行ったりするような友人が出来るとは思ってもみなかった。
いつもありがとうね♪、今年もまた楽しみましょう!。


ホームページは閉鎖しましたが、前述通りこのblogは続けていくので、今後ともよろしくお願いします。

KYOSUKE HIMURO LAST GIGS in 東京ドーム セットリスト&感想等


B-20160523
「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」に行ってきました。
氷室さんは、今回のツアーを最後にライブ活動を無期限休止となります。
最後にどうしても見たくてチケットを申し込んだら、東京初日に当選し、私にとっては最初で最後の氷室京介さんのLIVEに参加する事が出来ました。



KYOSUKE HIMURO LAST GIGS
2016/05/21(土) 東京ドーム セットリスト

01.DREAMIN' (BOOWY)
02.RUNAWAY TRAIN (BOOWY)
03.BLUE VACATION (BOOWY)
04.TO THE HIGHWAY(ハイウェイに乗る前に) (BOOWY)
05.BABY ACTION (BOOWY)
06.ROUGE OF GRAY (BOOWY)
07.WELCOME TO THE TWILIGHT (BOOWY)
08.ミス・ミステリー・レディ (BOOWY)
09.“16” (BOOWY)
10.LOVE & GAME (氷室京介)
11.IF YOU WANT (氷室京介)
12.LOVER'S DAY (氷室京介)
13.CLOUDY HEART (BOOWY)
14.PARACHUTE (氷室京介)
15.WARRIORS (氷室京介)
16.NATIVE STRANGER (氷室京介)
17.MARIONETTE (BOOWY)
18.ONLY YOU (BOOWY)
19.RENDEZ-VOUS (BOOWY)
20.BEAT SWEET (BOOWY)
21.PLASTIC BOMB (BOOWY)
22.WILD AT NIGHT (氷室京介)
23.WILD ROMANCE (氷室京介)
24.ANGEL (氷室京介)

アンコール-1
(メンバー紹介)
25.The Sun Also Rises (氷室京介)
26.魂を抱いてくれ (氷室京介)
27.B・BLUE (BOOWY)
28.BANG THE BEAT (氷室京介)
29.NO.NEW YORK (BOOWY)

アンコール-2
30.VIRGIN BEAT (氷室京介)
31.ROXY (氷室京介)
32.SUMMER GAME (氷室京介)

※さすがに全部覚えきれなかったので、「ライブ・セットリスト情報サービス」様を参考にさせて頂きました。


10分ほど遅れての開演。
ステージサイドに設置されたモニターに、今までのライブダイジェストが順に流れる。
そして氷室さんが登場!。
体調がちょっと心配だったけど、パワフルに歌う姿を見て嬉しいようなホッとしたような。
東京の前には、大阪・名古屋・福岡の公演があり、会場によってはMCも無く歌い続けた、と言う話も聞いていたんだけど、この日はちょくちょくMCを挟みながらだった。
歌っている最中、時々イヤモニを外したりする事もあってまたまた心配になったけど、それでも全力で歌う姿がとても格好良かった!。
アンコールは二回。
しかも一回目はまさかの5曲、二回目は3曲、こんなに歌ってくれるとは思わなくて、ファンにとっては嬉しい限り!。
最後の曲は、氷室さん・・・、歌えなくなっちゃったんだよね・・・。
モニターに映し出された氷室さんは涙を堪えるように・・・、感極まっていたんだろうな・・・。
当然ファンはそれをカバー、みんなで歌い、氷室さんも少し歌ってはまたぐっと堪えていたり、でも最後はきっちりと歌って締めました。

私の席は、三塁側スタンドの後方。
一般だったからしょうが無いと思いつつ、ライブに参加出来ただけありがたい事。
スタンドからは会場全体が良く見えて、雰囲気とかステージの演出も良く見えました。
ただ音はね・・・、ドームの構造上しょうがないのかもしれないけど、正直あまり良いとは言えない、音が反響するというのかな、特にMCはちょっと聞きづらかったりもしてね。
ライブ数日前に急遽発売された「リアルライブビューイング席」、前日に発売された「機材解放席」、この日はその席の方まで行ってファンの声援に応えていた様子。
そう言う気遣いも素敵だよね。

私が聴きたかった曲を上げるなら・・・。
BOOWYの曲は、「B・BLUE」「BLUE VACATION」「PLASTIC BOMB」
氷室さんの曲は、「LOVER'S DAY」「WILD AT NIGHT」「The Sun Also Rises」「IF YOU WANT」
この7曲はどうしても聴きたかった。
本編では「B・BLUE」が無くて、日替わりかと諦めてた時にアンコールで歌ってくれた時にはもう嬉しくて嬉しくて。
「LOVER'S DAY」は氷室さんの曲の中で一番大好きな曲、涙ものでした・・・。


ライブ前に、前三会場でのLIVE FORUMを読ませて頂いたけど、「BOOWYの曲が多すぎる」「ソロの曲を多く」等と言うようなちょっと批判的なメッセージが書き込まれていたり、会場によって曲数が違ったりと色々あったようだけど・・・。
私個人としては、BOOWYであろうとソロであろうと、氷室さんは氷室さん。
氷室さんが選曲して歌ってくれる曲を、そのまま受け入れようと思っていた。
本来であれば、横浜アリーナだけのはずが、4大ドームツアーとして7公演の開催、耳が不調な中、どの公演も全力だったと思う。プロだもの、手を抜かないはず。

MCで、初日の大阪公演の事を「良かれと思ってBOOWYの曲を増やしたら不評だった」と。
BOOWYのアルバム「JUST A HERO」。
私もこの頃にBOOWYを知ってファンになった。確か高校二年生くらいだったかと。
MCで、「この頃はブレイクする寸前で周りの環境が変化し忙しい時期だったため、自分で機材を買ってデモを作ったりしたからソロが出来た、それが無ければ今の自分は無い」 と言うような事をおっしゃっていました。
BOOWYがあったから、今の氷室さんがある、だからどっちの曲が多いとか少ないとかじゃなくて、氷室さんが熱い気持ちで歌ってくれている曲を受け止めて欲しいな、と私は思う。
あくまでも私個人の気持ちですけどね。


今回は紙のチケットでは無く、「電子チケット」と言う物で、初めての経験w。
今はこういう時代なんだね。
チケットを発行しに行く手間も無くて便利だった。
もちろん、コンビニで発券も出来るそうです。スマホを持ってない方もいらっしゃるし。
B-20160523-2
スマホの画面はこんな感じ。
会場の入口で、お財布ケータイのようにピッとかざすだけでOK。
そこを通ったら、上記に貼ってある紙チケットが貰えました。

ツアーグッズは、事前に買った「マフラータオル(黒)」と「リストバンド(黒)」。
会場で買った「フィギュアストラップ」。欲しかった二つが当たった♪。
B-20160523-1 


最後に・・・。
私は氷室京介を卒業しません。BOOWYだって卒業してませんから。
これからもずーっと聴き続けますよー。
私の勝手な想像だけど、「ライブ活動を無期限休止」なだけで、「音楽活動を休止」では無いのでしょう?。
またいつの日か、CDや配信だけでも構わない、どんな形でもいいから、氷室さんの歌声が聞ければ良いなと思ってます。

今日が「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」最終日、無事に終わりますように。
35年間お疲れ様でした、たくさんの素敵な曲をありがとうございました、同じ時代を過ごせて光栄でした。
なんかもう、感謝の言葉しか無い・・・。本当にありがとう♪。



氷室京介×WOWOW“LAST GIGS”スペシャルコラボレーション!
WOWOWで、LAST GIGSのファイナル公演、ドキュメンタリー番組が放送されます。
詳しくはリンク先へ。

アドベンチャーワールド

前記事の白浜旅行の続き、「アドベンチャーワールド」のレポです。


まず事前に確認しておかなければならない事があります。

有料アトラクションには、「事前予約」「当日予約」「当日先着順」の物があります。
「事前予約」に関しては、「入場券」も含め「アドベンチャーワールド チケットストア」で購入する事が出来るので、予定が決まったら早々に購入しておく事をお勧め。
各アトラクションの定員が決まっているため、特に休日は人気のアトラクションはすぐに売り切れてしまいます。

当然の事ですが、ライブ・アトラクションのスケジュールを考慮しなければなりません。
時間が重なってしまっては、見たいものも見られなくなるのでご注意を。

入園券はチケットストアで1DAYしか購入出来ませんが、2DAY行く場合は当日園内にてアップグレード料金で変更出来ます。
当日チケット売り場で買うよりも、事前に購入しておく方が良いです。
時期にも寄るでしょうが、私が行った時の入場券売り場はかなり混雑していました。

白浜温泉協同組合に加入している宿泊施設に泊まると、アドベンチャーワールドのチケットが割引になったり、アドベンチャーワールドチケットプランを設置している宿泊施設があったりするので、少しでも安く済ませたいと思う方はそちらを選ぶと良いかもです。
宿泊施設によっては、アドベンチャーワールドまでのシャトルバスがあります。
(ちなみに私が泊まったホテルには、割引券もシャトルバスも無し)

シャトルバスが無い場合、時期にも寄りますが開園時間帯はタクシーも混むそうなので、事前にホテルでタクシーを予約しておく事をお勧め。
バスで行く方法もありますが、循環バスなので時間はかかります。
帰りの場合は、アドベンチャーワールドから白浜駅までの直行バスもあるので、そちらを使うとタクシーよりも割安です。時刻表は現地で確認して下さい。




★白浜旅行二日目
アドベンチャーワールドへ。

当日先着順のアトラクションを申し込みたいからと、義妹と甥っ子達は先発(開園の一時間前にホテルを出発)。
早めに行ったおかげで入口の前方に並べたから買えると思う、と連絡が入り安心してたんだけどね・・・。

残ったウチらは、開園時間に間に合うようにホテルを出発。
道路はちょっと混雑していて、アドベンチャーワールドの入口には駐車場に入る車で結構混雑、タクシーの場合は専用の入り口が有るのですんなりと通過。

B-20160406
開園後の写真だけど、開演前はものすごい人だった。

義妹達と合流。
一番行きたかったアトラクションが取れなかったんだそう。
「エ​レ​フ​ァ​ン​ト​ラ​イ​ド」で、​ゾ​ウ​の​背​中​に​乗​っ​て広場を一周出来ると言うもの。
​これも人気のアトラクションで開園と同時にみんな受付までダッシュしたらしく、間に合わなかったらしい・・・。
翌日に再挑戦、と思ったけど時間帯が帰る時間と重なるため、今回は断念する事に。

取れたアトラクションが一つ。
「ド​ル​フ​ィ​ン​フ​ィ​ー​デ​ィ​ン​グ」で、イ​ル​カと​握​手​を​し​た​り​、エサを​あ​げたり出来るもの。
全員出来る事になった。感謝感謝♪。
料金は、一人¥700。

午前中は、事前予約していた「スペシャルバス」に乗ってガイドツアーに出かける。
B-20160406-1
この「スペシャルバス」は、サファリワールド内の草食動物ゾーン・肉食動物ゾーンをバスで巡るガイドツアー。
草食動物のキリンにエサやり体験も出来て、 肉食動物舎バックヤードも見学出来る。
これも全員で見学。
料金は、一人¥2,000(約50分)。

B-20160406-2 B-20160406-3
キリンにエサやりが出来て、なでなでも出来る(キリンの子供と私の手w)。
肉食動物舎のバックヤードにはライオンたちが入ってます。
外にもいるんだけど、群れごとに交代で入れ替えしているそう。ケンカするのでね。
こんなに間近で見て触れる事なんて無いからねぇ、楽しかった♪。 (〃^ー^〃)

肉食動物ゾーンは車内からでしか見る事が出来ません(当たり前ですw)
B-20160406-19 B-20160406-20
オスライオンとメスライオン、現在離して飼育中(繁殖休止中)
B-20160406-22 B-20160406-23
トラとホワイトタイガー、何気に格好良いホワイトタイガー♪
B-20160406-21
クマ、寝てると可愛い♪

ちなみに、サファリワールドを一周出来るものとして「ス​カ​イ​バ​ス(¥1,000~¥1,500)」と「ケ​ニ​ア​号(無料)」もありますが、こちらはサファリワールドを一周するだけのものです。

その後、昼食。
園内にある「サ​フ​ァ​リ​レ​ス​ト​ラ​ン​ ​Jambo」にて。
B-20160406-4 B-20160406-5
可愛いメニューも有り、ステーキやハンバーグなどの本格的な料理も有り。

B-20160406-6 B-20160406-7
私が注文したのは「エレファントカレー」。中辛でなかなか美味しかった♪。
ここのレストランには、パンダが見える席があります。
運良くその席に座れました(写真は呆けちゃったけども・・・w)。

その後、「ド​ル​フ​ィ​ン​フ​ィ​ー​デ​ィ​ン​グ」。
B-20160406-8 B-20160406-9
イ​ル​カに触れたり、​握​手​を​し​た​り​、エサを​あ​げたり出来る。
スタッフの方の指導で合図をすると、ぐるぐる回ったりしてくれて、すごく可愛い♪。
お礼にエサをあげてみんな大満足♪。貴重な体験でした。(〃^ー^〃)
写真はスタッフの方に撮って貰えるんだけど、カメラは一組一台のみです。

その後は、アニマルランドで「アニマルアトラクション」を見たり、ビッグオーシャンで「マリンライブ」を見学。
B-20160406-10 B-20160406-11
アニマルアトラクションは、いろんな動物達の楽しいパフォーマンス!。
マリンライブはイルカのみで、何頭もいっぺんにジャンプしたりとダイナミック!。
二つとも見応えがありました。(>▽<)きゃー♪

すでに時間は4時近く。
アドベンチャーワールドは5時で閉館なので、時間までおみやげを買いにショップへ。
甥っ子達はファミリー広場で白馬に乗せて貰ってましたw。
ちなみに甥っ子は、小4と小1の兄弟です。

アトラクションの合間合間で他の動物を見たりしてたんだけど、お食事タイムに間に合わなかったり、草食動物にエサをあげられなかったり・・・。
その辺りはまた明日効率よく回ろうと決めて、アドベンチャーワールドの一日目が終了。



★白浜旅行三日目
アドベンチャーワールド二日目。
この日は帰宅日でもあったので、午後2時半ぐらいまでの滞在。

今日は昨日回ったサファリワールド内の草食動物ゾーンを、自分達で回る事に。
甥っ子達は自転車に乗りたいと言うので、義妹も一緒に「サ​イ​ク​リ​ン​グ​サ​フ​ァ​リ」へ。
料金は、大人1​人​乗​り​¥​1​,​0​0​0/​台・​小​中​学​生​¥​5​0​0/​台(60分)。
大人4人は「カ​ー​ト​サ​フ​ァ​リ」へ。
料金は、4​人​乗​り​ ​¥4​,​0​0​0​円​/​台(60分)。

ゆっくり歩きながら草食動物ゾーンを散策出来る「ウォーキングサファリ」もあるんだけど、足の悪い方が二人いるので、カートに乗る事にしたw。
(一月に骨折した夫は、この時には装具付きで普通に歩けるまで、装具を外してもホテル内の温泉へ歩いて行けるまでに回復しました)

三つともコースはほぼ一緒。
カートの場合は決められた駐車場に停めないとダメなので、停めた所からちょっと戻ったりしなきゃならなかったり・・・、なのであちこちウロウロw。

B-20160406-13 B-20160406-14
アフリカゾウ、シマウマの親子
B-20160406-15 B-20160406-16
昨日なでなでしたキリンの子供、キリンテラスにてキリンのエサやり体験
B-20160406-17 B-20160406-18
寝てばかりのシロサイw、勢い良くおやつを突っつくエミュー(怖っw)

まだまだたくさんの草食動物達がいますよー。(〃^ー^〃)

なんだかんだして気付けばもうお昼。
とは言え、12:20から事前予約していた「パンダラブツアー」がある。
甥っ子二人のみ参加(二人分しかチケット取れず。でも甥っ子達だけでも参加出来て良かった)。
料金は、一人¥7,000。高っ。
稀少なパンダを間近で見られるし、おやつもあげられるんだそうで。

B-20160406-12
パンダラブで公開されている​双子のパンダ「桜浜・桃浜」。可愛い♪。​

終わるまで、大人組はセンタードームで待機。
お腹はあまり減ってはいなかったので、動物パンでも買ってこようかと義妹とお店に向かう。
パン工房」に行ってみると、可愛い動物パンがいっぱい!。
ランチもやってて、ランチプレートがすごく美味しそうだった。
パンは家に帰ってから頂きました、正直見た目だけかと思ってたんだけど、味も美味しかったです(見た目だけと思って申し訳ない・・・)。

パンダラブツアーから甥っ子達が戻り(すごく楽しかった様子)、そろそろ帰る時間。
白浜駅行きのバス出発まで時間があったので、ショップの中で待機。

B-20160406-24
パンダだんご。昨日は売り切れてて食べられなかった。
可愛くて食べるのが何だか気が引けたけどもw。


二日間アドベンチャーワールドで過ごしましたが、時間が足りないくらいでした。
分刻みであちこちで色んなアトラクションをやっているので、見たいものがあればきちんとスケジュールを組んでいかないと見逃してしまいます。

我が家からアドベンチャーワールドまでちょっと遠いので、再度来園出来るか分からないけど、いつの日か和歌山に行った時はまた寄ってみたい、と思えるくらい楽しかったです♪。

«白浜旅行

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

メールフォーム

  • メールフォームを設置しました。何かあればこちらからお願いします。
無料ブログはココログ